"Mit Soja verwechselt": Klima-Terroristen vernichten in Frankreich 1.500 Tonnen Getreide (report24.news)
「大豆と間違われる」:気候変動テロリストがフランスで1500トンの穀物を破壊
extinctionrebellion_frankreich

この行為は、「絶滅の反乱」の殺人的な暴力テロリストによるもので、彼らのシンボルは「未来のための金曜日」のデモでも掲げられている。極めて危険な状況下で、貨物列車を停止させ、重大な列車事故と死者を出す危険を冒したのである。その後、50人の過激派が列車に乱入し、積荷を線路に投げ捨てた。

例えば、危険な反国家的準軍事組織が、素晴らしいドイツ国家を攻撃しようとしている、という話を思い出してほしい。このようなおとぎ話のようなストーリーを、何週間もかけてメディアが煽っているのを、今回のフランスの事件に当てはめてみると、だいたい合っているはずです。ただ、フランスでは、左翼過激派の「気候保護主義者」とされる人々に関するものである点が異なる。

事件現場:ブルターニュ地方ポンティヴィーの鉄道沿線。犯行時刻:2022年3月19日 「工場耕作に反対するブルターニュ」「絶滅の反乱フランス」のテロ集団が鉄道線路に高い壁を作った。もし、運転士がこれに気づいて列車を停止させるのが間に合わなければ、死者が出るような大事故になっていたかもしれない。今回調査される犯罪は、鉄道交通の危険な妨害、強要、過失による殺人未遂などです。

275835130_1980214202150655_6
画像: FDSEA オートソーヌ、フェイスブック

制服組のテロ集団はすでに空港を攻撃している

制服を着た過激派は、イギリスを中心に数々の危険な犯罪を犯してきた「絶滅の反乱」の表紙にあるロゴを身に着けています。例えば、空港がドローンの危険な活動の標的になったことは何度かあります。このロゴは、ドイツとオーストリアの「未来のための金曜日」デモで、当局の介入なしに定期的に表示されています。明らかに反民主主義的な「絶滅の反乱」運動の創始者であるロジャー・ハラムは、アムネスティ・インターナショナルでの演説で、自分のグループの考えを実現するためには、必要なら血をもって政府を転覆させなければならないと公言している。ハラムは後に、ホロコーストを「ただのクソの役にも立たないもの」と言った。しかし、その後の彼への批判は、大きな結果にはつながらなかった。

275806574_1980214245483984_59

活動家はパンより頭が悪いらしい

さらにその結果、制服を着た50人の過激派が列車に乱入し、積荷を線路に投げ捨てた。そして、幻滅が訪れた。実は、大豆に抗議するつもりだったのですが、こうして1,500トンもの穀物を破棄してしまったのです。ウクライナ戦争で世界的に穀物が不足しつつある時にです。無駄になった穀物から600万個のバゲットを焼くことができたのです。金銭的な被害は200万ユーロに及ぶため、上記に加え、さらなる刑事責任を追及しています。この貨物は、アヴリル・グループの子会社であるサンダース社向けであった。その後、穀物業界の代表が政府との会談を申し入れた。

NGOから毎月給料をもらっているテロリストたち

Sciencefilesが2019年に調査したところ、「絶滅の反乱」の過激な襲撃や行動への参加は高報酬であることが判明しました。当時、1カ月あたり最大1,800ユーロという金額の「ボランティア生活費」を口にしている。この資金は、ジョージ・ソロスに関連するNGOから提供されたと言われています。(エポックタイムスによる徹底的な調査により、直接の関係はないが、間接的な関係が2つあることが判明した)。サイエンスファイル

したがって、気候を何よりも優先させる活動家は、気候を何よりも優先させるために資金を調達しているのです。有料の偽善は、その後、偽善の変態版であると思われる。最下層を貶めることにかけては、左翼はとてつもなく想像力が豊かです。

フランスのサイトWeb-agriによると、AFP通信社のカメラマン、ジャン・フランソワ・モニエが「まったく偶然に」その場に居合わせ、行動の一部始終を記録していたという。これに基づく sudouest.fr による報道「慈悲深い」と言えるでしょう。ウクライナのブチャで開催されるステージなど、多くのイベントでAFPはいつも「まったくの偶然」に最初に知らされ、その場に居合わせることができます。さらに、AFPは「ファクトチェック」という名目で検閲ビジネスを展開している。Web-agriでは、活動家の大豆の言い訳は知りません。むしろ、テロリストの言い分が引用されています。

この穀物をブルトンの一部の家畜の餌として投棄することで、私たちの農業が回復を目指す土壌とのつながり、ブルトンの土地とのつながり、まさにこれほど多くの動物を飼育することの衝撃に耐えられない土地とのつながりを象徴しています。

「絶滅の反乱」は緊急に禁止されなければならない

移民危機の際、狂信的な移民擁護者であったキャローラ・ラケットは、いくつかのイベントで絶滅の反乱のロゴを身に着けていました。グレタ・トゥンバーグなどは、テロ組織のロゴを掲げてロンドンに登場しました。

※本当は気候変動の過激派を装った危機を演出する一連の食糧攻撃じゃないの?


さらなる食糧危機の演出と価格高騰へ....

Over 120,000 Pounds of Ground Beef Recalled Nationwide Over E. Coli Concerns (theepochtimes.com)

大腸菌の懸念で12万ポンド以上の牛挽肉が全米でリコール(さらなる食料供給への悪巧み)
2022年4月27日

米国農務省(USDA)の食品安全検査局(FSIS)はこのほど、大腸菌O103に汚染されている可能性があるとして、全国で120,872ポンドの牛挽肉を回収すると発表した。

ニュージャージー州スウェデンズボロにある加工施設レイクサイド・リフレーデッド・サービスが、該当する製品のリコールを発表しました。対象製品は、2月1日から4月8日の間に製造されたものです。

FSISは、この牛肉製品を摂取したことによる有害事象の報告は確認されていないと発表しています。消費者は、このリコールの対象となる製品を食べないようにし、製品を購入した場所に戻すか、廃棄するように指示されています。