https://www.whatdoesitmean.com/index3937.htm
6月3日:ソルチャファール
バイデンの死は、ロシアの直接的な脅迫の後、数週間後になるかもしれない

本日クレムリンで回覧された新しい安全保障理事会(SC)報告書は、まずメドベージェフ安全保障理事会副議長が、ロシアが核兵器を使用せざるを得ない状況について「誰も忘れてはならない」と西側植民地に警告し、次のように述べたことに深い懸念を示している。「また、核兵器は歴史上すでに使用されている」、交渉拒否のウクライナに対応して、彼は評価した。「その結果はどうなるのでしょう? それらは明らかだ...遺憾ながら、より多くの犠牲者と被害が出るだろうし、最終的には、今起きていることの結果として、ウクライナはより多くの領土を失うかもしれない...結局、交渉拒否は、本質的に、一つのこと、すなわち国家主権の喪失につながるだろう」そして、ウクライナが米国から受け取った武器を使用してロシアの領土を攻撃する場合は、「もしその種の武器をロシアの領土に対して使用するなら、わが国の軍隊には意思決定センターを叩く以外の選択肢しかないだろう」という直接的かつ悲惨な脅迫を発したのである。 国防省、参謀本部などである。しかし、この場合、最終的な意思決定機関は、残念ながらキエフの領土にさえないことを理解しておく必要がある。

この記録の最高レベルの機密事項である「
特に重要」の項では、最高社会主義指導者ジョー・バイデンが、ロシア軍が「攻撃する以外に選択肢がない」という「キエフの領土ではない意思決定者」であると明確に指定されている-この高度な機密事項のごく一部に、各省の間で公に議論することが許可されているので注目することが最も重要である。安保理メンバーが、西側の防衛システムでは阻止できない極超音速ミサイル3M22ジルコンの能力について議論している。次に、セルゲイ・ラブロフ外相とサウジアラビア高官の間で行われたばかりの秘密会談について安保理メンバーが幅広く議論しているが、最も不吉なことがある。安保理メンバーが、今月末に社会党指導者バイデンがサウジアラビアを訪問し、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子と会談することに注目し、集中的に議論していることである。彼は、ワシントンポスト紙のコラムニスト、ジャマル・カショギを殺害したサウジアラビアを「亡国」とする選挙公約を破棄した。

ロシアは、社会党党首バイデンが第三次世界大戦を引き起こす前に、おそらくサウジアラビアの支援や知識を得て、「意思決定者」を攻撃するつもりだという仮説を裏付けるために、ロシア連邦の「エスカレートからデエスカレートへ」の核ドクトリンによると、「敵対する指導者」を排除することは許されていることに注目する必要があるだろう。2021年7月2日にプーチン大統領によって署名された新しい国家安全保障文書「ロシア連邦の国家安全保障戦略について」によると、核交換の発生を阻止するためなら「敵対する指導者」を排除することも許される。「7月2日にプーチン大統領が署名した44ページに及ぶロシアの新しい国家安全保障戦略は、注目に値する文書である。「ロシアの伝統的な精神的、道徳的、文化的、歴史的価値は、米国とその同盟国、多国籍企業、外国の非営利非政府組織、宗教、過激派、テロ組織から積極的に攻撃を受けている...情報・心理的妨害と文化の「西洋化」は、ロシア連邦が文化主権を失うという脅威を増大させている」と宣言しているのである。

左派のワシントン・ポストが社会党のバイデン党首に「クレムリンの雰囲気は、どんな代償を払おうとも我々は負けることはできない」と警告した後、この警告に対してバイデンは、ロシアの原油価格を下げた後に購入するつもりだと狂人のように反応した、とこの報道で知った。「西側諸国は、米国の指導者が信じているようなこととは逆に、安価なロシアの原油を購入することはできないだろう」、そして、このバイデンの狂気を見ている欧州連合の指導者たちにこう言ったのである。「モスクワは、18世紀初頭にピョートル大帝が切り開いたヨーロッパへの窓を閉ざすことはないだろう」

