スクリーンショット (1094)
習近平は中国国家主席を辞任する?CPC指導者の体調不良、Covidの誤った管理に関する噂が広が|ワールドニュース – インドのテレビ (indiatvnews.com)


脳動脈瘤とCovidの不始末-習近平は退陣するのか?

中国の国家元首である習近平が、脳に動脈瘤を患っているらしい。しかし、彼は伝統的な医学で治療することを望み、手術は敬遠している。Covidの不始末でも批判を浴びている。近いうちに辞任するのでしょうか?

中国の習近平国家主席は、脳の動脈瘤の治療のために手術を受けることはないと、中国で報道されました。検閲によって削除された記事によると、68歳の北京の指導者は伝統的な医学を好み、脳の手術を拒否するとブロガー達は主張している。パンデミック発生当初、中国はウシを治療するための伝統医学を輸出しようとした。習近平はこの運動の中心的な推進者の一人であった。中国全土に広がる極めて厳格な監禁令が、中国経済や政府の反対意見弾圧に重くのしかかり、国家元首は苦境に立たされているという。今、習近平は辞任する可能性があると伝えられている

ANI通信によると、
彼は昨年末、脳の血管が破裂しているのを医師が発見し、入院したとみられています。プーチンと同様、習近平の健康状態は常に極秘にされてきました。2020年の第一次ベビーブーム時に深センで演説した際、観察者は彼の言葉の遅さと咳を指摘した。2019年3月にイタリアを訪問した習近平は、座ろうとしたときに助けを必要とした。当時は足を引きずっており、2年前から習近平の健康状態に疑問の声が上がっていた。

先週、政治局国務院は国民に監禁に反抗しないようにと警告した。中国の「ゼロ・コビッド・ポリシー」には、住宅の周囲にフェンスを設置したり、路上に金属製のバリアを張るなど、世界で最も過酷な社会的距離を置く措置がとられている。また、ウイルスを封じ込めるために、乳幼児が親から引き離されたとも伝えられています。上海では、白い防護服を着た作業員が団地の入り口を封鎖し、緑色の金属製の檻で通り全体を封鎖している画像がソーシャルメディア上で拡散されました。習近平は2週間前に「ゼロ・コビット」政策へのコミットメントを再確認し、中国を世界の多くの国々と矛盾させることになった。多くの国が規制を解除し、ウイルスと共存しようとしている中、中国は国境をほぼ閉鎖し、都市全体を必要以外の渡航から遮断している。

脳動脈瘤とは?

脳動脈瘤は、脳の動脈が局所的に異常に拡張してできた膨らみです。この膨らみによって血管が弱くなり、破裂することがある。この出血により脳組織が死滅し、本格的な脳卒中、脳の一部の後遺症、あるいは死に至ることもあります。

脳動脈瘤は、脳内の血液が流れる動脈の内壁が薄くなり、膨らんだ状態になることで発生します。喫煙や高血圧が原因となることもあります。やがて、この血管が破裂したり、漏れたりすることがあります。そうすると、脳の周りのクモ膜下腔に出血することがあります。クモ膜下出血は死に至ることもあります。

Hirn-Aneurysma und Covid-Missmanagement - tritt Xi Jinping zurück? (report24.news)


※なんか2年前くらいに脳動脈瘤の手術をしませんでしたか?
意図的な錯乱情報でしょうか?それとも別の場所に再発したとか?
誤報クサイと睨んでますが果たして....?