Australien: Maskenpflicht nun auch bei Grippe, Aufforderung zur Grippeimpfung (report24.news)
オーストラリア:インフルエンザでもマスク着用が義務化、インフルエンザワクチン接種の要請も
スクリーンショット (1108)

ビクトリア州では、この時期、インフルエンザの数が例年の2倍になっていると言われています。いわゆる「専門家」は、すでに新たなマスク規制を呼びかけています。オーストラリアで一般的に使われているサージカルマスクは、ヨーロッパで一般的に使われているFFP2防塵マスクよりもさらにウイルスの拡散を防ぐ効果が低いものです。さらに、Covid-19とインフルエンザの予防接種を受けるよう求められています。

過去2年間に世界中で起きた非道徳的な行為は、人々の心に長く残ることでしょう。マスクがウイルスの拡散を大幅に防ぎ、病気になったり死んだりする人が少なかったと統計的に証明できる国は、世界中どこにもないのにもかかわらず、政治家たちはそれを気にしません。

前年はインフルエンザ患者がほとんどいなかったため、劇的な変化

ビクトリア州(人口668万人)では、これまでに約5,000人のインフルエンザ感染が記録されていますパニックになるには十分な根拠です。特に卑怯なのは、2021年のインフルエンザ患者数がほぼ「ゼロ」(公式数値110)であったことが指摘されていることです。インフルエンザがCovid-19に代わって世界的に「死滅」した2020年には、まだ4,792人の患者がいたのです。

Covid-19とインフルエンザが組み合わさると、医療システムを圧迫しかねないと警鐘を鳴らしています。これは、2020年代初頭以降、疾病システムが崩壊寸前とされ、世界中でロックダウンや措置がとられたことを彷彿とさせます。記録保存の習慣のある国では、このようなごまかしが非常に多く見られました。例えば、ドイツでは「分割統治」の際に、このようなごまかしが行われました。

医師会が推奨するマスク

オーストラリア医師会ビクトリア州支部長のロデリック・マクレー博士によると、公立病院のシステムは危機的状況にあった。スタッフは無給の残業をすることになります。そのため、同協会では、主要なスポーツイベント、映画館、コンサートホール、レストラン、公共交通機関などで、再びマスクを着用することを推奨しています。主に心理的な理由によるマスク着用義務は、ビクトリア州では4月中旬にようやく解除されたばかりです。

南オーストラリア大学の疫学者・生物統計学者であるエイドリアン・エスターマン教授は、ビクトリア州の人々にCovid-19とインフルエンザの両方のワクチン接種を受けるよう促しました。なぜなら、その病気はまだ人々を殺し続けているからです。マスクがあれば、病院への負担が軽減されます。

どうやら、オーストラリアでも、効果がないことが証明されているものはもっと必要なようです。心理学では、これは病気の兆候と考えられていますが、一方、Covid時代には、どうやら医療政策の先見性の表れであるようです。

※日本でも次の冬にインフルエンザを流行らせるだろうなと予想してます....