"Σε 30' τέλος οι χώρες του ΝΑΤΟ" - Μήνυμα Β.Πούτιν: «Θα απελευθερώσουμε τα πάτρια εδάφη μας -Όπως το 1945, η νίκη θα είναι δική μας» - WarNews247
「30分後にはNATO諸国は消滅する」 - プーチンのメッセージ:「我々は祖国を解放する - 1945年のように、勝利は我々のものになる」-「ナチズムは復活した-再び粉砕されるだろう」
スクリーンショット (1063)

ウラジーミル・プーチン大統領をはじめとするロシア政府関係者が、ウクライナ戦争を第二次世界大戦と直接結びつけて、決意とエスカレーションの燃えるようなメッセージを発した。

ロシアの政治指導者たちは今、第三次世界大戦が始まったと考えていることは明らかである。

プーチンは祖国の全領土の解放について語ったので、ウクライナにとっては全く良いメッセージではない!

ロシアは最後まで行くだろうし、問題はウクライナに今何が残るのかということだ。

プーチン:「1945年のように、勝利は我々のものになる」

ロシアのプーチン大統領は5月8日の挨拶で、「1945年のように、勝利は我々のものになる」と断言し、第二次世界大戦とウクライナの紛争を次々と比較した。

「今日、我々の軍人は、彼らの祖先と同様に、そして1945年と同様に、勝利は我々のものになるという確信を持って、祖国をナチの汚物から解放するために胸を張って戦っている」と、プーチンは今日の旧ソ連圏の国々、およびウクライナ東部のドネツクとルガンスクの地域への挨拶で述べた。

「今日、共通の課題は、さまざまな国の人々に多くの苦しみを与えたナチズムの再来を防ぐことです」と付け加え、「新しい世代が、彼らの父や祖父の記憶にふさわしい存在になることを願っています」と表明しました。

「ナチズムは再び粉砕される-敗者は復讐しない」

プーチン大統領は挨拶の中で、兵士だけでなく、無数の犠牲を払ってナチズムを粉砕した「祖国の内部戦線」の市民たちにも言及した。

「残念ながら、今日、ナチズムが再び頭角を現しました」ロシア大統領は、ウクライナ人に向かってこう言った。

「我々の神聖な任務は、モスクワが『大祖国戦争』と呼ぶ戦争で『敗れた者たち』のイデオロギーの継承者たちが『復讐』するのを阻止することだ」 と述べた。

ロシア国家元首は、「ウクライナのすべての住民に平和で公正な未来を」と祈願した。

「NATO諸国は30分で終わる」

ロスコスモスのトップであるドミトリー・ロゴージンは、少し前に、NATO諸国は核戦争ですぐに破壊されると警告した。
ロシアの宇宙機関長官は、核戦争中に「30分」でNATO諸国を破壊することができると主張|ビジネスインサイダーインド (businessinsider.in)

ロシアの宇宙機関のトップは、ロシアは「30分」で国々を破壊することができると述べた。

しかし、同じテレグラムの中で、核戦争はしないようにと自国に訴えている。

ロゴージンは、破壊は30分以内に起こり得ると主張し、「しかし、核の応酬の結果が地球の状態に影響を与えるので、それを許してはならない」とも述べた。

「したがって、経済的にも軍事的にも強いこの敵を、通常の軍事的手段で打ち負かさなければならない」とロゴージンは続けた。

また、ロゴージンは「NATOは我々に対して戦争を仕掛けている」とも述べた。宣言はしていないが、何も変わらない。今では、誰の目にも明らかです。」

ロゴージンはメッセージの中で、戦争は本来の意味と地域をはるかに超えていると付け加え、「真実とロシアの単一かつ独立した国家としての存在権をめぐる戦争」と呼びました。

ドゥーマ議長: 「米国は我々に対する行為に直接的に関与している」

V. プーチンの路線で、ロシア下院議長はワシントンがウクライナでの軍事行動を調整していると非難した。彼によれば、これはロシアに対する軍事行動にアメリカが直接関与したに等しいということだ。

「ワシントンは実際に軍事作戦を調整・展開しており、わが国に対する軍事行動に直接関与している」とヴャチェスラフ・ボロディンは自身のテレグラムアカウントに書いている。

彼は、2014年にヤヌコビッチ氏が打倒されたことを指して、「クーデター」が起きて以来、外国人アドバイザーがウクライナで活動していると述べた。

3人の高官は皆、第三次世界大戦について語っています.....