https://benjaminfulford.net/2022/06/20/western-financial-hallucination-crashes-into-reality/

欧米金融幻覚が現実に衝突

どんなに現実から逃れようとしても、結局は現実に追いつかれる。これは、欧米の民間中央銀行が、不換紙幣の幻覚が現実の世界に墜落する中で学んでいる教訓です。最近見られた金融市場の全面的な崩壊は、普通の市場の動きではない。それはシステムの崩壊です。

ダウ平均株価は過去12週間のうち11週間下がり続け、これは過去に一度も起こったことのないことです。最も近いのは1929年の大暴落で、11週中10週が下落した。通常、株価が下がると、人々は「安全」を求めて債券が上昇する。しかし、米国債は、1970年代初頭にニクソンが米ドルを金本位制から外して以来、最大の暴落を経験している。暗号通貨市場はピーク時から3分の2に下落し、2兆ドルの架空資金が消失している。


金融業界のトップクラスのベテランたちのコンセンサスは、これが終わる前に株価は90%下落するということだ。


今日6月20日は、米国のすべての金融市場が閉鎖され、本来の意味での「6月20日」の祝日となる。しかし、6月21日の夏至は悪魔の生け贄を捧げる重要な日なので、CIAの情報筋によれば、「彼ら」はこれを口実に銀行を閉鎖し、人々の貯蓄を盗むつもりだそうだ。

情報源は、暗号の下落が市場の他の部分よりもはるかに速かったことを指摘します。「FRBとそのKM中央銀行の同盟国が独自のデジタル通貨を作成できるように、ビットコインとその親しい仲間は破壊されています... 我々は常に、KM陰謀団がビットコインにバックドアを持っていて、最終的にそれをコントロールしていることを知っています。ペンタゴンによって作られたものであるため」と、情報筋のコメント。

「彼ら」とは、もちろん、欧米の中央銀行と多国籍企業の90%を所有する、近親相姦の悪魔崇拝の小家族集団のことです。彼らは財団やファンドを通じてこの支配を偽装している。しかし、バンガード、ブラックロック、ステート・ストリート、バンキングが米国株の40%を支配していることは確認できます。その所有者を見れば、ロックフェラーやロスチャイルドなど、お決まりの容疑者がいることがわかります。彼らは今、全株式取引の70%をコントロールする人工知能システムの奴隷になっている。このグループは今、すべての住宅と不動産を買おうとしているところです。

https://youtu.be/AWBRldjVzuM



幸いなことに、彼らは今、古神道の黒龍の物語を学んでいます。この物語によると、もしあなたが黒龍を呼び出せば、他人の弱点を見抜き、それを自分の利益のために利用することができるようになる。やがて、大きな富と力を蓄えることができる。しかし、これには致命的な欠点がある。いったんこの力を手に入れると、友人を持たず、結果的に破滅することになるからです。

この小さなグループは、お金で政治家、医者、フリーメイソン、裁判官、将軍などを買い、自分たちはどんな正義や罰も受けないと思っていました。


しかし、今、起こっていることは、彼らがあまりにも多くの富と権力を蓄積したため、彼らの金融幻覚が終わっても、大多数の人々は影響を受けないということです。言い換えれば、市場の崩壊は主に市場を所有する0.01%の人々に影響を与えるだろう。


彼らの金融支配網が崩壊すると、国際的な同盟が彼らに迫る一方で、彼ら自身の国民が反乱を起こすだろう。ハザリアンマフィアの傀儡となる指導者フアン・グアイドがベネズエラで攻撃されているこの映像は、全てのKM偽政治家に待ち受けているものを示している。


動画:https://benjaminfulford.net/wp-content/uploads/2022/06/Juan-Guaido-Venezuala-.mp4

最初に倒れるのはヨーロッパだろう。ロシアや他の国々はガスを遮断した。なぜなら、誰も彼らの何の裏付けもない不換紙幣を実際の商品に対する支払いとして受け入れたくないからだ。

先週、イタリアとスロバキアはロシアから通常の半分以下の量のガスしか受け取っていないと報告した。フランスは6月15日以来、ガスが供給されていない。ポーランド、ブルガリア、フィンランド、デンマーク、オランダはすでにロシアのガス供給が停止されている。ロシア連邦保安庁の情報筋によると、ドイツも間もなく供給停止に直面するという。

https://www.bbc.com/news/business-61838905


ヨーロッパは、他の場所でガスを見つけることができない。例えばアルジェリアも、パイプラインでヨーロッパに送っているガス供給の半分を遮断している。

https://northafricapost.com/57439-algeria-already-failing-to-honor-gas-supply-deals-with-spain.html


偽バイデン政権は、ロシアのガスを代替するとヨーロッパに約束したが、主要なガス輸出ターミナルが爆破され、数年以内にフル稼働を再開することはないだろう。

https://www.reuters.com/markets/commodities/freeport-lng-extends-outage-after-fire-targets-year-end-full-operations-2022-06-14/?utm_source=reddit.com


