トルコVSギリシャなどもそうですが、最近はあちこちで戦争が仕掛けられようとしています。
こちらの戦争も準備が整い次第、近いうちに始めるのでしょうか?
これはホルムズ海峡を封鎖して石油危機を起こさせる陰謀ですか?
ホルムズ海峡の封鎖演習はイランとロシアと中国ですでに実施済みです。

Iσραήλ-ΗΠΑ συμφώνησαν σε επίθεση κατά Ιράν: Η CENTCOM συντονίζει κολοσσιαία άσκηση με ένταξη ΑΙ & εμπλοκή Κύπρου - WarNews247

イスラエルとアメリカはイランを攻撃することで合意:CENTCOMは、AIとキプロスを含む大規模な演習を実施するーイランへの大規模攻撃の模擬実験 
スクリーンショット (1109)


イスラエルと米国がイラン攻撃計画に合意したことで、中東に爆発的な展開が訪れている。アメリカはイスラエルを軍事的に支援し、近年の反対勢力を一掃することになでしょう。

時計の針は今、刻々と進んでいる。イスラエルは、今ここでイランを攻撃することを直接的に話しているのです。

そのため、イスラエル空軍はイランへの大規模な攻撃の演習を行う。今回の演習はこれまでで最大規模となり、すでに始まっている「炎の戦車」演習の一部となります。

イスラエルメディアは、イランに対する模擬攻撃の一部が5月末にキプロスを基点に実施されると報じた。

イスラエル軍がこのような演習に参加するのは、少なくとも5年ぶりのことです。その目的は、イランの核開発計画に対する信頼できる軍事オプションを再開発することだと、イスラエル政府関係者は述べている。

イスラエルのベニー・ガンツ国防相が今日、米国に向かう。木曜日には、まず米国のジェイク・サリバン国家安全保障顧問と、その後ロイド・オースチン首相と会談する予定です。イラン問題が議題となります。

米国:イスラエルと共同でイランを攻撃することに合意


CENTCOMの新ヘッド、マイケル・クリラがイスラエルに到着し、初の公式訪問を行った。今回の訪問では、「イスラエルと米国の作戦協力の継続、地域の安定の維持、地域における共通の作戦上の脅威と課題への対応」に焦点が当てられます。

イスラエルの情報によると

・イランでの共同模擬攻撃演習を調整するため、CENTCOMのチーフがイスラエルに上陸。

・イスラエルの戦闘機数十機が、イランの核施設に対する模擬攻撃に参加する。

・米空軍は、2週間後に始まるイスラエルによるイラン攻撃の模擬実験に参加する予定。

・また、イスラエルIDFと米軍によるイスラエルへの米軍配備のシミュレーションを行う。

・作戦計画では、イランと戦争になった場合、イスラエルとアメリカの防空網が統合されることが決まっている。

イランへの大規模攻撃のシミュレーション 

5月29日から始まる「炎の戦車」演習の第4週(最終週)には、地中海で大規模な航空演習が行われる予定です。

イスラエル空軍の戦闘機数十機が演習に参加し、イランへの飛行経路を模してイスラエルから地中海を西へ数百マイル飛行する予定だと、イスラエル政府関係者は述べている。

イスラエルのメディアは、イスラエルの演習にキプロスが含まれていることを報じた。どうやらイスラエルの戦闘機がキプロスの空軍基地に着陸するようです。

今回明らかになったように、イスラエル軍は1年半前からイランに対する大規模な模擬攻撃演習の準備を始めていた。「炎の戦車」演習は2021年5月に実施予定でした。その後、ガザで不安と衝突が発生したため、延期となっていた。

イスラエル国防軍の全部隊が参加する「炎の戦車」演習は、レバノンのヒズボラ軍やシリアのシーア派民兵との、イスラエル北部国境での戦闘を想定した訓練に重点を置いてきました。

昨年初め、イスラエル国防軍参謀総長のアビブ・コハヴィは、イランを攻撃するための新たな計画の策定を開始するよう軍に命じたと発表した。9月になると、コハビは、テヘランの核開発に対する行動の準備を「大幅に加速した」と述べた。

しかし、イスラエル政府関係者は、まだ初期段階にあるIAFの攻撃計画には、短期間で準備が整うものもあれば、完全に運用できるようになるまでに1年以上かかるものもあると推定している。

さらに、特殊な弾薬や戦術を必要とする、大深度にあるイランの地下施設への攻撃方法を模索する。イスラエル
空軍は、ますます強力になるイランの空軍大砲に対抗しなければならない。

同時に、イスラエルの防空は、イランとその同盟国からの報復が予想される地域にも備える必要がある。

今度の演習では、このような報復行為への準備と対応にも焦点が当てられると思われます。

「炎の戦車」演習における人工知能の統合 

イスラエルのメディアは、軍が人工知能を使って戦時中のターゲットリストを増やしていると報じ、重要な事実が判明した。これは、イスラエルが現在行っている「コロッサル」の練習のことです。

特に、機械学習をはじめとする高度なコンピューティング能力の導入により、イスラエル軍は戦争中であっても常に新しい目標を特定できるようになり、敵の目標リストが400%も増加しました。

IDFは主に戦時中、ミサイル発射場から司令部まで、軍事情報部が特定した標的をあらかじめリストアップし、敵の指導者も含めて作戦を展開します。

2年前に、国のEDターゲットを作ることを任務とする情報部門が設立された。本機は、高度な人工知能システムにより、新たなターゲットを作り出し、最適な攻撃タイミングを提案します。

イスラエル軍、標的リストを400%増加


現在行われている炎の戦車演習では、「情報部隊」は戦場の混乱の中でも、イスラエル軍や他の戦闘部隊にターゲットを継続的に提供します。

新しい「情報部隊」は、電話やテキストメッセージ、監視カメラの映像、衛星画像、膨大な数の各種センサーなどから、軍事情報部が収集する膨大なデータを人工知能を通じて送り込みます。

どの場所に、いつ打てばいいのか、システムが推薦文を抽出し、それを人工知能と人間のオペレーターがダブルチェックします。平時には、戦時目標の膨大なデータベースの作成に取り組んでいる。そして、エスカレーション期には、空軍や他の部隊と密接に連携し、新しいターゲットを供給したり、より具体的な要求に応えたりしています。

イスラエル軍によると、このユニットは昨年の11日間にわたるガザ地区での戦争で初めて使用され、軍事情報局が数十人のイスラム教徒を殺害できただけでなく、民間人の犠牲を少なくすることができたと言います。

人工知能を活用することで、軍は攻撃可能な標的の数を約400%拡大することができました。