Hal Turner Radio Show - Allow me to introduce . . . Transnistria. It's a place you'll be hearing a lot about shortly
沿ドニエストル:ここはあなたがすぐに多くのことを聞くことになる場所です
Transnistria-map_large

ウクライナとロシアの間で続いている敵対関係が、沿ドニエストルという小さな土地に飛び火しようとしている。正式にはプリドニエストロヴィア・モルダヴィア共和国(PMR)で、国際的にはモルドバの一部と認められている未承認の離脱国家です。

沿ドニエストルは、ドニエステル川とモルドバ・ウクライナ国境に挟まれた狭い土地の大部分と、川の対岸にある一部の土地を支配している。首都はティラスポリで、最大の都市です。

沿ドニエストルは、アブハジア、アルザフ、南オセチアという3つの未承認または一部承認された国家によってのみ承認されている。

モルドバ共和国の公式名称は「ドニエステル左岸行政区画」(ルーマニア語: Unitățile Administrativ-Teritoriale din stînga Nistrului)または「ドニエステル左岸」(Stînga Nistrului)であり、ロシア軍の占領下に置かれている。

この地域の起源は、1924年にウクライナSSR内に成立したモルダヴィア自治ソビエト社会主義共和国に遡ることができる。第二次世界大戦中、ソ連はモルダビアASSRを解体し、ルーマニア王国のベッサラビアの一部を取り込み、1940年にモルダビア・ソビエト社会主義共和国を成立させた。

現在の歴史は、ソビエト連邦解体中の1990年に、モルドバがルーマニアとの統一や独立を求めた場合、ソビエト連邦内に留まることを期待してプリドネストロヴィア・モルダヴィア・ソビエト社会主義共和国が設立され、1991年8月に後者が成立したことに始まる。

その後、1992年3月に両者の間で軍事衝突が始まり、同年7月に停戦に至った。

停戦協定により、非武装地帯の治安は、ロシア、モルドバ、沿ドニエストルの3者による共同管理委員会が監督しており、両岸の20自治体で構成されている。停戦は維持されているが、領土の政治的地位は未解決のままである。沿ドニエストルは未承認だが、事実上独立した大統領制の共和国で、独自の政府、議会、軍隊、警察、郵便制度、通貨、車両登録を持っている。

主な民族グループは、ロシア人、モルドバ人/ルーマニア人、ウクライナ人です。モルドバ政府は憲法、国旗、国歌、紋章を制定しています。2005年のモルドバとウクライナの合意により、ウクライナの国境を越えて商品を輸出しようとする沿ドニエストル企業はすべてモルドバ当局に登録しなければならなくなった。この合意は、2005年にモルドバ・ウクライナへの欧州連合国境支援ミッション(EUBAM)が発効した後に実施された。沿ドニエストルの多くはモルドバ国籍を持つが、ロシア、ルーマニア、ウクライナの国籍も持っている人が多い。主な民族はロシア人、モルドバ人、ルーマニア人、ウクライナ人である。


沿ドニエストルは、アブハジア、南オセチア、アルザフとともにポストソビエトの「凍結された紛争」地域である。これら4つの部分的に承認された国家は、互いに友好的な関係を維持し、「民主主義および国民の権利のための共同体」を形成している。

ウクライナの「戦争」は今や沿ドニエストルを巻き込んでいる

ここ数日、沿ドニエストルで爆発が相次いでいる。 ロシア兵は戦時下にあり、モルドバも戦時下にある。 

沿ドニエストルにはロシアの軍事兵器の巨大な武器庫が保管されている。ロシアがウクライナの軍隊をほとんど壊滅させた今、ウクライナはその武器を手に入れたいと考えているのです。

これらの兵器供給は、迫り来るロシア軍からオデッサを守るウクライナの能力を大幅に向上させるだろう。

昨夜、重要な橋がミサイル攻撃で破壊され、モルドバからウクライナのオデッサへの供給路が寸断されました。 その橋を渡るガソリンタンカーを満載した列車が破壊されました。

BridgeTransnistra

沿ドニストラの民間人は現在、国境を越えてモルドバに向かおうとして、大移動している。  すべての国境で大渋滞が発生している。  一方、モルドバは、入国者全員をチェックするために警察の検問所を設置している。

噂では(この記事の公開時点では未確認)、ルーマニア軍がモルドバに入り、モルドバ軍の制服を与えられてモルドバ軍を装っているとのことです。

ルーマニアは現在NATOに加盟しています。 

つまり、NATOがモルドバを通じて、ロシアが支配する沿ドニエストルに対して、ウクライナをめぐるトラブルを意図的に起こしているように見え始めているのです。 どうですか、複雑でしょう?

ちなみに、モルドバ軍のふりをしたルーマニア軍が沿ドニエストルのロシア軍を攻撃すれば、「NATO」はロシアを「攻撃」したことになり、「ドンキーコングのように始まった」ということになります。

ウクライナ側はマリウポリでアゾフのナチスと「交換」するための人質を探している

ウクライナ人ジャーナリストのユーリ・ブトゥソフ氏は、「本当に起こっていること」をこう説明している。

「マリウポリを救うためには、沿ドニエストルを攻撃する必要があると私は確信している。

マリウポリを救うには、たった一つのチャンスしか残されていない」

ブトソフは6つの理由を挙げているが(上記記事参照)、1つ目は

何千人ものロシア軍を捕獲し、交換すること。

ハル・ターナー分析

かなり絶望的な計画のように思えるが、彼が意図しているのは、マリウポリにあるアゾフスタル製鉄所に閉じ込められた人々と交換に提供できる十分な数の捕虜を、ウクライナがロシア軍から捕獲することにある。

その後、ウクライナは沿ドニエストルをモルドバに引き渡すことを想定している。

この計画は、ロシアが何もしない限り、完璧に機能する...ただし、ロシアはすでに「何もしない」わけではない。

トランスミストラに対するこの動きは、NATOが自国民をアゾフスタルから追い出すのに完全に絶望していることを明確に示している。

彼らは、もしNATO軍がアゾフスタル製鉄所内で捕えられ、ウクライナと並んでロシアと戦ったならば、ロシアはNATOが文字通りロシアに対して実際の戦争を行ったという鉄壁の証拠を手に入れ、「NATOが攻撃したのでゲームオン」となることを確実に知っています。


Hal Turner Radio Show - Israeli Troops Arrive in Ukraine to FIGHT RUSSIA!
イスラエル国防軍部隊がロシアと戦うためにウクライナへ到着
IsraelTroopsUkraine_large

サイト先に動画あり

ウクライナのナチスアゾフ大隊はイスラエルの嘆きの壁で祈ることを許されている
AzovNAZIPraysAtWailingWallInIsrael

人類最後の「エゼキエル戦争」の始まりの序章部分かもしれませんな....


※ロシアの情報ではシリアで経験豊富な3,000人のトルコ人部隊「灰色のオオカミ」がポーランド経由でウクライナに到着しているとのこと。
又、ルーマニアの飛行場から飛び立ったウクライナの戦闘機がオデッサを爆撃した。
ロシアは四方八方敵だらけです。