PUTIN LASHES THE WEST - NO TO THERE VERSION OF THE NEW WORLD ORDER (bitchute.com)
プーチン、西側諸国を非難 - 新世界秩序に反対を表明

プーチン大統領、新世界秩序の勝利を宣言 「エリートの交代」が訪れるのは人類が「目覚めた」結果だ

ロシアのプーチン大統領によれば、過去数十年にわたり世界を支配してきたグローバルエリートは、新世界秩序を切り開くために協力し合ってきたが、彼らは敗北したとのことである。


プーチンは、金曜日に行われたサンクトペテルブルク国際経済フォーラム(SPIEF)での演説で、西側諸国における「エリートの交代」が迫っていると警告した。


プーチン:何としてでも一極集中を維持しようとする試みにもかかわらず、一極集中の時代は終わった。

ヨーロッパやアメリカの指導者たちが行った悲惨な自由主義政策は、福祉の面だけでなく、様々なグループの価値観や方向性の面でも、彼らの社会における不平等や分裂を悪化させている、とプーチンは言った。

「社会の要求からのこのような分離は、必然的にポピュリズムの台頭と急進的な運動の成長、深刻な社会的および経済的変化、劣化、そして近い将来、エリートの変化につながるだろう」とロシアの指導者は述べた。


ロシアは「ルーブルのみ」の支払いに小麦を追加

ロシア政府は、ルーブルで支払わなければならない輸出品のリストに、穀物、ひまわり油、抽出ミールを追加しました。この決定は金曜日に採択され、公式の法的情報ポータルで公開されました。

また、輸出されるひまわり油とひまわりミールに関して、自国通貨で支払うべき関税を2023年8月31日まで1年間延長することも規定されています。

新しい支払いメカニズムの一環として、小麦の輸出関税を計算する基準価格は1トン当たり15,000ルーブル(267ドル以上)になる。

ロシアは世界最⼤級の小麦輸 出国であり、ひまわりの種子の主要供給国でもある。ロシアのドミトリー・パトルシェフ農業大臣は今月、同国は「友好国」にのみ農産物を輸出すると発言している。



ウクライナ国会議員の妻がハンガリー国境を越える際に2000万ドルと130万ユーロを密輸して逮捕された

https://www.youtube.com/channel/UCMKJdaq2iYnRYvplVjCiNJg/community?lb=Ugkx5Dv4o8smPn4nyV5x729Nqfcjq9eXf-y7

こんなリン爆弾が降ってきたらイヤすぎます...



接触線上の武器取引と、ウクライナ人による欧州からロシアへの間接的な軍備搬入

・ロシア人は、欧米がウクライナに提供している厳選された軍事装備を、ウクライナの仲介業者を介して購入している
・5月はすでにフランスのシーザーを2台12万ドルで入手し、HIMARSの購入を検討中
・兵器保管場所付近の空き地に砲撃を行い、移送を隠蔽するフェイクを実施

ソルチャファール
https://www.whatdoesitmean.com/index3964.htm

プーチン大統領、バイデンに致命的な打撃を与えるために米国最高裁に参加

今日、クレムリンで回覧された新しい安全保障理事会(SC)報告書は、まずプーチン大統領が、ロシアは友好国の農業生産者の肥料需要を完全に満たす準備ができていると発表したことに注目している。そして、欧米の非友好的な制裁とロシアの国益と経済安全保障への脅威に対応して、ロシア極東のサハリン2石油・ガスプロジェクトを新しい国内事業者に譲渡することを命じる法令に署名し、欧米植民地最高社会主義者ジョー・バイデンに対して致命的な打撃を与えたという。その即時効果は、数十億ドルに相当する欧米グローバルエネルギー大手の投資を破壊し、極めて必要な液化天然ガスの輸入量の10%を日本から奪ったことである。

ウクライナ解放のための「特別脱ナチス作戦」に呼応した西側諸国の露骨な非合法活動による最新の動きとして、この報告書は、ドイツがロシアのエネルギー大手ガスプロムの液化天然ガス運搬船3隻を掌握し、ガスプロムがこれに即応して、7月11日から21日までドイツを流れるEUへの天然ガス供給を完全に停止すると発表した、と述べています。「ノルドストリームは、信頼性が高く安全で効率的なパイプラインの運用を確保するため、機械要素や自動化システムのテストを含む定期保守作業のために、同社のガスパイプラインシステムの両ラインを一時的に停止する」 と発表している。

ガスプロムが本当にEUへの天然ガス供給を再開するかどうかについては、ベラルーシのウラジミール・マケイ外相の警告が注目される、とこの報告書は続けている。「鉄のカーテンは今、西洋人自身によって築かれようとしている...それは事実上すでに出来上がっている...西洋諸国は、何も挟まないように慎重にやっているが、そのプロセスは進行中だ」この警告に、セルゲイ・ラブロフ外相は、ロシアと西洋植民地の間の戦争を法的に防ぐ1997年のNATO設立法はまだ有効であるが、「アメリカ主導のブロックによって事実上侵害されている」、この評価は、安保理のドミトリー・メドベージェフ副議長が宣言したことにすぐさま続いた。「特定の状況下では、このような敵対的な行動は国際的な侵略行為と見なされ、詭弁とさえ見なされる。これに対して、国家は個別的・集団的自衛権を有する」と宣言した。

