スイスの銀行が34億ドルの制裁対象ロシア資産の凍結を解除。支配層エリートの陰謀として保留中の第三次世界大戦...
Swiss_Banks_unfreeze__3.4_Billion_of_Russia

BATTLEFORWORLD.COM|2022年5月13日:スイスの銀行が制裁対象のロシア資産34億ドルを凍結解除。ウクライナでのロシアの特殊軍事作戦をめぐる制裁を口実に、ロシアの企業や企業幹部、さらには中央銀行が所有する資金を自主的に差し押さえることを決めた西側諸国の中に、スイスの国も含まれていたようです。ベルンは先月、新たな制裁措置で凍結されていた約34億ドルのロシア資産を解放したことが、スイス経済局(SECO)の最近の報告書から明らかになった。また、22億ドル相当のロシアの口座を追加で差し押さえた後、4月7日と比較して凍結された資産総額が11億7000万ドル純減したため、同期間に34億ドル近くが解放されたことが示された。スイスの銀行が現在保有しているロシアの凍結資産は63.3ドルとなっている。

SECOの高官であるエルヴィン・ボリンジャーは、「十分な根拠がなければ資金を凍結することはできない」と述べた。- 英国諜報機関は、ソフトパワーとして知られる情報戦を通じて、プロパガンダ記事を掲載することによって、クレムリンを不安定にしようと数ヶ月間試みてきた。もし彼らの情報戦が成功すれば、米英はついにロシアを征服し、米英の一極的世界秩序をもたらすだろうと期待して、プーチン大統領周辺の人々の不和を必死に扇動しようとしているのである。そして、中国に対しても、習近平を追い落とすための作戦を並行して行っている。

アメリカと西側諸国の集団は、ロシアが降伏しなければウクライナ戦争を止める気はなく、それはより破壊的な兵器が使われ、より多くの国が紛争に巻き込まれることを意味し、それは第三次世界大戦の全面的噴火に近づくことを意味し、そうなればアメリカもイギリスも恐ろしい結果になり、それは彼らが予言した大戦に敗北したことを確信した確固たる答えとなるためである。

オーストリアがロシアのガス基地を押収すると脅す

オーストリアのカール・ネハンマー首相は、木曜日のクライネ・ツァイトゥング紙のインタビューで、ロシアのエネルギー大手ガスプロムに対し、ザルツブルク近郊の天然ガス貯蔵施設にガスを補充するよう要求した。次のように述べた。「我々は、ハイダッハにあるガスプロムの巨大な貯蔵施設についても、明確かつ断固とした態度で臨んでいる。もしこれが満たされないなら、我々は満たされなければならないような措置を検討する」-結果は未確定です。- ドイツはすでにロシアのガス代をルーブルでの支払いを開始している。

 訪米中のドラギ首相は「最大のガス輸入国であるドイツはすでにルーブルで支払い、ほとんどの輸入業者がルーブルで口座を開設している」と述べた。- ドイツはウクライナへの武器供与を遅らせている。Welt出版によると、我々はドイツのゲパルド対空設備について話しているとドイツ国防省は現在、「発表されたチーターがいつウクライナに提供されるかわからない」と述べている。

ブルームバーグは、2022年に最も優れた通貨としてルーブルを認定した。同紙によると、ロシアの国家通貨は年初来、対ドルで11%以上上昇し、主要31通貨の中で首位となった。- ブルームバーグの報道によると、すでに20社のヨーロッパ企業がガスプロムバンクに口座を開設し、ロシア通貨で燃料費を支払っているという。さらに14社が開設に必要な書類を要求しているという。西ヨーロッパの大口需要家に対する4月納品の支払い期限は今月末に迫っており、昨日、イタリアの首相は、ドイツはすでにロシアのガス代金をルーブルで支払い始めていると述べた。

ロシアは、フィンランドのNATO加盟による脅威を排除するため、軍事技術的な報復措置などをとるだろう。この発言は、ロシア外務省が行ったものである。フィンランドのNATO加盟は、二国間関係と地域の安全保障に深刻な損害をもたらす」とし、フィンランドがNATOに加盟する可能性に対して、ロシアは「状況に応じて」対応しなければならないとしている。- ロシアは、ウクライナ情勢の外交的解決策を見出せない。フィンランドとスウェーデンがNATOに加盟すると同時に、同盟軍が存在することになり、この動きは核保有国を脅かすことになるため、ロシア軍の標的となる可能性があり、報復措置のあらゆる可能性が検討されることになるのである。このように、キエフのEU加盟希望に対するロシアの立場は変化し、今ではウクライナのNATO加盟に関する立場と同様になっている(テレグラム、
こちら)。- 英国の将校は今もロシアに対するウクライナ軍の調整をしている。


Hal Turner Radio Show - BREAKING NEWS: TURKEY MAY **VETO** ENTRY OF FINLAND & SWEDEN INTO NATO
速報:トルコはフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に拒否権を発動する可能性がある
トルコのエルドアン大統領は、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟を拒否する可能性があることを示唆。

エルドアン大統領は、フィンランドがトルコに敵対する「テロ」組織を受け入れていると主張 

エルドアンはまた、1980年にトルコの承認を得てギリシャがNATOに復帰したのは誤りだったと述べている。


フィンランドは電気料金の債務不履行、ロシアは遮断!

フィンランドは、ロシアの電力供給会社RAOに対する電力供給債務を不履行とした。

5月14日(土)付で、ロシアは未払い債務を理由にフィンランドへの電力供給を停止し、フィンランド国内の電力供給は10%減となった。