Vaccinated Humans are Legally Patented State-Owned properties no longer subject to Human Rights – Europe Renaissance
スクリーンショット (1190)

米国連邦最高裁の判決の出典
12-398 Association for Molecular Pathology v. Myriad Genetics, Inc. (06/13/2013) (wordpress.com)
米国以外の国で、どのように適用されるかを追跡するため。
12-398 Association for Molecular Pathology v. Myriad Genetics, Inc. (06/13/2013) (supremecourt.gov)
ワクチン接種された人間は特許取得可能であり、人間でもなく人権もない赤ん坊を繁殖させている...これらの問題について、誰か真剣に考えているのだろうか!!

londonolympicsclosingceremonycovidbaby
Screenshot-2022-05-31-155117

1.ワクチン接種された人間は合法的な特許品 国有財産はもはや人権の対象ではない 。 米国で、最高裁判所が、世界中のワクチン接種された人々は製品であり、もはや特許品であるという判決を下した。検証可能な米国の法律によれば、ワクチン接種を受けた人々はもはや人間として適格ではなく、したがって、もはや人間に分類されることはない。要するに、ワクチン接種を受けた人は、もはや国内法にも国際法にも服さないということです。
修正DNAまたはRNAワクチン接種、mRNAワクチン接種を通じて国際的な意味を持つ法律では、ワクチン接種を受けた人は人間でなくなり、修正GENワクチン接種特許の法的所有者および保有者となる。
2. すなわち、ワクチンを接種した2人の人間が交配し、子供を妊娠したとしよう...彼らは特許を持つ種であるので、彼らが生み出すものもまた特許を持つことができる。
3.  ワクチン接種を受けていない男性がワクチン接種を受けた女性と交尾し、その女性が妊娠したとしよう。人工生命体と交尾したのだから、その父親はまだ何の権利も持たないかもしれないし、その子供は完全に人間ではない。
4. ワクチン接種を受けた男性とワクチン接種を受けていない女性が交尾した場合、彼女は人工生命体との交尾を選択したことになるので、その子どもは特許法の適用を受けることになる。
5.  基本的に、特許法と人権は、ここで衝突している。 人間は、この勇敢で愚かな新世界に、その結果を十分に検討することなく、あるいはワクチンの成分さえも検討することなく、足を踏み入れることを選択したのである。
6.  ワクチン接種者の子孫は、基本的に法律で人工生命体とみなされる。さて、考えてもみなかったことを考えたい...。
機械に人権はない
人工生命体には人権がない
それは確立されていない
7. 実際、彼らには法的な権利がありません 投票する権利、きれいな水のための権利、 結婚する権利、敬意を持って扱われる権利、 機械を扱うのと同じように扱われる権利。 私は、何が合法で何が合法でないかを話しているのです。
8. 
交配ゲームは永遠に変わってしまったので、人々はもっと注意する必要があるようです。 人は一晩の楽しみで、猿とエイリアンと人間のハイブリッドを繁殖させることになるかもしれない。
もし、あなたが実験的な遺伝子技術を自分に注入すると決めたなら、これは警告だと考えてください。たぶん、あなたは自分の人間性を賭けることになるとは知らなかったでしょう。でも、今あなたはそれを知り、今、国民は自分の心を探さなければなりません。裁判所は、誰が人間で、誰が人間でないかをすでに決めています。 ここから先は、目を覚まし、この狂気を止め、二度と起こらないようにすることだけです。 それまでは人造人間が繁殖し......純血種が補うことを期待している......無限に続く健康問題を。
Vaccinated Humans Are Patentable And Breeding… Has Anyone Really Thought About These Shocking Implications!! - O.N.E. News - Galactic News Service (ournewearthnews.com)

※信じるか信じないかはあなた次第です....