この報告書では、「地球全体が恐ろしい経済の悪夢に陥る中、ヨーロッパではすでに配給制が始まっている」といった記事が掲載されているが、ドイツの有力な学者、哲学者、ジャーナリスト、芸術家、元外交官ら21人が公開書簡で「今すぐ停戦を!」を発表し、その中で次のように述べている。これまでのところ、ウクライナは、ヨーロッパや米国からの大規模な経済制裁と軍事支援のおかげで、自らを守ることができた...しかし、こうした行動が長引くほど、戦争の目的はますます不明確になる...ロシアが軍事的に有利で、敵対行為をさらにエスカレートさせる能力があるため、軍事専門家はウクライナの勝利とすべての占領地の返還は現実的ではないと考えている...」と述べている。 したがって、西側諸国は、自分たちが達成したい目標は何か、武器供給はまだ正しい解決策なのか(そしていつまで続くのか)、正確に自問する必要がある。ウクライナのロシアに対する完全勝利につながる戦争の継続は、現実的とは思えない目標の名のもとに、何千人もの戦争の犠牲者が死ぬことになる」。

このような尊敬すべきドイツの政策立案者に対する迅速な対応として、この報告書によれば、アンドレイ・メルニク駐ドイツ・ウクライナ大使は、「なんという似非インテリの負け犬どもだ...」と狂人のように反撃している。 メルニックによれば、この「地獄」には、大西洋評議会のハーラン・ウルマン上級顧問も入っている。彼は、アメリカの国務長官、国防長官、NATO戦略司令官(ヨーロッパ連合最高司令官上級顧問を13年間務める)、NATO事務局長、国会議員、ヨーロッパとインド太平洋地域の多くの外国政府のトップに積極的に助言し、その公開書簡「プーチンの次の動きは何か」で、次のような評価を行っている。

「プーチンはウクライナとの戦いにおいて、規模と量を味方につけた。ウクライナの抵抗がいかに英雄的であったとしても、死傷者が増え、武器や兵站の在庫が枯渇するにつれ、その抵抗は無限ではない」と述べた。

プーチンは、善し悪しにかかわらず、西側同盟の弱点や欠点を見抜いていることは間違いなく、それはやがて抑えきれなくなり、悪用される可能性がある。

その中で、エネルギーと食糧は同盟を分断するために利用されるだろう。

ヨーロッパはロシアのガスと石油に依存している。そして、アメリカのガソリン代は、高止まりすると仮定すると、バイデン大統領と彼の国内支援にとって大きな問題であり、膨張するインフレによって悪化し、ウクライナ支援のために何十億ドルも配分する長期的なコンセンサスを束縛するかもしれない。

プーチンはシリアへの関与で、移民が強力な武器になり得ることを学んだ。世界的に大規模な飢餓と食糧不足が発生すれば、移民がもたらす影響は自明である。

500万人のウクライナ人が避難し、相当数の人々がポーランドやルーマニアなどに避難していることから、飢餓によって桁違いに多くの人々がヨーロッパや米国に安全と栄養を求めようとするだろう。

プーチンは、米国がロシアと中国を相手にした二正面戦争を計画せざるを得なくなったことを見抜いている。

プーチンは、このような戦略の愚かさを十分に理解している。ナポレオンやヒトラーは、1812年にロシアに、1941年にソ連に侵攻し、二正面作戦で最終的に敗北したのである。

中国は戦略的資産であると同時に、制裁を回避するためのロシアのエネルギー市場であり、米国は地球の裏側にいる2大敵に対処しなければならないため、その資源を希薄化せざるを得なくなる。

プーチンはまた、事実上あらゆる問題をめぐるアメリカの分裂を、自国のパワーと出来事に影響を与える能力に対するさらなる制約と見ている。」


この報告書は、シカゴ大学政治研究所が今週発表した新しい世論調査で、ウルマン上級顧問が行った評価に加え、次のような厳しい結果を明らかにした。

「アメリカ人のほぼ半数は、自分の国によそ者がいるような気がしている・・・大多数の人は、自分たちに不利に働く腐敗した機関として政府を考えており、4分の1以上が武器を取る必要があるかもしれないと述べている」

今日、「米国株、50年以上ぶりの最悪のスタート」という経済記事が雪崩を打って現れたが、最近出た経済記事「株にとって悪循環な6ヶ月間であった。ここに、厳しい市場のシグナルがある」と警告している。「数ヶ月以内に、FRBがインフレ抑制に成功していることが示されれば、市場は安定するだろう...しかし、FRBがインフレに対処していないことが明らかになれば、全ての賭けは外される」

社会主義者の包囲下にあるアメリカ国民が直面していることは、現在登場している経済記事に書かれている「速報:バイデン経済が公式にリセッションに突入 - FRBの主要なGDPトラッカーがマイナスに転じる」そして、アメリカ人の「4分の1以上」が「武器を取ることが必要かもしれない」と答えた理由を説明するために、昨日、バイデンの最高経済顧問ブライアン・ディーズがこれらの苦しむ人々に悪魔的に言ったときに、それが最もよく示された。「これは自由主義的世界秩序の未来に関わることであり、我々は断固として立ち向かわなければならない」。
以下省略