さらにこの報告書は、ニコライ・パトルシェフ安全保障理事会書記がEUの首脳に語りかけたと続けている。「ロシアはウクライナでの軍事作戦の期限を急いでいるわけではない」、そして警告を発した。「世界は徐々に前例のない食糧危機に陥っている...アフリカや中東の何千万人もの人々が飢餓の危機に瀕していることが判明するだろう-西洋のせいで...生き残るために、彼らはヨーロッパに逃げるだろう...私はヨーロッパがこの危機を生き残れるとは思わない」-この警告に、ブラジル大統領候補ルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルヴァが、社会党リーダーのバイデンを非難して、怒りの声明で加わった。「アフリカの飢餓に苦しむ人々に1ドルも寄付する演説をしたことがないバイデンが、ウクライナの武器購入を支援するために400億ドルを発表する...ありえない!」正当で事実に基づいた怒りの発言に続いて、プーチン大統領経済顧問のマクシム・オレシキンが正直に明かす。「食糧価格の高騰によって迫り来る世界的な食糧危機は、ワシントンとブリュッセルの一連の政策ミスによって引き起こされた...ロシアの軍事作戦がウクライナで始まるずっと前から食糧価格は上昇していた。」

ロシアがウクライナ解放のための「特別脱ナチス作戦」をめぐって課された西側の植民地制裁にもかかわらず、石油の生産と輸出を増やし続けているので、この報告書は詳細を明らかにしているが、今日は「制裁失敗とロシアの前進とともに、西側メディアはウクライナに関する調子を変える」という記事が目に付いた。「西側諸国は、ウクライナ紛争がキエフにとってうまくいっていると、あらゆる観察可能な現実に反して主張し続けているが、主要メディアは、経済面での状況にますます不安を感じている...ますます多くの観察者が、米国とその同盟国が課す禁輸措置が、当初の意図通りロシア経済を潰しているのではなく、自分たちの経済を潰していると認めている」-中国国営メディアの発表記事「ロシアに対する制裁は現実的利益を損なうとして欧米の結束は不安定」に、こう書いてある。「あるオブザーバーが指摘したように、バイデンは西側諸国の結束の重要性について話すのを止めることができない...しかし、結束は美徳ではないかもしれない、それは一緒に愚かなままかもしれない...。 ヨーロッパ人は、アメリカの会社をゲームに参加させるために自らを傷つけるような愚か者ではない。一部の西側諸国の利益が損なわれると、不安定な結束は崩壊し始める」そして、「世界経済秩序におけるロシアの支配は、西洋が考えていたよりも重要であると判明した」と題する公開書簡を発表したばかりだが、今日はクレムリンのトップ地政学アドバイザー、フョードル・ルキャノフが観察し次のように述べている。

欧米の対ロシア制裁は、これまでのグローバリゼーションの終焉を加速させ、新しい経済秩序が待っている。

20世紀末以降、ユーラシア大陸の資源は、その多くがロシアに存在し、あるいはロシアの輸送・物流能力に依存しており、世界の主要プレーヤーにとって重要な発展の柱となってきた。


モスクワ自身がこの役割をいかに巧みに、また先見性を持ってマネージしてきたかは別問題である。


しかし、ヨーロッパとの「離婚」、アジアとの「結婚」の可能性があるとしても、この役割は重要であり続けるだろう。

しかし、ユーラシア大陸の政治的バランスの変化は、世界秩序全体に影響を及ぼすものであり、最近までその恩恵に浴していた人々に有利なものではなくなるだろう。

この点で、欧米の指導者がこのプロセスを後押しし続けるのか、あるいは近い将来起こりうる政治的変化によって、異なる視点から物事を見る勢力が出現するのか、最も興味深いところである。

昨日のルクセンブルク議会での演説で、ウクライナのヴォロディミール・ゼレンスキー大統領は、ロシアがウクライナの領土の約20%を支配し、前線が600マイル以上続いていることを明らかにし、ウクライナ東部で毎日100人が死亡していることを強調した、とこの報告書は述べている。また、昨日、ウクライナは金利を2倍以上の25%に引き上げ、2桁のインフレを食い止め、特別作戦開始以来暴落している自国通貨を守ろうとした。これらのことから、なぜ今このような報告がなされているのかがわかるだろう。「ドンバスでの軍事的敗北と国内の他の地域での経済危機の中で、ウクライナ人は結束を失っているように見える。ロシア軍がキエフに接近したときに生じた愛国心の高まりは、5月の最後の数日間で、もう尽きたように見える。それとともに、すべての政治団体が、
ヴォロディミール・ゼレンスキー大統領に対して闘うのではなく、ウクライナ軍の後ろに結集していた国民的合意も消滅したように見える... 今や、西側の支援を受けるリーダーは大きな問題を抱えつつあるようだ。

