Russian President Vladimir Putin Reveals ‘Evidence’ That Pfizer, Obama, Soros, Clintons And Rockefeller’s Created Illegal Military Biolabs In Ukraine – enVolve (en-volve.com)
ロシアのプーチン大統領は、ファイザー、オバマ、ソロス、クリントン、ロックフェラーがウクライナに違法な軍事バイオラボを作ったという「証拠」を暴露した
246180-lab-758x418

ウラジーミル・プーチン大統領は、ロシアは現在、多数の上級政治家、大手製薬会社、グローバリストの億万長者がウクライナで世界規模のバイオラボ陰謀に関与している証拠を掴んだと主張している。

ロシア国防省によると、アメリカと他のNATO諸国は、ウクライナで非合法な軍事生物学的プロジェクトに関与しているという。

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領の元報道官であったイウリア・メンデルは、ロシアが「米軍がウクライナで秘密の生物兵器を開発していたという根拠のない告発を広めているが、今回は製薬会社ファイザーとモデナによって支援されている」とツイッターで訴えている。
スクリーンショット (1087)
Infowars.com の報告:米国国防総省の生物学的脅威削減プログラムは、2005年に当時のバラク・オバマ上院議員が協定を結んで以来ウクライナのバイオラボに資金を提供してきた。

ロシア政府は以前、ハンター・バイデン、ジョージ・ソロス、ペンタゴン、CDC をバイオラボと結びつけ、「このプロジェクトの主目的は、ウクライナで特有の特に危険な感染症の分子分析を行うことだった」と主張していました。

ロシアは、これらの施設について、数ヶ月間、国連に苦情を述べており、今、彼らは、大手製薬会社をこの計画に関連付けるとされる情報をさらに発表しました。

「ウクライナにおける米国の軍事生物学的活動の思想家が民主党の指導者であることに注目すべきである」とロシアの最新ブリーフィングには書かれている。「こうして、米国行政府を通じて、連邦予算から直接、軍事生物医学研究に資金を提供するための法的枠組みが形成さ れた。資金は、クリントン家、ロックフェラー家、ソロス家、バイデン家の投資ファンドを含む民主党指導者が支配するNGOから国家保証のもとに調達された

ロシア政府が公開した文書には関係者とされる人物を描いた図が掲載されている。

Screen-Shot-2022-05-11-at-4.jpeg.optimal

さらにロシア国防省は、「この計画には、ファイザー、モデルナ、メルク、米軍関連企業ギリアドなど、大手製薬会社が関わっている。米国の専門家が、国際的な安全基準を回避した新薬のテストに取り組んでいる。その結果、欧米企業は研究プログラムのコストを大幅に削減し、大きな競争力を獲得している」 と説明している。

ロシアによれば、このような広範囲な陰謀のメリットの1つは、「民主党の指導者」が「追加の選挙資金を生み出し、その分配を隠すために利用できることにある。」という。

また、ウクライナを含む12カ国にバイオラボを持つ企業として、ドイツ政府の名前も挙がっている。

ロシアは、「ドイツ側には、軍隊微生物学研究所(ミュンヘン)、ロバート・コッホ研究所(ベルリン)、レフラー研究所(グライフスワルト)、ノヒト熱帯医学研究所(ハンブルク)が参加している」と述べている。

ウラジーミル・プーチン政権は、ドイツが取り組んでいる研究について、「連邦軍に従属する機関が関与していることから、軍事的志向が確認される」と指摘した。

さらに、ポーランドはウクライナのいくつかのバイオラボに関与し、米国国防総省の請負業者バッテル研究所と共同作業をしていたとされている。

ロシアは声明に加え、「ロシア軍が大量破壊兵器を使用したと非難する挑発行為が準備されており、その後、必要な証拠を捏造し責任をなすりつけるための『シリアのシナリオ』調査が行われる」と警告している。

ロシア国防省によると、キエフ政権が有毒化学物質や生物学的汚染物質から身を守るための個人用皮膚・呼吸保護具を要求したのは、偽旗が差し迫っている証拠であるとのこと。

ロシア軍の特別軍事作戦は、ウクライナにおける米軍-生物学的拡張を横断し、民間人に対する犯罪実験を阻止した」と声明は締めくくられている。