Η Φινλανδία στοχοποιείται με πυρηνικά! - Προειδοποίηση N.Μεντβέντεφ: «Πάμε για ανοιχτή σύγκρουση & πυρηνικό πόλεμο» (upd) - WarNews247
フィンランドは核兵器で狙われている!-N.メドベージェフが警告「我々は公開紛争&核戦争に向かう」-「これは、すべての人にとって破滅的なものになる」
スクリーンショット (1077)

国家議会国際問題委員会の第一副議長ヴャチェスラフ・ニコノフは、フィンランドのNATO加盟に際して、「核兵器の標的になるだろう」と発言した。

彼は具体的にこう言いました。

「フィンランドへのNATO軍基地配備は、ロシアの安全保障に対する新たな攻撃であり、ヨーロッパの安全保障の強化に貢献するものでは ないだろう、

ロシア国境に同盟軍と米軍基地が接近することに対しては、対称的な対応が必要だ。

NATOの基地に領土を提供している国々が、核兵器を含めて狙われていることは明らかだ」と、国家議会国際問題委員会の第一副議長は述べた。

ニコノフは、フィンランドのNATO加盟はすでに決定しており、近い将来加盟することになるだろうと強調した。同じくNATOへの加盟を表明しているスウェーデンも同様のことが起こるだろう。

ロシアがウクライナで特殊作戦を開始した後、フィンランドとスウェーデンの当局が同盟に参加する意向を表明した。5月11日、各国が同時に書類を渡すことが発表された。来週早々には実現する予定です。

一方、中国国防省の国際安全保障協力センターの元責任者である周伯氏は、フィンランドがNATOに加盟すれば、同盟軍の部隊がサンクトペテルブルクのすぐ近くに出現することになると述べている。

ロシアは、論理的に核兵器の使用に向かって突き動かされている。

メドベージェフの警告


ロシアの前大統領であり、ウラジーミル・プーチンの長年の盟友であるドミトリー・メドヴェージェフは、今朝、フィンランドとスウェーデンがNATO加盟にさらに近づいたというニュースに反応した。

フィンランドの指導者が本日、NATO加盟の要請を「遅滞なく」行うと発表したことを想起する。

テレグラムの投稿で、元ロシア大統領はこう述べた。

「西側諸国がロシアとの間で始めた代理戦争に関連して、私は、すべての理性的な人々にとってすでに明白であることを、もう一度はっきりと述べたいと思います。」

1. NATO諸国によるウクライナへの武器供給、西側装備を使用するための軍隊の訓練、傭兵の派遣、同盟諸国による国境付近での演習の実施は、NATOとロシアが「代理戦争」ではなく直接かつ公然と衝突する可能性を高めている。

2. このような紛争は、常に全面的な核戦争に発展する危険性をはらんでいる。

3.これは、すべての人にとって悲惨なシナリオでしかない。

そして最後に、西側諸国に対して「自分にも他人にも嘘をつかないこと」、「ロシア恐怖症の発作で自分の唾液の中に溺れないこと」を呼びかけたのです!

フィンランド、NATOへの加盟を提案

フィンランドの大統領と首相は本日、NATO加盟への支持を表明し、ロシアと800マイルの国境を共有するスカンジナビア諸国が北大西洋同盟への加盟に一歩近づいたことを明らかにした。

フィンランド政府が最近、フィンランドの選択肢の一つとして同盟加盟への道を示した国家安全保障報告書を議会に提出したことから、サウリ・ニーニスト大統領とサナ・マリン首相によるNATOへの支持表明が期待されていた。

ニーニストとマリンは共同声明の中で、次のように述べている。

「この春、フィンランドのNATO加盟をめぐる重要な議論が行われました。国会や社会全体がこの問題に対する立場を決めるのに時間がかかりました。」

「NATOやその加盟国、そしてスウェーデンとの緊密な国際的コンタクトのための時間が必要でした。私たちは、議論に必要な場を設けたいと考えていました。今、意思決定の瞬間が近づいているので、国会議員グループや政党に情報を提供するためにも、私たちは平等な意見を表明しています。NATOへの加盟は、フィンランドの安全保障を強化するものです。」

「NATOの一員として、フィンランドは防衛同盟全体を強化することになるでしょう。フィンランドは遅滞なくNATO加盟を申請すべきです。この決定を下すためにまだ必要な国家的措置が、今後数日のうちに迅速に取られることを希望します」と、フィンランド首脳の声明は述べている。

国会で原則的に承認され、その他の国内法上のハードルを乗り越えれば、NATOはフィンランドに加盟交渉の招待をすると予想されている。FSieyAFXIAMPpe2