Was steckt dahinter? Mysteriöse Deagel-Liste sagte Massensterben im Westen voraus (report24.news)
背景は何か?西洋の大量絶滅を予言した謎のDeagel資料
スクリーンショット (1104)

いわゆる「陰謀論者」の間では、「Deagel」は何十年も前からインサイダー情報のようなものであった。スペインの住所不詳の人物らが運営するこのサイトでは、軍事力や人口の推移を予測する試みを行っていた。現在、多くの欧米諸国では、2025年までに数億人が死亡すると予測されています。

2003年に最初に公開されたDeagelサイトは、数々の神話に包まれている。そのサイトはシークレットサービスや政府が背後にいると言われています。サイトは主に軍事装備の一覧表です。もちろん、そのような在庫は個人のガンマニアが運営することも可能でしょう。

2021年4月まで、ディーゲルは人口開発、国家生産、購買力、軍事予算に関する予測を含むページも掲載していた。インターネット上のさまざまな情報源によると、これは以前の版では非常に正確だったはずです。これは、予測リストが置換されずにホームページから削除されているため、現在検証が非常に困難です。Konstantin Kirschは、2017年のブログでこの証拠を引用しました。2021年4月まで、ディーゲルは人口推移、国民総生産、購買力、軍事予算などの予測サイトも運営していました。インターネット上のさまざまな情報源によると、このサイトは以前の版では非常に正確だったそうです。現在、業績予想の一覧表がホームページから削除されたままになっており、確認することが非常に困難な状況です。Konstantin Kirschは2017年のブログでその証拠を示しています。

image-17

私たちが確保した最新版では、衝撃的な数字が発表されています。

人口減少数

  • イギリス -4100万人/人口 -78%
  • アメリカ合衆国 -2億3,300万人 / 人口 -70%
  • ドイツ -5200万人 /人口  -65% 
  • イスラエル -470万人 / 人口 -54% 
  • スペイン -2300万人 / 人口 -46%
  • フランス -2800万人 / 人口 -42% 
  • スイス -310万人 / 人口 -37% 
  • ノルウェー -170万人 / 人口 -31% 
  • カナダ -1100万人 / 人口-30%
  • オーストリア -270万人 / 人口 -30% 
  • スウェーデン -220万人/人口 -28%
  • ウクライナ -1,000万人 / 人口 -24% 
  • イタリア -1900万人 / 人口 -19% 
  • トルコ -1100万人 / 人口 -13% 
人口の大幅な減少は、主に西側NATO諸国とその同盟国に影響を与えるものですが、フィンランドは「わずか」5%の減少を予測しているにすぎません。

2016年からの予測

問題なのは、このサイトの関係者が、今世界中で起きている事態をかなり前から予見していた、あるいは情報を得ていたように見えることです。大規模な戦争、大量移住、核戦争、疫病現象などに関する予言は、コロナ危機が始まった2020年やウクライナ戦争が始まった2022年だけに出てきたわけではないのです。2025年の予測は2016/2017年にすでに行われ、その後も何度も修正されている。多くの軍事戦略家が推測するように、この最新バージョンは、核戦争が近づいている可能性から明らかにインスピレーションを得ていると思われる。この戦争は、当初、広範囲な消滅の危機にさらされているドイツの領土で起こる可能性がある。同様に、イギリスもほぼ完全に消滅する。これは、残念ながら、現在の超大国間のサーベル・ラトルによく合致している。しかし、この計算では、米国は大規模な破壊も想定しなければならない。

Deagelを距離と注意で見る

Deagelを過大評価しないことが適切であり、また賢明であると思われる。政府やシークレットサービスとのつながりは検証できない。作者不明のサイトが自ら否定している。サイト主は、自分の表現や予測に、公開された政府のデータを使用すると主張しているだけだ。

しかし、この予測は、世論の圧力に押され、年々詳細度が低下し、2021年に完全に削除されてしまいました。その間、サイトでは最新の情報のみご覧いただけます。

image-16
Deagel、2017年のスクリーンショット、米国の予測、その時点ではマイナス5400万人「のみ」

また、Deagelプロジェクト全体が、諜報機関が批判者を嘲笑し、信用を失墜させるために行う偽情報プロジェクトである可能性も考えなければならない。ひとつだけ確かなことは、Deagelの予測に関するソース、証拠、その他の理解しやすい事実は、このサイトにはなく、これまでもなかったということです。

プライベートプロジェクト?

