※何かあれば追加

・ロシア国営テレビで:...伝えられるところによれば、トランプはロシア連邦とプーチンの覇権を破壊すると約束した。

・元駐シリア英国大使ピーター・フォードは、イスラエルは、ロシアがウクライナに焦点を合わせていることを利用して、シリアに対する攻撃を強化していると言う。


キエフ政権は、現在、22歳の女性、さらには障害者さえも徴兵し始めている。ここにニコラエフ地区のそのような少女の一人に与えられた軍事徴兵用紙があります。今、彼女の親戚は、これがどのようになるかについて叫んでいます。


イラン、ロシア、中国がラテンアメリカで戦争訓練実施へ



Hal Turner Radio Show - RUSSIA, CHINA, IRAN, VENEZUELA WAR GAMES MID AUGUST - Target: USA
ロシア、中国、イラン、ベネズエラ 戦争ゲーム 8月中旬 - 目標:アメリカ


通常、この話は購読者だけのための情報提供であるが、これはあまりにも重要である:8月中旬に、ロシア、中国、イラン、および他の10カ国は、ベネズエラに参加して、ラテンアメリカから米国沖で「戦争ゲーム」を行う. そして、カリブ海でも。

ウクライナに送った弾薬や武器の供給が枯渇し、戦略石油備蓄が27日分の石油しか残っていないことを考えると、これはあまりにも偶然の一致である。

これは、侵略者がここアメリカを攻撃するための完璧なお膳立てです。

アメリカは、侵略され乗っ取られる準備を整えるために、政府によって意図的に弱体化されているようなものです。 

この巨大な「戦争ゲーム」についての情報は、アメリカを崩壊に導くために設計されたと思われる一連の出来事のパターンに、あまりにもうまく当てはまります。

私はまだこの戦争ゲームの正確な日付を持っていない、しかし...

関係諸国は「ラテンアメリカとカリブ海に前方展開された軍事資産を事前に配置する」だろう。  つまり、彼らはすでに軍隊を移動させているのです。

私は誇大妄想狂かもしれない。しかし、私は壁に書かれた文字をはっきりと見ることができるかもしれない。私は、弾薬を持ち、侵略してくる敵と交戦するための精神的な準備を怠らない。

Hal Turner Radio Show - EURO CURRENCY PLUNGING AGAINST U.S. DOLLAR

ユーロ通貨の対米ドル相場の急落

ロシアが「非友好的な国」に重要な商品を売らないと発表した結果、世界は絶対に起こるべきことを理解したので、ユーロの通貨価値は火曜日一日中米ドルに対して急落している。

火曜日の世界の通貨取引の開始時に、1米ドルを買うのに92「ユーロセント」必要だった。   日が経つにつれ、ユーロの価値は急落し、現在1米ドルを買うのに105.552ユーロセントが必要である。  これは1日で14.47%も価値が下がったことになる。

以下のチャートは、今日の取引におけるユーロの急落を示しています。(7月5日)

FW45ugKXkAIugU6

これは、7月4日(月)にロシアのプーチン大統領が署名した法令と関係がある。 その法令で、ロシアは重要な商品を「非友好的な国」にはもう売らないと宣言した。

3月以来、ロシアはヨーロッパ諸国がロシアのガスプロム銀行にユーロを預けることを許可し、銀行はそのお金をルーブル(ロシアの国家通貨)に変え、そのルーブルは商品やサービスの支払いのためにロシアに送られることにした。

ロシアがこのようなことをしたのは、ヨーロッパの銀行に預けられていたロシアのソブリン・ウェルス・ファンドが、ヨーロッパによって2850億ドル以上差し押さえられ、没収されたからである。  この資金は、ウクライナに軍事介入したロシアに対する「制裁」として、ヨーロッパに奪われた。

簡単に言えば、欧州がロシアの金を盗んだのである。

そこでロシアは、ヨーロッパにあるガズプロム銀行の支店にユーロを預け、ルーブルに換えてもらい、そのルーブルをロシアに送って支払うという、上記のような貿易政策をとりました。  この方法によって、ヨーロッパはこれ以上ロシアの金を押収することができなくなった。

その後、ヨーロッパは文字通り制裁を倍加し、ロシアの裕福なオリガルヒのヨットを奪い、ロシアからカリーニングラード州の飛び地への商品の輸送を断ち切った。

そこで今、ロシアは非友好的な国々に重要な商品を--まったく--売らないことを宣言した。 

つまり、ガス、石油、小麦、大麦、ケミカル・ネオンガスなどを売らないということである。

しかし、ヨーロッパはそのようなものを必要としています。  ロシアの石油とガスがなければ、ヨーロッパの産業は成り立たなくなる。 工場は閉鎖される。 雇用は失われる。 製品も作れなくなる。

ガスがなければ、ヨーロッパの発電所はビジネスを継続させるのに十分な電力を生み出すことができない。 また、ヨーロッパの一般市民がこの冬に家を暖めるのに十分なガスもないだろう。 

ロシアの小麦やその他の農業がなければ、ヨーロッパの人々は飢えてしまうだろう。

これがヨーロッパの未来だ。寒さ、飢え、仕事なし、産業なし。

ヨーロッパは、ウクライナに対する制裁で、文字通りロシアの経済を崩壊させることができると考えていました。 その代わりに、実際に起こったことは、ロシア経済は厳しい打撃を受けながらも生き残り、今ではヨーロッパの経済が、彼ら自身の制裁によって、実際に破壊されているのです。

欧州が経済的にも農業的にも生き残れないと見ているため、マネークラスは欧州通貨が崩壊して無価値になる可能性が高いことに気づいています。 だから、まだ価値があるうちにユーロを売って処分しているのです。

以下のチャートは、今日のユーロに対する米ドルの上昇を示しています。

FW4zCDxXoAA4b-8

したがって、今日のユーロの対米ドル相場は急落している。

困ったことに、ヨーロッパがそうなると、約2〜3週間後にはアメリカもそうなってしまう。

もちろん、アメリカには自前の石油や天然ガスがあるので、驚くほど高くはなるが、まだ手に入れることはできるだろう。

温室効果ガスや二酸化炭素の排出、環境問題などを理由に、連邦政府が農家に畑を耕すように命じていますが、アメリカは農業の大産地です。 ですから、食料は驚くほど高価になりますが、アメリカにはまだ食料があります。

ヨーロッパはそうではないかもしれない。

アメリカへの本当の影響は、ヨーロッパの産業が閉鎖されることによってもたらされるでしょう。 アメリカの産業が生き残れるかどうかは、本当に問題です。

今日のところ、ヨーロッパが絶対に、絶対に、間違いなく、必ず、苦しむことになるのは、世界恐慌と第二次世界大戦中の状況に匹敵するものでしかない。

2022年の終わりまでに、彼らはこの苦しみを味わうことになる。 それを避ける方法はない。 まったくない。

米国が最終的に被るのは、大恐慌と2008年の金融危機の間のどこかだろう。  より近いのは、世界恐慌の方だが。 なぜなら、ヨーロッパからの製品やサービスがなければ、アメリカは自国の産業の広い範囲が機能不全に陥るからだ。

1990年代から2000年代初頭にかけて、「自由貿易」を推進したすべての人々に感謝したい。 なぜなら、彼らは多くの生産を外国に委託し、商品の価格をそれまでと同じにしながら、外国の労働コストの削減によって節約されたお金を個人的に懐に入れることができたからだ。

彼らは私腹を肥やすためにアメリカを売ったのだ。 これこそ「自由貿易」派がやったことだ。