Auch Bill Gates hat jetzt Covid-19: Er glaubt wegen Boosterung an milden Verlauf (report24.news)
ビル・ゲイツは現在Covid-19に罹患しています:彼はブーストのために穏やかなコースを信じている
スクリーンショット (1073)

パンデミックの扇動者の一人で、世界をロックダウン、対策、ワクチン接種の強制で覆い尽くした張本人が、今度は自らCovid-19の陽性反応を示しました。本人は軽い症状を訴えています。もちろん、彼はCovid教団の信条を唱えている。ワクチン接種がなかったら、もっと大変なことになっていたでしょう。その辺のファクトチェックもあるのでしょうか?

5月10日の夜、ビル・ゲイツは「Twitter」を通じて、Covid-19の陽性反応があり、軽い症状が出ていることを発表した。
image-11

COVIDの検査で陽性反応が出ました。症状が軽いので、専門家のアドバイスに従って、体調が回復するまで隔離しています。


Angst vor Musk? Bill Gates stellt 3.000 "Faktenchecker" gegen Impf-"Fehlinformationen" an (report24.news)
ビル・ゲイツ、ワクチン接種の「誤報」に対して3,000人の「ファクトチェッカー」を雇う

総勢3,000人の従業員を抱える億万長者でワクチンマニアのビル・ゲイツは、今後ソーシャルメディアにおけるワクチンに関する「誤報」と戦っていきたいと考えています。また、Twitterの新オーナーであるイーロン・マスク氏を痛烈に批判しています。

今後、FacebookのグループやTwitterでワクチンについて議論すると、ビル・ゲイツから報酬を得ている、「ワクチンの誤報」と戦うためのソーシャルメディアユニットのスタッフに出くわすかもしれません。これらの社員は「メッセージ」を広め、「今後、正確なワクチン情報の発信に貢献する」ことになっていると、米国のテレビチャンネルCNBCは報じているゲイツは、ソーシャルメディアが「政治家や民族のリーダーのような、コミュニティの中で信頼できる人たち」からの「良いメッセージ」がある場所であってほしいと考えています。

この発言は、イーロン・マスク氏によるTwitterの買収や、ソーシャルメディアにおける言論・表現の自由の将来について問われたゲイツ氏が発したものです。テスラの創業者は、ツイッターでの批判的な投稿に対する検閲をやめさせたいと表明したからです。一方、マイクロソフトの創業者は、特に自分が最高の道徳的(あるいは医学的)権威であると(誤って)みなす事柄に関しては、広範な検閲措置を提唱しています

ゲイツ氏はマスク氏がTwitterを悪化させる可能性があると考える理由の1つは、スペースX社のCEOの言論・表現の自由に対するスタンスです。 「ワクチンが人を殺す」とか「ビル・ゲイツが人を迫害する」というようなことを(ツイッターで)書いてあるのをどう思うのだろう」とゲイツは尋ねた。「最後に彼が目指すものは何なのか?あまり極端なデマはすぐに広まるというこの考えと、【変な陰謀論】は一致するのでしょうか?彼はその目標を共有しているのか、いないのか」とゲイツは言った。同時に、マスク氏は当初から、批判者もプラットフォームに残るべきであり、彼らの意見を制限させるようなことはしないと述べていた。

ゲイツは、誤った情報の拡散を防ぐために、ソーシャルメディアプラットフォームが果たすべき役割があると考えています。「信頼できるリーダーがワクチンについて発言しなければ、プラットフォームがそれに対抗して動くのはかなり難しい」と認めた。「従って、リーダーシップの問題とプラットフォームの問題があると思う。」 さらに、この億万長者は、「これらのプラットフォームが、おかしなことではなく、真実を広めるためには、何らかの真の発明が必要だ。 」と強調した。結局、それはより多くの「人工知能」と、おそらくより多くの検閲を意味します。

ビル・ゲイツのような人々にとって、反対意見や見解の検閲は、すべての側が自分の見解、事実、証拠を提示し、それに基づいて議論する適切な議論よりも簡単なことなのです。その代わりに、いわゆる「ファクトチェッカー」に頼っている。彼らは、単に自分たちの見解を示し(そしてそれを「真実」として売り込み)、反対意見や発言があるフラグ付きの記事を「格下げ」するだけであると考えている。ゲイツの新しいソーシャルメディアチームは、単なる「インフルエンサー」ではなく、検閲を許可された「ファクトチェッカー」として活動するのだろうか?

※ファクトとは、「ワクチンは安全で効果的」が彼らのファクトです...