プレビューページがオフラインになる前に、責任者不明の人物が予測の理解の仕方についての説明を公開した(2020年9月25日現在)。まず、次のように書かれています。

このウェブサイトは非営利であり、私たちは私たちの情報およびサービスを現状のまま提供し、それ以上の表明および/または保証をするものではありません。私たちは、どの政府にも属していません。予測は、推測の前提に基づいた数字ゲームに過ぎず、誤りも正しさもないことを考慮に入れてください。

調査ジャーナリストは、1994年にある[ エドウィン・A・ディーグル・ジュニア, 博士 ]が米国国防総省の要職に就いていたことを突き止めたと主張している。しかし、この主張は、名前の類似性を別にすれば立証できない。この人物の名前が2015年までWHOISデータベースに登録されていたことが、ところどころで主張されているのにである。いずれにせよ、2017年には「Gas Deagel, Gran Via 108, 17480 Roses, Girona, Spain」という別人が登録者であることが判明しています。

特に、2011年のイラク戦争時には、TIMEやCNBCなどの主要メディアがDeagel の文章を引用し、米国の保守系サイトインフォウォーズのアレックス・ジョーンズでさえ、Deagel の文章を引用する際には「大きな懐疑心」を表明していることは示唆に富んでいる。

2020年9月時点でのディーゲルの声明

ここからは、Deagelの発言の翻訳を引用する。また、その内容を独自のものとして採用したり、編集委員会の意見を反映したものではないことを宣言し、評価するものではありません。それはきっと、読者ひとりひとりが自分でできることです。

2014年には、予測に関する免責事項を公表しています。6年の間に、シナリオは大きく変わりました。今回の新免責事項は、2020年以降の状況をピックアップしたものです。もはや、米国と欧州連合を別個の存在として語ることは意味がない。どちらも西側諸国であり、お金を刷り続け、同じ運命をたどることになるだろう。

COVIDの結果、2つの重要な結論を導き出すことができました。

欧米の成功モデルは、たとえ強度が低くても困難に耐えられない回復力のない社会の上に築かれたものである。想定はしていたが、疑う余地のない完全な確認が取れた。COVID危機は、いわゆるグレート・リセットによって、この瀕死の経済システムを延命させるために利用されているのです。

気候変動、絶滅の反乱、惑星の危機、緑の革命、シェールからの石油(...)など、システムが宣伝する偽りの「グレート・リセット」は、天然資源の消費を大幅に減速させ、現システムを延命させようとするもう一つの試みである。一時的には効果があるかもしれませんが、結局のところ根本的な問題には対処できず、避けられない事態を遅らせるだけでしょう。支配的なコア・エリートは権力を維持することを望み、それが本当に唯一の心配事なのです。

西洋の金融システム、ひいては西洋文明の崩壊は、壊滅的な結果をもたらす危機とともに、この予測の主要な推進力であった。COVIDが証明したように、多文化主義や極端なリベラリズムを受け入れる西洋社会は、本当の困難に対処することができないのです。100年前のスペイン風邪は、4,000万〜5,000万人の死を意味しました。現在、世界の人口は当時の4倍、空の旅が本格化し、それは定義上、超拡散型である。現代における死者数は相対的に1億6千万〜2億人、100年前には存在しなかった空の旅の要素を考慮すれば3億〜4億人というところだろう。これまで、COVIDによる死者は約100万人。ウイルスよりも、ロックダウンによる経済危機の方が世界的に死者を出す可能性が高いのです。

ソ連のシステムは、欧米のシステムに比べて、人々に良いものを提供することができなかったのです。とはいえ、ソ連社会は権威主義体制の下で、よりコンパクトで、より強靭なものとなっていた。そんな中、ソ連体制の崩壊で人口の1割が一掃された。多様で多文化な欧米社会の厳しい現実は、いくつかの要因によって、崩壊には50~80%の犠牲が伴うが、一般的には最も多様で多文化で負債が多く裕福な(生活水準が最も高い)社会が最も高い犠牲を払うことになるだろうということである。このような逸脱したコラージュが崩れないようにするための唯一の接着剤は、美徳と見せかけた底なしの退廃を大量に含んだ過剰消費である。しかし、広範囲にわたる検閲、ヘイトクライム法、矛盾するシグナルは、この接着剤さえももはや機能しないことを意味します。みんなが死ななきゃいけないわけじゃない。また、移住も積極的な役割を果たすことができます。

かつて第二、第三世界と呼ばれた国々は、現時点では未知数な存在です。彼らの運命は、これからの決断にかかっているのです。欧米列強は、過去のようにこれらの国を占領することはないだろう。なぜなら、これらの国は自国の都市や遠く離れた国々をコントロールすることはできないからです。以前の世界秩序に縛られたままであれば、欧米列強と一緒に潰れるが、貧しく、多様性に乏しいため、近年のような残酷な衰退は経験しないが、何らかの苦難に対処するためにはかなり均質で、正確には、これから起こるようなことはない。中国と足並みをそろえれば安定する可能性はあるが、資源の運用次第で大きく変わる。

