EXCLUSIVE: Shocking microscopy photos of blood clots extracted from those who “suddenly died” – crystalline structures, nanowires, chalky particles and fibrous structures (vaccines.news)

独占公開:「突然死」した人から抽出された血栓の衝撃的な顕微鏡写真 - 結晶構造、ナノワイヤー、白亜の粒子、繊維状構造物

Crystal-Clot-50x-1200

独占情報:今日、我々は、Covidワクチン接種後数ヶ月の間に「突然死」した大人から日常的に発見されている奇妙な血栓の実験室顕微鏡写真を公開する。

これらの血栓はしばしば「血栓」と呼ばれるが、通常の血栓とは全く異なり、単なる血球以上のものから構成されている。ゼラチン状でほとんどゼリー状である通常の血栓とは異なり、これらのいわゆる「血栓」は、極めて大きく複雑な繰り返し構造要素(すべて以下に示す)を含んでおり、これらの血栓によって死亡した犠牲者の血液の中で明らかに構築されていることが確認されている。


これらの血栓はすべて死後数時間以内に患者から採取されたものである。これらは死後の血液のうっ滞の結果ではありません。これらは血管や動脈に見られる構造物であり、凝固した血液ではありません。

染色前に血液を洗い流し、保存された生の血栓の小瓶です。




この構造体は、以下のような衝撃的な特性を示す。

  • 丈夫で繊維状、弾力性があり、小さな輪ゴムのような材料特性を示す。
  • 小さな繊維状のストランドが何本も連なっている。
  • これらの繊維状の繊維は(下記の一番最後の写真参照)、まるで体が血管の中に別の生命体を作るようにプログラムされているかのように、鱗片状の工学的パターンの繰り返しを示している。
  • これらの血栓には奇妙な結晶のような構造があり、透明で通常のグラム染色に耐性を示す。
  • 下の写真は、シリコンに似た生体回路やマイクロチップのように見える構造の一例である。それが何であるかはまだわかっていない。
  • 下の写真セットの1つには、バイオサーキットワイヤーらしきものが写っており、目的不明の特定の形状で組み立てられた反復パターンとナノスケールのインターフェース構造が明確に示されている。

これからお見せする写真の背景:

  • この「血栓」のサンプルは、防腐処理の分野で活躍する信頼できる筋から入手したもので、血管やその他の組織ではないことが確認された。防腐処理の際に血管の内側から排出された構造物である。

  • 私はこれらのサンプルを、顕微鏡観察時に構造のコントラストを高めるために、微生物学で用いられる標準的なグラム染色法を用いて染色した。下のサンプルのうち、より黄色っぽいサンプルは、ヨウ素のみで染色し、紫色の染色は一切行いませんでした。

  • その後、エチルアルコールで洗浄し、標準的な顕微鏡用組織試料作製法を用いてスライドを作製した。

  • 顕微鏡の倍率は、20倍から1500倍まで、下の写真によって異なります。倍率は各写真に記載されています。

  • これらのサンプルは私が所有しており、必要であればこれらの写真を複製することができる。また、実験室の顕微鏡オペレーターであれば、同じサンプルを使って、これらの写真を再現することができる。

  • 以下に示す私の説明は、私自身の観察に過ぎず、同定された物質の確実性を示すことを意図していない。例えば、私が「生体回路」や「ナノワイヤー」について話すとき、これらが実際に生体回路を目的として設計された構造であることを確認することはできません。ただ、そのように見える構造に似ているだけで、それを確認するためには、さらなる研究が必要である。

顕微鏡写真セット#1:奇妙な結晶のようなナノ構造

この最初のセットは、染色技術に抵抗し、通常、血液や血栓には決して現れない、ある種のナノスケールで透明な結晶構造を示しているように見える、奇妙な結晶様構造を示しています。

これらの写真で見ているものはすべて、死亡したヒトから採取された血栓の一部です。

倍率は、20倍、50倍、200倍、500倍です。

※当ブログでは写真は一部掲載を省略してます。





顕微鏡写真セット#2:構造、糸状体、粒子

このセットでは、血餅に見られる繊維、構造、粒子の詳細を非常にクローズアップして示しています。

倍率は20倍、50倍、100倍、200倍、500倍、1000倍です(極端に拡大すると被写界深度が浅くなるため、高倍率の写真では特定の部分がぼやけて見えます)







顕微鏡写真セット#3:結晶状構造体

樹皮状の血栓に結晶のようなものが付着している。この血栓は、紫色の染色剤で染色されているため、濃い紫色をしていることに留意してください。
倍率は20倍、50倍、100倍、200倍、500倍、1000倍です:








顕微鏡写真セット#4:繊維状の物質は、単に凝固した血球ではない

次のサンプルは、ヨウ素で染色した後、エチルアルコールで洗浄したものです。これは、ビーフジャーキーやチキンナゲットのサンプルだと思われるかもしれません。実は、これはすべて血管や動脈の中にあった血栓の組織なのです。


