バイデン米大統領は誤って不穏なチートシートを提示した:「あなたの席に座ってください! (report24.news)
バイデン米大統領、うっかり気まずいカンニングペーパーを発表:「自分の席に座れ!」
スクリーンショット_(1261)[1]

「ジョー・バイデンはホワイトハウスに閉じ込められている老人介護の患者ではないと、今度誰かが言いたがったら、これを見せなさい」と、アメリカ大統領の最新の失言についてアメリカのジャーナリストがコメントしています。

バイデンは先週の木曜日、会議のための「カンニングペーパー」を誤ってテレビカメラに向かって読みやすいように持ってしまった。どうやら彼のチームは、彼が部屋に入って、舞台の指示なしに正しい席に座れることさえ信用していないらしい。

大統領は木曜日に風力発電産業の代表者と会談し、このカンニングペーパーを手に、何をしなければならないかを詳細に説明した。彼は、手にした紙で身振りをしながら、徹底的に恥ずかしい指示をテレビカメラに向かって掲げた。会談でのバイデン氏への指示は次のようなものだった。


・あなたはルーズベルト・ルームに入り、参加者に挨拶する。

・あなたは自分の席に座ってください。

・報道陣が入る。

・参加者によるショートコメント(2分間)

・報道陣が退出する。

・あなたは、AFL-CIOの会長であるリズ・シュラーに質問をする。

・注)リズはバーチャルで参加しています。

・あなたは参加者に感謝の意を表す

・彼らが去る。



バイデンはすでに認知能力の欠如でよく知られており、システム・メディアも彼の最も恥ずかしい失敗をビデオクリップに集めて楽しんでいる。サウジアラビアでは、彼と副大統領はすでに国営テレビでパロディ化されている。

バイデン氏とアメリカ大統領という役職に対する尊敬の念は、アメリカ国民の信頼と同様、低下している。この国(オーストリア)でも、メディアは、ジョー・バイデンに対する一般的な称賛からあえて逸脱している。たとえば、Heute紙は、バイデンが自分自身をアメリカのジョークにしたと見出しをつけて、「これはまだメモなのか、すでに人形のための指示なのか」と問いかけている。修辞的な質問と思われる。