速報:武漢の研究所がサル痘の機能獲得に関する研究を行った

WuhanMonkeypox-Header_large

Hal Turner Radio Show - BREAKING NEWS: Wuhan Lab Did Gain of Function Research on . . . Monkeypox


コロナウイルスの機能獲得研究を行い、Covid-19の流行を生み出したとされるバイオラボが、現在世界で流行しているサル痘の研究を行っていたことが明らかになりました。

Virologica Sinicaは、世界中のウイルスに関する最先端の研究を紹介することを目的とした国際的な学術誌です。本誌は、査読付きの原著論文、総説、編集者への手紙を掲載し、ウイルス学の全分野における最新の研究成果を網羅しています。

2022年2月、Virologica Sinicaは、Covid-19のパンデミックがまだ世界中で猛威を振るっていた2021年8月に武漢ウイルス研究所の科学者が行ったサル痘に関する最近の機能研究プロジェクトの成果を発表しました。

武漢ウイルス研究所がサル痘ウイルスゲノムを組み立て、研究者が「伝染性の病原体」を作り出す可能性があると指摘した方法を用いて、PCR検査でウイルスを同定することを可能にしました。

研究は2022年2月に発表されました。(研究へのリンク)

二重選択ベースの形質転換関連組換えを用いたqPCRテンプレートとしてのサルポックスウイルスゲノムの大規模断片の効率的な組み立て - ScienceDirect

スクリーンショット (1171)
要約
形質転換関連組換え(TAR)は、大型DNA構築物を組み立てるために広く使用されている。アセンブリ効率を妨げる重大な障害の1つは、酵母におけるエラーを起こしやすいDNA修復経路の存在であり、これはベクター骨格再環状化または違法な組換え産物をもたらす。TARアセンブリ効率を高めるために、我々は、Pティッカー− URA3カセットは、前述の酵母細菌シャトルベクターpGFに、陽性選択マーカーとしてP HIS3–HIS3カセットを保有する。この新しいカセットは、再環状化ベクターを保有する酵母が5-フルオロオロチン酸の存在下で増殖できないことを保証するためのネガティブセレクションマーカーとして機能します。ura3を担持するpGFCSが酵母ゲノム中の内因性ura3-52と再結合するのを防ぐために、高度に形質転換可能なサッカロマイセス・セレビシエ株VL6-48Bを、ブラストサイジンに対する耐性を付与する導入遺伝子でura3-52の染色体置換によって調製した 。 定量的PCRのための一次検出標的を包含するサルポックスウイルスの55kbゲノム断片を、VL6−48B中のpGFCSを用いてTARによって組み立てた。pGFCS媒介性TARアセンブリは、ベクトル再循環化のゼロ率および79%の平均正しいアセンブリ収率を示し、二重選択戦略がTARアセンブリを最適化するための効率的なアプローチを提供することを示している。

サル痘ウイルス(サルポックス)
Monkeypox Virus - an overview | ScienceDirect Topics


従来のサル痘と違うようなので、また人工生物兵器の可能性もありますな....

ただCOVIDと比べて感染力が弱いんじゃないのか?

またしても恐怖の誇大広告か

でもPCR検査でウイルスが特定できるようにしたというのがミソです。

もしかして今後、このサル痘の偽パンデミックをWHOがパンデミック条約に基づいて宣言したら、まあそういう事です。


オーストリア、サル痘の接触者に対する強制COVIDワクチン接種を命令

Medienbericht: Österreich verfügt Zwangsimpfung bei Affenpocken-Kontakten (report24.news)
そんなアホな....


WHOは10年間のノンストップ感染症を計画しています


The WHO Has Planned For 10 Years Of Nonstop Infectious Diseases (bitchute.com)

「マリオン・クープマンス博士は、エラスムス医療センターのウイルス科学部長であり、オランダのエラスムス大学ロッテルダムの公衆衛生ウイルス学の教授です。彼女は、パンデミック時の戦略に関するWHO科学諮問グループのメンバーです。