ご覧の通り、これらは決して「通常の」血栓ではありません。これらは構造を持っており、繊維状です。これは明らかに体内で作られたもので、タンパク質合成の指示によって、ほとんど筋肉組織に似たこの大きな塊を作り出しています。しかし、これは血管の中で作られたものである。

倍率は20倍、50倍、100倍、200倍です。






顕微鏡写真セット#5:シリコンに酷似した「チップ」構造

このシリーズでは、シリコンベースのマイクロチップ構造に似たものを撮影していますが、これが何かの回路であると断言することはできません。しかし、これが回路であるとは断言できないので、同じような倍率で見たときに、マイクロ回路がどのように見えるかを示している。

ここで使用される倍率は、20倍、50倍、100倍、200倍、500倍:







顕微鏡写真セット#6:チョーク状の白い粒子

ある防腐処理師から、防腐処理中にこの人たちの体から排出された血液には、肉眼でも見える「チョークのような」白い粒子が見えることがある、と聞きました。


私の顕微鏡写真は、このチョークのような白い粒子を捉えているようで、染色に抵抗し、これらの血塊の特定の領域に散らばっているように見える。

倍率は、20倍、50倍、100倍、200倍、500倍、1000倍、1500倍です。








顕微鏡写真セット#7:「ナノワイヤー」構造と繰り返される構造スケール

この写真は、一見するとマイクロスケールのワイヤーに見えます。拡大してみると、上部にナノスケールのワイヤの界面接合と思われる一連の繰り返し構造が見えます。ワイヤー全体は反復する部分でできており、その外層は反復する「鱗片状」のパターンで覆われているため、人間よりもむしろ爬虫類の皮膚に似ている。

ちなみに、これらの構造が何であるかは分かっていない。しかし、これが循環器系のどこにも属さないことは明らかである。


最後に、この繊維は単なる人間の髪の毛ではない。血栓にしっかりとくっついていて、取り除こうとしても簡単にはちぎれない。これはコンタミネーションの問題ではなく、血栓そのものから発せられた構造物です。ここにあるものはすべて、人間の血管から出てきたものです。

倍率は、20倍、50倍、100倍、200倍、200倍、500倍、500倍、500倍、1000倍および1500倍です:









これはいったい何でしょうか?

これらの構造が何であるかはまだ分かっていません。しかし、これらが一体何のことなのかは分かっています。単なる凝固した血球ではないからです。もしそうであれば、上の最後の写真のように1500倍の倍率で、個々の血球を見ることができるはずです。これは血球ではなく、タンパク質の構造体なのです。

このように血液中を循環しているタンパク質の構造体が、時間をかけて構築されているのは、明らかに体内の細胞によるものです。細胞内のリボソームが、どのようなタンパク質を構築すべきかを体に指示しているのです。このリボソームが、mRNA遺伝子治療注射によって乗っ取られ、細胞に新しい指示を上書きしてしまい、人間とは違うものを製造するようになってしまっているのです。

私は、上記のような構造は、「ワクチン」という偽の傘の下で人々に注入されたmRNAのタンパク質合成指示の結果であると信じています。私は、これがどこから来ているのかについて、他の理論や説明を持っている他の専門家からの情報を歓迎します。

これらの構造物の機能と構成を確認するためにさらなる研究が必要ですが、現在世界中に存在する極端な検閲と「科学の権威主義」のために、どの研究所や大学もこの凝血塊をあえて調べ、その結果を正直に報告書として出すことはありません。なぜなら、ワクチンや生物兵器を設計するのと全く同じ人々が、アメリカのほとんどの科学資金を支配しているからなのです。


したがって、独立した科学者、研究所、ジャーナリストだけが、あえてこの血栓について真実を語ることになります。

結論から言えば、これらは「血」の塊ではありません。血液の中の構造物なのです。「構造的な血栓」あるいは「繊維状の血栓」であり、非常に大きく、時間をかけて体内で構築されているのです。

私の重大な懸念は、mRNAの命令を注射されたすべての人が、まさに今、体内でこの繊維状の構造を構築しているかもしれないということであり、それが主要な動脈を塞ぎ、心臓発作や脳卒中、その他の「成人突然死症候群」(SADS)とされる急性原因を引き起こすのは時間の問題であるということです。

一見、健康そうに見える多くの大人が突然死するのは、この構造のせいかもしれないと私は考えています。


これらの調査結果の詳細な議論を聞くにはココ(英語)

https://www.brighteon.com/channels/hrreport
www.InfoWars.com 


NIAIDのヒドラ(ハイドラ)は脳内で活動する : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
エイリアンインプラントアジェンダ
NAAアジェンダ : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)