Kinder in Zukunft nur noch als virtuelle Haustiere: So soll die Welt entvölkert werden (report24.news)
未来の子どもたちはバーチャルペットとしてのみ存在する:こうして世界は過疎化する
スクリーンショット_(1258)[1]

WEFが呼びかけ、推進する「メタバース」は、グローバリストの「エリート」が人々の日常生活を深く支配することだけを目的としているのではない。また、(非常に物議を醸す)過剰人口などの問題に取り組むことも意図しています。人工知能の専門家であるカトリオナ・キャンベルは、すでに「たまごっち世代」について話している。将来、子どもたちはバーチャルなペットに変異し、本物の子孫に取って代わるだろう、というのだ。

「バーチャル・チルドレンは、現在から大きく飛躍したように見えるかもしれませんが、50年以内には、メタバースに存在する赤ちゃんが、現実世界のそれと区別がつかないほど技術が進歩しているでしょう」と、Daily Mailは彼女の言葉を引用しています。ヘッドセットや触覚フィードバックを可能にする特殊な手袋など、たまごっちの子供たちとの交流をできるだけ「リアル」にするための技術です。キャンベルは、生物学や人間性、家族の価値を病的に放棄したこの状況を、非常に現実的なものだと考えている。また、この子供たちは維持費がほとんどかからず、資源を「浪費」しないことになっているからでもある。これは、人間は気候問題の害虫でしかないという気候恐怖症への明確なうなずきである。

「親にとってあらゆる意味で 『リアル』なたまごっち世代を生み出すことは、すでに十分に可能です」とキャンベルは言う。ソウル・マシーンズ社が開発したBabyX」は、幼児の姿をした人間のような人工知能を開発することを目的としている。最新のCGI技術や高度なアルゴリズムを用いて、「メタバース」にいるたまごっちの子どもたちを本物そっくりに見せるプロジェクトをさらに発展させていく予定です。

サブスクリプションモデルにおけるフェイクチャイルド

キャンベルは、すでに有益なサブスクリプションモデルを想定している。「消費者の需要があることを前提に、私はそう考えているが、AIチルドレンは、比較的小さな月額料金で広く利用できるようになるでしょう」。もちろん、世界中の多くのバイヤーが、実際の子孫を残すことなく、忠実に実行することを望んでいます。

キャンベルは、「この開発が実際に行われれば、技術的に画期的なことであり、適切に管理されれば、人口過剰を含む今日の最も差し迫った問題の解決につながるでしょう」と主張します。

ここで、もはや何も現実ではないはずの「メタバース」での生活に、結局のところ何の価値があるのか、自問自答することになるのだろう。クラウス・シュワブと彼のWEF支持者は、このコンセプトを気に入るはずです。トランスヒューマニズムは、常にグローバリストのアジェンダの理想とゴールとして宣言されてきました - 人類そのものをどんどん廃止していくことは、ほんの一歩先にあるのです。いわゆる貴族の間では、昔から円形の家系図が流行していた。「エリート」は、自分たちだけに生殖が許された世界に媚びを売っているのかもしれない。

※やがてワクチンの影響で子供は非常に少なくなるんでしょうな.....