Times 2009: Bei Milliardärstreffen wurde Reduktion der Weltbevölkerung besprochen (report24.news)
タイムズ2009:億万長者会議で世界人口削減を議論
スクリーンショット_(1250)[1]

今、私たちはその会議の成果を目の当たりにしているのでしょうか?
2009年、ビル・ゲイツの招きでアメリカの大富豪数人が集まり、人口過剰と言われる事態にどう対処するかを話し合った。それは、政治的、宗教的な抵抗を克服することであった。ロックフェラー、バフェット、ソロス、ブルームバーグ、テッド・ターナー、オプラ・ウィンフリーなど有名どころが名を連ねています。

繰り返しますが、これは陰謀論ではなく、世界で最も尊敬されている主流メディアの一つである『British Times』が2009年5月24日に報じたことです。だからといって、「事実確認者」が「文脈の欠如」やその他の恣意的な正当化のためにこの記事を恣意的に検閲することを止めることはできません。

前述の日、タイムズ紙はビル・ゲイツの招待でマンハッタンのポール・ナース卿の家で極秘に開かれた「ビリオネアクラブ」のことを報じている。

ゲイツは、世界の人口過剰が問題であると発表した。その場にいた億万長者やメディアの大物たちも、この考えに共鳴したのだろう。マスコミは通常、彼らを「慈善家」と呼び、彼らは自分たちを「善人クラブ」と呼んでいる。アメリカで最も裕福な一族の家長であるデイヴィッド・ロックフェラー、株式市場の大富豪ウォーレン・バフェット、国家全体を相手にした投機で10億ドルを稼ぎ、自らを世界のリーダーだと考えているらしいジョージ・ソロス、当時のニューヨーク市長マイケル・ブルームバーグ、メディア界の大物テッド・ターナーやオプラ・ウィンフリーなど、その顔ぶれは多彩だ。

2008年にロングビーチで開催された会議では、ビル・ゲイツ氏が同様の主張を行ったという。「公式予測では、世界の人口は93億人に増加するとされている。生殖医療を充実させる」などの「慈善活動」を行えば、その数は83億に抑えられるとゲイツ氏はこの会議で述べている。もちろん、これらの婉曲表現は、中絶と不妊手術の略である。

この会議の参加者(匿名)がタイムズ紙に語ったところによると、出席した億万長者たちはゲイツ氏の過剰人口に対する対策に賛成したとのことである。人口過剰は、環境、社会、産業にとって破滅的な脅威となる。その過程で、この大災害に対抗する立場にないとされる政府機関から独立した解決策を生み出すことになった。

なぜ、この時期からだけでなく、人口が減少している国々で子供を作らないという運動が盛んになったのか、疑問が残る。その一方で、人口が爆発的に増えている国から、同じ低出生率の国へ人を移すためにあらゆることが行われています。なぜ、この時期からだけでなく、人口が減少している国々で子供を作らないという運動が盛んになったのか、疑問が残る。その一方で、人口が爆発的に増えている国から、同じ低出生率の国へ人を移すためにあらゆることが行われています。

これは、大きな戦争を望んでいるか、あるいはさまざまなバイオ研究所で「解決策」を研究しているのでなければ、明らかに望ましい人口減少以外の結果をもたらすものです。これらの超富裕層は、世界を変え、何十億もの人々の運命を決定する民主的な権限を与えられたことがないことを、決して忘れてはならない。それ自体、犯罪の共謀を語らねばならないでしょう。そうなっていない理由は、彼らのお金の痕跡を辿れば見えてくるでしょう。