私たちはこの状況が発展すると予想していましたが、11月の選挙でトランプが再選されれば大爆発という事態は予想されていたし、実際、今まさにその事態が展開されている。もしバイデンが当選したら、それも非常に悪い結果を招くだろう。欧米社会には悪しき血が流れており、抗議、デモ、暴動、略奪は、これから起こることの最初の症状に過ぎないのです。しかし、これを覆すような新しい流れが起きている。

三大国間の情勢は大きく変化しました。この10年間における西側諸国の唯一の関連成果は、ロシアと中国との間に軍事・経済両面での戦略的同盟が形成されたことであるが、このような戦略的同盟が形成されたことは、西側諸国にとって非常に重要である。現在、ロシアと欧州連合(EU)のパートナーシップの可能性は消滅し、ロシアはついに中国に向かいつつある。最初からその可能性が高かったのです。エアバス社は、本当の意味でのパートナーシップを築こうとはせず、むしろロシアの航空宇宙産業を締め出す戦略をとってきた。実際、ロシアと中国が新たな提携を結び、長距離航空機を製造することになった。西ヨーロッパ(米国は言うに及ばず)は、ロシアの発展や、ロシアが原料を供給し、西側の路線に従うという主従関係以外に関心を持ったことはない。それは、当時も今も変わらない事実です。

ロシアは2008年から大規模な戦争に備えており、中国はこの20年間で軍事力を増強してきた。今日、中国は米国と比べて決して二流の国ではない。軍事面でも経済面でも、中国は同レベルであり、ある特定の分野でははるかに先をいっている。ハイテクでは、5Gが商業分野で成功しているが、055型駆逐艦も、米国がこの10年の半ば(より可能性が高いのは2030年)に同様の能力(DDG51フライトIII)を達成するため、もう一つのブレークスルーと言える。055型の主力艦である「南昌」は、中国でのパンデミックとロックダウンのさなかに就役した。

6年前は、大きな戦争が起こる確率は低かった。その後、着実に、そして劇的に成長し、今では2020年代に起こる可能性のある大きな出来事として圧倒的に注目されています。究極の対立は、2つの方法でやってくる。少なくとも2つの主要国が関与し、核戦争に発展する通常型紛争。2025-2030年には、第二のシナリオが考えられる。新型のS-500、戦略ミサイル防衛システム、ヤセン-M潜水艦、INF-Zirconとカリブル・ミサイル、いくつかの新しい宇宙資産が重要な役割を果たし、米国とその同盟国に対するロシアの先制攻撃が行われます。忍び寄る先制攻撃は、ロシアの戦略ミサイル部隊の全兵科(爆撃機と地上ミサイル)をこうした攻撃の様々な局面に巻き込むもので、2015年11月にシリアで見られたものを戦略的に置き換えたものと言えるでしょう。2,000キロ以上離れた目標に対して、高精度で複数の武器を組み合わせた攻撃を行うような能力をロシアが保有していたとの報告はない。欧米の情報機関は全く気付かなかった。冷戦終結後、アメリカはNATOを通じて、ロシアに対して先制攻撃を行うことができる地位を獲得し、今では先制攻撃は可能なようだが、受け皿となる国はアメリカであるという皮肉な結果となっている。

もう一つの欧米システムの特徴は、個人が洗脳され、大多数が自分たちの道徳的優位性と技術的優位性を当然視している点である。そのため、合理的な主張よりも感情的な主張が優越され、無視されたり、否定されたりするようになったのです。この考え方は、これから起こる大惨事に重要な役割を果たすかもしれない。少なくともソ連のシステムでは、サイレントマジョリティの人々は、自分たちがうんざりするような誤りに気づいていたのです。米国がG5を中国から盗んだと言ったり、極超音速技術をロシアから盗んだと言ったりするのは、西側エリートもこの傲慢さに感染している証拠である。今後10年間で、欧米がロシア・中国ブロックに遅れをとっていることが明らかになり、その倦怠感は絶望につながるかもしれない。戦争は、失われた覇権を回復し、やがて1940年のフランスのように再び覇権を手に入れるための、手っ取り早い解決策に思える。当時のフランスには、敗北を勝利に変えるための核兵器はなかった。西側諸国は、火星と金星ではなく、暴君とその汚い女になり、世界の他の国々に笑われながら恐怖で逃げ回るという不愉快な見通しのために、この交換を試みるかもしれない。

劇的な方向転換がない限り、世界は最初の核戦争を目撃することになるでしょう。欧米圏の崩壊は、戦前、戦中、戦後のいずれでも起こりうる。そんなことはどうでもいいのです。核戦争は死傷者数十億人、崩壊は数億人規模のゲームです。


※2009年時点でこのように分析していたと言うことは、多くの米国サイトが言うように、やはりDeagelは素人のサイトなどではなさそうですな....