WATCH: Nokia CEO Reveals Scary Plans For Smart Technology To Be Implanted Into People’s Bodies By 2030 – enVolve (en-volve.com)
ノキアCEOが2030年までにスマートテクノロジーを人々の体に埋め込む恐ろしい計画を明らかに
transhumanism-678x381.jpg.optimal

ノキアのCEOでWEFの貢献者であるペッカ・ランドマークは、2030年までにスマートフォン技術が人体に埋め込まれるようになると考えている。

ランドマーク氏は、今年ダボスで開催された世界経済フォーラムの年次会議のパネルディスカッションで、2030年までに6Gが利用可能になると考えているが、スマートフォンが最も「一般的なインターフェース」になることはないだろう、と述べた。

彼は、私たちの体に組み込まれるため、スマートフォンからアクセスできるようになるとは考えていません。

「間違いなくそうなりますよ。先ほど6Gの話をしましたが、(実現するのは)2030年頃です。その頃には、間違いなく、現在私たちが知っているようなスマートフォンは、最も一般的なインターフェイスではなくなっていると思います」ランドマークは、「これらのものの多くは、私たちの体に直接組み込まれるようになるでしょう」と付け加えました。



ランドマークは具体的に何を指しているのかは明らかにしなかったが、イーロン・マスクのニューラリンクのように、脳に埋め込んで機械や他の人とのコミュニケーションに利用できる電子デバイスの製造に取り組んでいる企業もある。もっと基本的なレベルでは、スウェーデンで見られるように、マイクロチップを人の指に埋め込んで、物のロックを解除するのに使うこともできます。

アクティビスト・ポストが伝えている。トランスヒューマンな身体増強のほかに、仮想現実や拡張現実を促進するためのウェアラブルデバイスの開発も、WEFが期待を寄せるイノベーションのひとつです。

カウンターシグナルが以前報じたように、世界経済フォーラムはマーク・ザッカーバーグのメタバースにおいて重要な指導的役割を担っています。

「テクノロジーの進歩は、ほとんどの分野に浸透し、管理面やサービス提供面で変貌を遂げました。しかし、教育を破壊するためには、さらなる技術の進歩が必要です。これらの進歩が教育システムに浸透することは、ますます必須となっている」と世界経済フォーラムの記事は報じています。

さらに、VRやメタバースが従来の教室に取って代わることを期待していると述べています。ただし、この場合、学生が対面での体験から孤立してしまう危険性があることを指摘しています。

「VRは、適切に監視され、ガイド付きのプログラムで導入されなければ、人間同士の交流をやや制限し、若い世代に孤立をもたらす可能性があります」とWEFは書いている。

WEFのメンバーは、VR以外にも、拡張現実の可能性、特に6Gを使用して作成できるホログラムの可能性に期待していると述べています。


ランドマークに語ったGoogleのCFOルース・ポラット氏は、「拡張現実の大きな利点の1つは、実際にこの地球上の問題を解決することだと考えています」と付け加えました。

「例えば、メガネをかけていて、メガネで話しながら翻訳できるようなものになるでしょう」と、この技術のリリースが「非常に近い」ことを付け加えた。

「ホログラム」とランドマークは口を挟んだ。

「6Gの時代には、ホログラムは非常に高いクオリティになるでしょう。5Gベースのデモンストレーションはすでに見てきました。それはすでに機能していますが、次世代の技術では、現実には世界のさまざまな場所に座って、この会議を行うことができるのです」と語った。

※アイフォンヒューマンが最後の販売ですかね?
その前にボーダフォンの話によると新規6G導入時にはまた「パンデミック」が起きそうですな....
ボーダフォン元幹部がCOVID・5G・デジタル通貨を説明 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
ワクチン済の人たちの生体ネットワークの未来ですかね
米国特許10163055B2:ワクチン接種者の今後 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)