ΥΠ.ΑΜ. Αυστραλίας: "Έρχεται σύρραξη με Κίνα-Ρωσία -Προετοιμαστείτε για πόλεμο" - Απειλούν και οι ΗΠΑ με στρατιωτική δράση - WarNews247
オーストラリア国防省 「中・露との衝突が来るー戦争に備えよ」-米国も軍事行動で威嚇
cce2

中国のソロモン諸島の基地問題に関する「レッドライン」発言を受けて、オーストラリアと米国から軍事行動の脅威の連鎖が起きている。

オーストラリアのピーター・ダットン国防相は演説で、「戦争に備えなければならない」と述べた。同時に、中国やロシアを1930年代のナチス・ドイツになぞらえた。

この日は、オーストラリアとニュージーランドの国民的記念日で、一般に「あらゆる戦争、紛争、平和維持活動において国に尽くし、命を落とした」すべてのオーストラリア人とニュージーランド人を記念する日です。

「中国とロシアは1930年代のドイツだ」

具体的には、ピーター・ダットン国防相は、ナチス・ドイツの亡霊を呼び起こし、オーストラリアは戦争に備えることでしか平和を維持できない、と述べた。

同時に、オーストラリア国民は、アンザックの犠牲が将来の地域紛争を防ぐことになると考えてはならないと強調した。

また、ダットンはロシアのプーチン大統領をアドルフ・ヒトラーと直接比較し、中国は第二次世界大戦に向けた1930年代のドイツと同じような道を歩んでいると主張した。

後日、チャンネル・ナインのインタビューでも同じような発言をしている。

「この地域で紛争が起こるだろう - そう遠くないうちに...」

「平和を維持する唯一の方法は、戦争に備え、国として強くなることだ」とダットンはチャンネル・ナインに語った。

「萎縮したり、弱音を吐いたりするのではなく。それが現実だ。」

アンザックデーの教訓について聞かれたダットン氏は、「紛争は決して遠い話ではない」と警告した。

「アンザックや第二次世界大戦、ベトナムや中東の人々が払った犠牲が、この地域に紛争が起こらず、永遠に続くことを当然だと考えるべきではない」と彼は言った。

「ヒトラーなどの人物は、私たちの想像の産物ではありません。プーチン大統領は、女性や子供を殺すことを望んでいる。そして、これは2022年に起こっていることなのです。」

中国の「言動」は、1930年代にヨーロッパの領土を奪い、1939年にポーランドに侵攻したナチス・ドイツと同じ道を辿っています。

「私たちは、地域と国の平和を維持するために、いかなる攻撃的な行動も正面から受け止め、各国に寄り添う必要があります」と述べ、人々が「何も起こっていない」ふりをするのは無意味だと付け加えた。

「平和は永遠には続かない」


「平和が永遠に続くと信じているならば....我々は歴史の過ちを繰り返すことになるでしょう」

今は1930年代とよく似通った時代です。そして、1930年代の終わりには、もっと早くから声を上げておけばよかったと思う人たちがたくさんいたと思います。

これが私たちの置かれている冷静な現実であり、私たちが受け取っている知性の冷静な現実なのだと思います。

オーストラリア首相:「 権威主義的な弧への挑戦 」

スコット・モリソン首相もアンザックデーの演説で、「民主的自由主義国家」に挑戦する権威主義国家の台頭に警鐘を鳴らした。

モリソンは、「帝国の弧」が貿易と航行の自由に関する国際ルールを遵守する国家の秩序に挑戦していると述べた。

「私たちの世界は変化しています。戦争が再びヨーロッパを揺るがしています。強制が再びこの地域を悩ませている。」と語りました。

「独裁の弧は、祖父たちが確保したルールに基づく秩序に挑戦している。そして、民主的な自由の民衆は再び共に立ち上がります」


米国は中国とソロモン諸島に軍事行動を起こすと脅す

太平洋地域の米国高官は、中国がソロモン諸島に軍事基地を設置することを許可した場合、ソロモン諸島に対する軍事行動を排除することを拒否し、両国間の安全保障協定が米国とその同盟国にとって「潜在的な地域安全保障上の影響」をもたらすと述べた。

しかし、現段階では、ソロモン諸島と中国の安全保障条約が結ばれていることを考えると、軍事行動は北京そのものにも向けられることになります。

ダニエル・クリテンブリンク米国大使は、安全保障協定締結後、中国がソロモン諸島に軍事施設を建設する計画を進める場合、米国とオーストラリアは中国に対する軍事行動を排除しない、と述べた。

ダニエル・クリテンブリンク大使(東アジア・太平洋担当国務次官補)は、先週、太平洋諸国へ派遣された米国高官代表団の一員でした。

また、カート・キャンベル国家安全保障会議インド太平洋担当調整官を含む米国チームは、マナセ・ソガバレ首相と「建設的かつ率直な」90分間の会談を行い、米国チームは中国との最近の安全保障協定締結に関する懸念について説明したと述べた。

米国の脅威

「ソロモン諸島の友人たちに、私たちの懸念事項を説明したかったのです。」とクリテンブリンクは言った。

「ソガバレ首相は、ソロモン諸島の見解として、今回締結した協定は純粋に国内的な意味合いしかない」と述べた。

しかし、我々は、この協定が我々だけでなく、地域全体の同盟国やパートナーにとって、地域の安全保障に潜在的な影響があることを明確にした」と語った。

火曜日、クリテンブリンクは、中国によって軍事基地が設立された場合、米国はこの地域で行動する意志があることを繰り返した。

「もちろん、我々はソロモン諸島の主権を尊重しているが、もし事実上の常設軍事施設、戦力投射能力、軍事施設を設置するための措置が取られた場合、我々は重大な懸念を抱いており、ごく自然にその懸念に対応するだろうということを伝えたかった」と述べている。

その答えには何が含まれるかと問われると、彼はこう答えた。

「いいですか、私は推測するつもりはないし、このような状況で米国ができること、できないことについて話す立場でもないんです。」

さらに記者団は、ソロモン諸島に海軍基地が建設された場合、米国が軍事行動を起こす可能性を排除するか、排除しない場合はオーストラリアのスコット・モリソン首相が設定した「レッドライン」に納得できるかどうかを問いただした。

その時の彼の答えは、「すでに述べたこと以上に付け加えることはない」だった。

「中国は海外からの支援とインフラを望んでいる」

クリテンブリンクは、中国の軍事的野心にも言及し、次のように述べた。

「この文脈で重要なのは、中国がより強固な海外後方支援と基礎インフラを構築し、PLA(人民解放軍)がより遠くまで軍事力を展開・維持できるようにしようとしていることが分かっていることです」

そこで、ソロモン諸島の友人たちと率直に話し合いたいと思ったのです。私たちは懸念事項を説明し...今後も状況を注意深く見守り、彼らとの関わりを続けていくことを示しました。

この契約書を見たのは、ごく一部の人たちだけだということがよくわかると思います。また、首相自身が、中国の許可を得てから詳細を公開すると公言しているというが、これも懸念材料だと思う」とクリテンブリンクは述べている。

クリテンブリンクは、「米国は、米国と中国、あるいはその他の国のどちらかを選べというようなビジネスをしているわけではない」と述べている。しかし、彼は「地域全体のすべての友人にとって不可欠であると信じる、共通の利益と原則に関する積極的なビジョン」を推進することに関心がある、と。



米国は、中国がソロモン諸島に軍事基地を建設した場合、軍事行動を起こす可能性を否定していない。
オーストラリアの国防相(@PeterDutton_MP)は、戦争に備えるべきと発言している。