Herbst-Booster: US-Regierung kauft 105 Millionen Impfdosen von Pfizer (report24.news)
秋のブースター:米国政府がファイザー社から1億500万回分のワクチンを購入
スクリーンショット_(1266)[1]

ワシントンは、秋にさらに多くの遺伝子注射を行うことを望んでいる。そのため、米国政府はファイザー社に1億500万回分のワクチンを追加発注し、さらに1億9,500万回分のオプションも用意しました。その額、なんと32億ドル。

米国政府の意向に従えば、この秋には、実験的で論争の的になっているmRNAワクチン(「遺伝子治療」とも呼ばれる)が、米国内の人々にさらに多く投与されることになるでしょう。このため、ファイザー社との間で新たに10億ドル規模の取引が行われています。これによると、コルミナティはすでに1億500万回分を受注しており、さらに1億9,500万回分のオプションが含まれています。メディアの報道によると、2021年第1四半期以降、過去最高の売上を上げ、また、より困難な年を経て非常に高い利益を上げている製薬会社にとって、これは32億ドルの取引となるそうです。



ファイザー社のブーラCEOは、議論を呼んでいるmRNAワクチンについて、オリジナルの武漢変種をベースにしたもので、突然変異した変異体からも守るべきものだと説明した--登録試験のずさんさゆえに、現在ファイザー/BIONTEC社に対して訴訟が起こされていることは、言うまでもないことです。ファイザー社の会長兼CEOであるアルバート・ブーラ氏は、「ウイルスの進化に伴い、この新しい契約により、現在および将来の変異型から身を守るワクチンを全米の人々が利用できるようになります」と、研究データはその逆を示唆しているにもかかわらず、このように述べています。 「ワクチンは、あらゆる年齢の人々をCovid-19から守るために依然として重要です。当社は、このパンデミックとの戦いにおける米国政府との長年のパートナーシップと、米国および世界中で行われているワクチン接種活動の継続的な効果を誇りに思います」 と語っている。



「この契約により、米国居住者にさらなる投与量を提供し、Covid 19の次の波への対応に貢献することができます。バイオンテックの最高事業責任者兼最高商業責任者のショーン・マレットは、「規制当局の承認を前提として、急速に拡大するオミクロン変種に対抗するために重要だと考えており、オミクロン適応のワクチンも含まれる予定です」と述べています。 「このパンデミックを終わらせる」という共通の目標に向けた米国政府との継続的なパートナーシップに感謝します。」 しかし、これまでのところ、これらのmRNAワクチンの性能がすでに極めて低いことを考えると、問題は、これらの「適応された」ワクチンの害と利益の比率が実際に良くなるかどうかということです。

いずれにせよ、ファイザーの株主は、この取引を喜ぶだろう。この取引によって、製薬会社の飽くことのない喉元に、またしても新たな税金が投入されることになる。特にヨーロッパなどでは、ファイザーのmRNA注射を大量に注文しているので、「ワクチン接種の定期便」は間違いなく同社に利益をもたらしているわけです。

※日本も新たな生物兵器を買うんでしょうな....