ゼレンスキー大統領が自国民と「大問題」になっている理由をさらに示し、この報告書は結論付けている。国防省(MoD)は今日、ウクライナのネオナチ勢力が、死の恐怖の中でウクライナ軍の正規部隊をセベロドネツクに強制帰還させていると明らかにし、英国の援助でウクライナが西側兵器の有効性を示すためにフェイクビデオを作っていると、こう述べている。「模擬衝突でウクライナのネオナチの敵役を演じたのは、赤い帯をつけた地元の領土防衛部隊だった。画面では、模擬敵軍はウクライナの装甲車に乗っているが、捕獲したロシアのものは利用できなかったからだ」-今日ウクライナに殺到した西側兵器に実際に何が起こっているかについては、インターポールが世界の闇市場で終わる可能性が高いと警告しており、その他発行したばかりの防衛省の緊急戦争速報で、最も注目すべきものは次のとおりであったと見ている。


※以下戦果は省略

FSop4MgWAAAdnkH

Ιστορικό "ΟΧΙ" Ινδίας σε ΗΠΑ-ΕΕ για Ρωσία-Κίνα: "Τα δικά σας προβλήματα δεν είναι και δικά μου- Ξεχάστε τη νοοτροπία αυτή"- Bίντεο με δηλώσεις - WarNews247

インドが米国・EUに対して歴史的な「NO」を突き付ける
「あなたたちの問題は私の問題ではない - その考え方は忘れてください」:世界はヨーロッパ中心であってはならない


インドのジャイシャンカール外相は、重大な地政学的意味を持つ「NO」を突きつけた。彼は、対ロシア戦争において米国とEUに加わることを拒否し、将来的には対中国戦争にも加わることを拒否したからである。
スクリーンショット (1201)

スロバキアのブラティスラバで開催されたGlobesec 22 Forumで、インド外務大臣は、ジャーナリスト、ひいては米国・EU・欧米に対して冷酷なまでに批判的だった。

彼は世界の大国として発言した。なぜロシアに対抗するのか?最近、インドのナレンドラ・モディ首相は、インドとロシアが通貨スワップを行い、両者間の貿易資金をルーブルとルピーで調達できるようにし、米国によるロシアへの制裁を回避すると発表しました。

石油や武器は、アメリカの制裁にもかかわらず、すべて正常に進んでいます。

しかし、インド外相の態度からは、太平洋情勢がさらに緊迫すれば、インドはQUAD同盟から離脱することがうかがえる。北京に対してこれ以上関与することはない。


「ヨーロッパは発想の転換を」

インド外相は「ヨーロッパの問題は世界の問題ではない」と発言した後、インドはEUの対ロシア制裁命令を無視すると述べた。

ジャイシャンカール外相は、欧州諸国に対し、欧州の問題は世界の問題であり、世界の問題は欧州の問題ではない、という考え方から脱却するよう要請した。

米国と中国が主導する将来の二極世界において、インドはどちら側につくのかという質問に対して、ジャイシャンカールは次のように答えている。

「世界はかつてのようにヨーロッパ中心であってはならない。いいですか、私はあなたの意見に賛成できないから未定だとは思いません。」


「欧州の問題は私の問題ではない」

ウォール街で最も著名な地政学アナリストの一人が、こんな質問を寄せてくれた。そして、その問いはシンプルです。

もし、その時が来たら、今日でもなく、明日でもなく、将来のある時点で、彼は必ず起こると信じているが、インドは米国と中国のどちらを支持するのだろうか?


これは、今、私たちが直面しているロシアとの関係と同じような決定的な瞬間となるでしょう。

回答 「なぜ邪魔をしようと思ったかわかりますか?前の発言に対しての返答です。

ヨーロッパの問題が世界の問題であるという考え方から、ある時点で脱却しなければなりません。

あなたにとっての問題ならあなたの問題、私にとっての問題なら私の問題です。


中国とインド、そしてウクライナで起きていることの間には、今日、つながりがあるのです。

ウクライナで何かが起こるずっと前に、中国とインドで起こったことです。


記者に遮られる。大臣、必ず2つの軸があるはずです。欧米があり、中国がある。その中で、インドはどのような位置づけにあるのでしょうか。

「これはあなたが作ったものです」

「これは、あなたが私に押し付けようとしている構図であり、私はそれを受け入れない。この軸に参加する必要があるかどうか、参加しないなら他の人と一緒でなければならないと考えているのでしょう、私はそれを受け入れないのです。」

「インドは世界の人口の5分の1を占め、世界でも5、6番目の経済規模を誇る国です。

私は、自分自身の立場を持つ権利があり、自分自身の利益を量り、自分自身の選択をする権利があり、私の選択は冷笑的で取引的なものにはならないだろうと思います。しかし、それらは私の価値観と利益のバランスをとるものです」
、とインド外務大臣は述べ、自国の利益に無関心な国は世界に存在しないと付け加えた。


※NWOもまとまりませんな.....