Sri Lanka is collapsing: People are starving, no gas, no electricity and now the army starts shooting at them (newstarget.com)

スリランカは崩壊している:人々は飢えている、ガスも電気もない、今、軍は彼らを撃ち始めた

Protest-Crowd-Fight-Social-Revolution-Angry-Movement

スリランカは文字通り崩壊しつつある。人々は飢えており、ガスや電気などはありません。今、彼らは暴動を起こし、軍隊は人々を射殺している。この現実が、今後数年のうちに、アメリカ、イギリス、すべての西側諸国に広がっても不思議ではない。

軍のスポークスマンであるニランタ・プレマラトゥネによると、コロンボの北365キロ(228マイル)にあるヴィスヴァマドゥで、土曜日の夜、警備拠点に石が投げ込まれたので、軍が発砲したとのことである。

「20人から30人の集団が投石し、軍のトラックを破損させた」とプレマラトゥネ氏はAFPに語った。

警察によると、悪化する経済危機に関連した不安を鎮めるために軍が初めて発砲し、市民4人と兵士3人が負傷した。

ポンプからガソリンが無くなると、運転手たちが抗議し始め、軍隊との衝突に発展したと警察は述べた。



スリランカは独立以来最悪の経済危機に見舞われており、食料、燃料、医薬品を含む必需品を輸入するためのドルを調達できないでいる。

ゴタバヤ・ラジャパクサ大統領が失政を理由に退陣を求める声に何カ月も抵抗する中、国民2200万人は深刻な物資不足と少ない物資を求める長蛇の列に耐えている。


スリランカは武装した警察と軍隊を配備し、燃料ステーションを警備している。


4月に中央部の町ラムブッカナで、配給されたガソリンとディーゼルの配給をめぐって衝突が起こり、運転手が警察に射殺された。

警察によると、週末に3カ所で運転手が関係する衝突が発生した。1件の衝突では少なくとも6人の警官が負傷し、7人の運転手が逮捕された。


政府は、この貧しい国で通勤時間を減らし、枯渇しつつある燃料を節約するために、国家機関や学校を2週間閉鎖することを宣言した。

スリランカはまた、記録的な高インフレと長時間の停電に直面しており、これらすべてが数カ月にわたる抗議の原因となっている。

スリランカでは5人に4人が食事をとる余裕がなく、食事を抜き始めていると国連は発表し、数百万人が援助を必要とする「悲惨な人道的危機」が迫っていると警告している。



世界食糧計画(WFP)は2日、「救命支援」の一環として、コロンボの「恵まれない」地域の妊婦約2,000人に食料引換券の配布を開始した。

WFPは、6月から12月までの食糧支援活動のために6000万ドルの資金を集めようとしている。

スリランカは4月に510億ドルの対外債務不履行に陥り、国際通貨基金(IMF)と救済策を協議しているところです。

一方、ヨーロッパ諸国では毎日、より多くの人々がインフレに抗議している。




それはすぐにメキシコと北米にも広がるでしょう...


あと83日で準備:肥料不足・穀物禁輸措置・2022年9月頃、食べ物はなくなります

You Have 83 Days Left To Prepare (Re-Stream) (bitchute.com)