Wirklich ein "Hack"? Studie über Creutzfeldt-Jakob-Krankheit nach Impfung gelöscht (report24.news)
本当に「ハック」なのか?ワクチン接種後に削除されたクロイツフェルト・ヤコブ病に関する研究
スクリーンショット_(1251)[1]

ワクチン接種に疑問を投げかける研究は消え去ってしまう傾向があります。例えば、ワクチン未接種の人がCovidで重症化することははほとんどないと証明した研究などです。ワクチンの副作用に関する研究も、歓迎されるにはほど遠い状況です。ワクチン接種がクロイツフェルト・ヤコブ病の引き金になる可能性は、すでに個々の事例で指摘されています。ある研究では、そのメカニズムを解明した結果、不思議なことにリサーチゲートの研究ポータルサイトから消えてしまったのです。
新しい研究報告:ワクチン未接種者はCOVID重傷者にはほぼならない : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

ピーター・F・メイヤー博士によるゲスト解説は、tkp.at に初めて掲載されました

現在使用されているCovidワクチンのすべての亜種は、クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)を引き起こす可能性があり、実際に引き起こしています。SARS-CoV-2の亜種も武漢のオリジナルから始まり、デルタに至るまでそうです。オミクロンでは、この部分、つまりCJDの起点となるプリオン領域が存在しなくなるのです。

これは、クレア・モレ・シャルマン、リュック・モンタニエ、ジャン・クロード・ペレスの研究神経変性クロイツフェルト・ヤコブ病の新しい形態の出現に向けて:COVID-19「ワクチン」接種の数日後に26例のCJDが申告されたで明らかになったものです。この研究は、5月4日にリサーチゲート(ResearchGate)に掲載されました。最後にウェイバック ウェブ アーカイブで見つかったのは、2022年10月6日 20時31分57秒でした。

ここにこの最新版へのリンクがありますそして、こちらがダウンロードです。 (PDF)  神経変性クロイツフェルト - ヤコブ病の新しい形態の出現に向けてCOVID-19「ワクチン」接種の数日後に26例のCJDが宣言されました

6月13日と14日に突然見つからなくなった。301エラーが発生し、リサーチゲートの一般的な目次へリダイレクトされました。また、2022年4.5.から10.6.まで有効のリンクをクリックすると、そこに行くことができます。また、この研究についての記事でこのリンクを使用しました。

Bingで研究を検索すると、PDFへのリンクも見つかります。

著者のジャン・クロード・ペレスのページまで:

また、どちらのリンクもどこにもつながらなかった。リサーチゲートのプレス部門に、この研究、PDF、ジャン・クロード・ペレスがどこに消えたか問い合わせたが、回答はなかった。

クロイツフェルト・ヤコブの話題になると過敏に反応する

この研究の記事をTwitterに投稿していました。これによって、私はTwitterを永久に禁止されましたスティーブ・カーシュも同じ運命を辿りました生後6ヶ月の小さな子供にも注射されるワクチンと、この恐ろしい病気が結びつけられると、Twitterは過敏に反応するらしい。

そこで、リサーチゲート社に圧力をかけて、この研究に関連するものをすべて削除させたのではないかという疑惑が生じた。通常のように「撤回」と表記されることはなく、根本的に削除されていた。おそらく、CJDによって脳が破壊されたという報告は、血栓症、心臓病、肝炎、死亡、その他何百もの副作用の報告以上に、人々のワクチン接種への意欲を損なうと懸念したのではないのだろうか?

Screenshot-2022-06-20-at-14
スクリーンショット (ソース)

この研究から、CFKの起点となるこのプリオン領域は、武漢変種からデルタまで、したがってすべてのCovidワクチンにも含まれているが、前駆ウイルスBatRaTG13にはなく、オミクロンからはもはやないことが明らかになった。

もう一つの爆発的な特徴は、著者の一人が、2月に亡くなり、SARS-CoV-2の実験室起源説で世間を騒がせたノーベル賞受賞者のリュック・モンタニエ氏だということである。

最近、ネイチャーは、「害を及ぼす」可能性のあるもの、「ヘイトスピーチ」にあたるものをすべて検閲することを発表しました。ですから、例えばある論文が研究を捏造していたとして、誰かが不快に思うかもしれないとしたら、その論文はもう発表されません。基本的に企業、特にビッグファーマに損害を与える可能性があるということだけは、語られないままです。

前回の記事の下に、次のようなコメントがありました:

「私のガールフレンドは、2回目の注射から1週間後、重病になりました。彼女はその1ヵ月後に亡くなりました。診断名:クロイツフェルト・ヤコブ。恐ろしい」

この話題や研究に関するレポートは、ScienceFilesにも言及しているSteve Kirsch、またはChildrens Health Defenseで見つけることができます。

「ようやく1週間ぶりにオンラインに戻りました。ハッキング」?

研究の筆頭執筆者は「ハッキング」を想定しています。一方、研究の新しいバージョンは最初の文に「再投稿されたプレプリントはRESEARCHGATEで132 000回読まれた後に撤回された」という注記を付けてオンラインに掲載されています。

安全性を確保するため、最新版のPDFを掲載します。
 ResearchgateV3CJDPerezMoretMontagnierRIP2022REFERENCEARTICLE

一見したところ、見出しと著者の順番以外は大きな違いは見られず、リュック・モンタニエが主執筆者として登場するようになったことです。最初の完全削除と、ほぼ1週間後に私の依頼でV3が登場するのは、やや異例の出来事です。

以下は、ハッキングを疑う筆頭著者ジャン・クロード・ペレス氏のTwitterでのコメントです。

スクリーンショット (1252)

私は、科学界で何が起こっているのだろうと思うようになりました。研究者は大きなプレッシャーにさらされ、解雇され、脅迫され、税務署に追われ、あるいはハイデルベルク大学の病理学者ペーター・シルマッハーのように命を狙われるのです。
というのは、検視の結果、ワクチン接種による死亡が多く含まれているとの発言からです。