石油にもしわ寄せが来ている。2011年にムアンマル・カダフィが殺害されて以来、欧州勢がリビアから盗んできた石油が途絶えてしまった。

https://oilprice.com/Latest-Energy-News/World-News/Libya-Loses-11-Million-Bpd-As-It-Shuts-Down-Nearly-All-Its-Oil-Fields.html




また、ウクライナ最大の製油所が破壊され、ヨーロッパの石油のもう一つの主要な供給源が断たれました。

https://www.pravda.com.ua/eng/news/2022/06/18/7353194/


ドイツのセーフェン・コフレ議員が「EUの制裁と禁輸は、ロシアではなくドイツを傷つけるものだ」と言うのも無理はない。

https://tass.com/pressreview/1464945


こうした中、ドイツのオラフ・ショルツ首相、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、イタリアのマリオ・ドラギ首相、イギリスのボリス・ジョンソン首相、ルーマニアのクラウス・イチャニス大統領が先週ウクライナに行き、ボロディミル・ゼレンスキー大統領に会ってきた。彼らが行った理由は、「盗まれた最後の金額をどうやって手に入れるか考えている」ということです。彼らは皆、自分たちがゲームオーバーになることを知っている」とCIAの情報筋は言う。




https://news.sky.com/story/boris-johnson-makes-second-surprise-visit-to-kyiv-12635686


偽バイデン政権も絶望的です。先週、バイデンのアバターが止まった自転車から「転倒」したのはそのためかもしれない。頭の怪我で辞めると説明する口実に使われるかもしれない、という。


動画:https://benjaminfulford.net/wp-content/uploads/2022/06/Biden-falls-down-video-from-another-angle.mp4

もちろん、本当の理由は、彼の政権が世界のエネルギー市場から切り離されていることである。米国の戦略的石油備蓄も今年中に使い果たす勢いで燃え尽きている。

このような衝撃に耐えられる政権はなく、社会秩序はすでに崩壊している。マイケル・スナイダーは次のように述べています。


万引きは本質的に国民的娯楽となり、露天の麻薬市場は無関心な当局の目の前で自由に運営され、中毒者はいつでもどこでもその気になればパンツを下ろして糞をする。記録的な不法移民のおかげで、ギャングの数は爆発的に増え、人身売買は本当に恐ろしいレベルにまで達している。

http://endoftheamericandream.com/if-the-streets-of-america-are-this-chaotic-now-what-will-they-be-like-when-things-really-start-hitting-the-fan/


ロシアは先週、新しく生まれ変わったプーチンのアバターで、西側エリートたちに怒号を浴びせた。激しい演説の中で、プーチンは次のようなことを言った。

国際機関は崩壊し、安全保障は切り下げられた...西側諸国との新たな合意は不可能であることが判明した...欧州連合は政治的主権を完全に失った...現実からの剥離は近い将来エリートの交代をもたらすだろう。

https://tass.com/economy/1467747


だから、ロシアの実権を握っているセルゲイ・ラブロフ外相は、「ヨーロッパとの接触はロシアの優先事項から外れている」と述べているのだ。

https://tass.com/politics/1466371


中国はロシアと協力して、「国際秩序とグローバル・ガバナンスをより公正で合理的な方向へ押し進める」と、中国の習近平国家主席は述べています。

習主席、プーチン大統領と電話会談


プーチンが「一極集中の世界秩序の時代は終わった」と述べたのはこのためである。


パラダイムの崩壊に直面し、まだ洗脳されている西側支配層(もうすぐ終わる)の多くの人々は、深刻な認知的不協和に苦しんでいる。このため、「西側の報告書は単に気が狂っている」とロシア大統領報道官のドミトリー・ペスコフが述べた。

https://tass.com/politics/1464175


間違いなく、ロシアと、さらに言えば中国によって、西側エリートに宣戦布告されたのだ。アメリカの軍事アナリスト、スコット・リッターは、「ロシアと戦争になった場合、交渉は通常、無条件降伏のように見える」と言う。

CIAの情報筋によれば、西側諸国に対する国際的なボイコットは、世界中の米国のバイオ研究所に対する国際的な特殊部隊の襲撃に伴って行われているとのことである。

バングラデシュ、コンゴ、ニカラグア、ナイジェリア、エジプト、エチオピア、グルジア、ガーナ、ハイチ、インド、インドネシア、ウクライナ、ケニヤなどの米国バイオ研究所が米国の生物兵器活動を根絶するために急襲されている、と情報源は言う。




https://theprint.in/world/russian-parliamentary-commission-plans-to-discuss-info-on-us-biolabs-in-nigeria-lawmaker/975132/

