Klaus Schwabs WEF fordert "bedingungsloses Grundeinkommen" als Antwort auf Covid-19 (report24.news)
クラウス・シュワブ、WEFで「無条件のベーシックインカム」呼びかけCovid-19に対抗して
スクリーンショット (994)

2020年3月12日、WHOによりCOVIDパンデミックが宣言された。それから1ヶ月も経たないうちに、国連(UN)の高官が世界経済フォーラムのために「ユニバーサルベーシックインカム(UBI)はCOVID-19によって露呈した不平等に対する答えであるという文章を書いた。COVIDのパンデミックと言われる1ヶ月後に人類の「不平等」を発見し、この深い共産主義的要求で解決したいと思うのは、非常にエキサイティングなことです。

このテキストに関するすべては、パンデミックとそれに対する対応の両方が長い間計画されていたことを示しています。著者らは、「パンデミックのアウトブレイク」の一環として、いくつかの州が巨大な刺激策をまとめ、多額の資金を印刷すると説明している。これは理解できるだろうが、そのようなプロジェクトは「戦略的かつ持続可能」でなければならない。

この文章を読む限り、パンデミックもそれに対する対応も、かなり前から計画されていたことがわかる。著者らは、「パンデミック発生」の状況下で、いくつかの州が巨額の景気刺激策を打ち出し、大量の紙幣を印刷すると記述している。これは理解できるが、そのような計画は「戦略的かつ持続可能」であるべきだ。

だから、この危機から、すべての社会に蔓延している深刻な不平等を是正する新しい社会契約が生まれるに違いない。はっきり言って、もはや問題は、効果的な社会保護のための資源を見つけることができるかどうかではなく、どのように見つけることができるかということであるべきなのです。


資金調達の計画は、国境を越えた税法を世界中に作り、「脱税を防ぐ」ことです。もちろん、これは完全なコントロールと監視に他なりません。そしてもう一つの副作用は、豊かな国の人々に重税を課し、貧しい国の人々が無条件のベーシックインカムがもたらす甘い怠惰にふけることができるようにすることです。国連職員はこう言い換えた。「簡単に言えば、私たちは皆、公平な負担をしなければいけない」ということです。

メディアで長年にわたりキャンペーンを展開

以下では、「ダリア・リサーチ」による2017年の調査を紹介しますが、それによると、欧州人の68%が無条件のベーシックインカムを支持するとのことです。少し調べてみると、この調査は決して例外的なケースではないことがわかった。2020年以降、欧州では比較可能な調査や数値が多数のメディアで発表され、同時に国民に受け入れられるような「受け入れキャンペーン」が一斉に展開されました。ほとんどの場合、約2,000人を対象に調査を行った。しかし、その調査は、誰が発注し、実施するかに大きく左右されるようです。例えば2021年4月、オーストリアで行われたマーケティングエージェントの調査では、BGIに賛成したのは38.2%に過ぎなかった。このキャンペーンの一例として、『デア・スタンダード』(ジョージ・ソロスのプロジェクト・シンジケートのメンバー)の記事「コロナは無条件のベーシックインカムを促進へ」がある。

都合のいいことに、そのときローマ法王フランシスコも「無条件のベーシックインカムを考えるときが来た」と発表しました。その時、同じように計画に「燃えて」いたのがジャスティン・トルドーだった。彼はその後、特に非民主的なコロナ強硬派であることを証明し、自国の人々のために尽くす代わりに、常にWEFのすべての規定と計画を履行している。

フィンランドのBGEは盛大に失敗

このような共産主義的なベーシックインカムの唯一の大規模な 実証実験は、フィンランドで驚異的に失敗し、予定された試験期間の終了前に放棄された。いわゆる「左翼」の科学者は、これを受け入れようとしない。正しく裁かれたことがないとされる共産主義と同様、裁判の設定が間違っており、フィンランドの裁判は欠陥があり、意味がないと主張する。彼らは、最小の努力と最小の抵抗の道を選ぶことがほとんどである人間の本質を認めたく無いのです。フィンランドでは、2,000人の失業者が国から無条件でベーシックインカムを受け取っています。そして - なんということでしょう! その大半は失業したままでした。

国連当局者は、恐怖と脅しの戦術で記事を締めくくっている。

UBIを放棄する代替案はさらに悪いです - 社会不安、紛争、制御不能な大移動、社会的不満を利用し煽る過激派集団の蔓延の可能性が高まるのです。このような背景から、ショックはあっても壊れないような設計のUBIを導入することを真剣に考えなければならない。

完全な依存性、完全な制御

要するに、世界中の人々が国家に依存するようになり、何の見返りもなく毎月収入を得られるようになるということです。国家に代わって善行には報酬を、悪行には罰を与える社会的信用システムの導入計画と合わせると、この道のりがどこに向かっているのかは明らかです。不従順な市民は罰せられることが保証されています。もし市民が不従順で、遺伝子ワクチンの接種すら拒否していたらと想像してみてください。その場合でも、ベーシックインカムを受け取ることができるかどうかは疑問です。もちろん、同時に彼らの仕事を奪ってしまえば、それは大変なことです。しかし、国民のためになることだけは、当然ながらすべて行います。

非常に小さな文字で、淡い色の文字で、WEFはこう述べている。この記事で述べられている見解は、あくまでも著者のものであり、世界経済フォーラムのものではありません。それでは。