Bolsonaro: Brasilien wird WHO-Pandemieabkommen niemals unterzeichnen (report24.news)
ボルソナロ:ブラジルはWHOのパンデミック協定に絶対に署名しない
スクリーンショット (1193)

物議を醸すWHOパンデミック協定は、ビル・ゲイツとビッグファーマに買収された世界的組織に「パンデミック時」における包括的権利を与えるもので、ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領は激しく反対している。また、WHOからの脱退も示唆している。

ブラジルの保守派大統領ジャイル・ボルソナロは、この2年間、WHOが要求する悲惨なロックダウン政策を支持しないことで、しばしば批判の矢面に立たされてきた。今日も、イデオロギーに基づく対ロ制裁よりも自国の幸福を優先し、制裁に参加せず、欧米の政治家たちをこき下ろしている。しかし、それだけではありません。現在、彼は世界のエリートや、ビル・ゲイツや大手製薬会社の道具と見なされている世界保健機関(WHO)にも挑戦しているのです。

「ブラジルは(WHOパンデミック協定に)参加しない。ブラジルは自律している。」とボルソナロは宣言した。「すでに外交閣僚と話をしたが、もしこの提案が承認されるなら、それはブラジルによるものではないだろう。」と続け、パンデミック条約を理由にブラジルがWHOを脱退する可能性をほのめかした。この条約は、個々の国家の憲法を損なうという批判が多いからである。

そして、ボルソナロは、同国で規制を求める世界的な圧力に直面しながらも、市民の自由を維持することを改めて約束したのである。また「私は唯一、封鎖の方針に固執しない政治家でした。私は、高齢者や合併症のある人々を大切にしなければならないと言いましたが、今日、ブラジル以外の研究によって、私が正しかったことが示されました。」そして、「ブラジルで最もロックダウンしているのはどの州だと思うか?」とロックダウン政策を鋭く批判した。 一人当たりの死亡者数が最も多かったのはどの州か?サンパウロです。 それは、私が正しかったという証しです。」



すでに多くの国がWHOパンデミック条約に署名する意向を示しているが、世界ではこの条約に注目し、反対する政治家が増えている。これらの政治家には、最初に警鐘を鳴らしたEUのクリスティン・アンダーソン議員や、パンデミック条約が国家の健康主権に壊滅的な影響を与えることを断固として主張しているカナダのレスリン・ルイス議員などがいる。

EU議会  クリスティン・アンダーソンは危険なWHOパンデミック条約について警告している...これが通過すれば、WHOは全ての参加国のパンデミック対策を無効にし管理する権限を持つ...では反乱以外に我々を救うものはない......


「190カ国が集まって条約の枠組みを作り、合意に向けた作業を行い、すでに12月と3月の2回開催されたとき、これは理論ではなく、事実です。そして、これは実際に起こっていることなのです。WHOは世界的なパンデミック条約を提案しているが、それではいつ国境を閉鎖するか、どのような防護具を使うかなど、主権国家が決定する能力が制限されてしまう」とルイスは、ここでルイスを批判していたCBCの司会者ヴァッシー・カプロス氏に語った。

私は、国際機関がわが国の主権を侵害しようとするときには、これまでも、そしてこれからも、警鐘を鳴らし続けます。WHOがパンデミックにどう対応すべきかをカナダに指示する必要はない。私たち自身のパンデミック対応計画が必要なのです。あなたはそう思いませんか?


「それが書いてある文章や文書を挙げられますか」と司会者が尋ねると、WHOが2024年までに条約を実施する計画について自身のウェブサイトで報告していることを知らなかったのかもしれない。弁護士のルイスは、「世界パンデミック条約と明言している」と答えた。私たちは、何に署名し、何に同意を与えるかについて警戒しなければなりません」と述べました。

一方、欧州委員会はすでに、欧州連合の民主主義を維持することに何の関心もなく、この物議を醸すパンデミック協定に賛成していることを確認している。ボルソナロ大統領が国民のために立ち上がっている一方で、欧州の政治家は明らかに別のことを優先しているからである。