このような活動に誰が資金を提供しているかを見てみると、権力の座にとどまり、生き残った10%の人類を奴隷にしようと必死になって、人類の90%を積極的に殺そうとしている犯罪者たちに行き着く。資金源は、米国国立衛生研究所、世界銀行(世界銀行は一体なぜエチオピアにBSL-3のバイオラボを持っているのか)、米国海軍医療研究、ゲイツ財団、CDC、クリントン財団などである。

また、米国NIHナイジェリア研究所に資金を提供している主な国は・・・カナダです。WEFの操り人形であるトルドーがどのように関わっているのか不思議に思っている人のために、その証拠をお見せしよう。彼が資金を提供したのです。

この文書が全てを物語っている。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK542569/


もちろん、これらの犯罪者は文字通り命をかけて戦っており、静かに夜に入ることはないでしょう。

中国では、共産党がその広大なCovid監視インフラを使って、人々の健康QRコードを赤色に変えることで抗議活動を抑圧しています。そして、彼らは逮捕され、監禁されるのです。

https://www.reuters.com/world/china/china-bank-protest-stopped-by-health-codes-turning-red-depositors-say-2022-06-14/


欧米では、ハザリアンマフィアのボスが、自国に同様の支配機構を導入しようと、今も必死に病気の恐怖ポルノを送り出しているのです。


動画:https://benjaminfulford.net/wp-content/uploads/2022/06/Fear-porn-from-WHO-.mp4

彼らはこれを何年も前からリハーサルし、ゲームプランニングしてきたのです。例えば、2021年11月にビル・ゲイツは10カ国の空港でバイオテロの脅威があると警告しました。そして2020年5月19日、10カ国でサル痘が発生したとの報告書を目にします。

https://www.globalresearch.ca/bill-gates-warns-smallpox-terror-attacks-urges-leaders-use-germ-games-prepare/5781195


現政権がいかに狂気の沙汰になっているかを示す兆候として、この「サル痘」の大流行で、CDCは人々に「互いに触れないように少なくとも6フィートの距離で一緒にオナニーをするように」と勧告を出している。

https://www.cdc.gov/poxvirus/monkeypox/specific-settings/social-gatherings.html


この狂気の背後にいるのは、欧米の指導者と呼ばれる人たちです。

The-TruCastro
ハゲとるやないか!

カナダでは、トルドーが元官僚トップのポール・テリエに、トルドーの支配欲の強い官庁は「公共サービスを破壊する過程にある...破壊という言葉はあまり強くない」と警告させた。

https://www.ctvnews.ca/politics/don-martin-the-fall-of-justin-trudeau-has-begun-1.5946788


オーストラリアでは、ジョン・ハワード元首相が小児性愛者の裁判官と元首相1名を指名し、90年間の制圧命令を出した。

これらの狂人たちは、まだ同様に第三次世界大戦を引き起こそうとしている。最近では、バルト三国のEU/NATO加盟国であるリトアニアが、ロシアの最西端の飛び地であるカリーニングラードへの鉄道輸送物資をすべて禁止するという動きがあった。ドイツに第二次世界大戦を起こさせたのは、ポーランドによる同様の禁止措置であった。

また、これらのチンピラによるジャーナリストへの攻撃の試みも続いている。例えば、Veteran's Todayのゴードン・ダフ氏は、この数週間で3回、命を狙われている。

「数日前、私を殺そうとした者がいたかもしれない。誰かが信号無視をして、私のバイクの前に停車したんだ。私はかなりのスピードで相手の助手席の窓を突き破りました...私はTBIを受け、何針も縫い、他にもたくさんの怪我をしています。[妻のキャロルは足を骨折、手首を2カ所骨折、鼻を骨折...etc...助かるはずもなかったんだ」。


この報告書は、ウクライナなどの真実を報告しすぎて、ダフが暴走したようです。

筆者も先週、かつて日本でロックフェラーに雇われていた人たちから死の脅迫を受けた。この「かつて」という言葉に注目してほしい。日本で強制送還が始まり、この国の多くのディープステートの工作員がグアムの米軍基地に連行されていることが確認された。

米軍基地といえば、元海軍情報将校ウィリアム・クーパーによるニューメキシコ州ドゥルセ基地に関するブルービーム作戦関連の証言で再び締めくくります。


動画:https://benjaminfulford.net/wp-content/uploads/2022/06/The-Dulce-Base-in-New-Mexico.mp4

動画:https://benjaminfulford.net/wp-content/uploads/2022/06/A-Mother-Ship-in-the-mountains-.mp4

動画:https://benjaminfulford.net/wp-content/uploads/2022/06/A-ship-dropping-off-supplies-.mp4

動画:https://benjaminfulford.net/wp-content/uploads/2022/06/Alien-Art-Enigma.mp4

いつものように、私たちはこれが米国の秘密プログラムに関する待望の開示の一部であることを望んでいる。これらの開示を加速させるのは、差し迫ったアメリカ政府の崩壊なのかもしれない。いずれ分かることだろう。