Tägliche False-Flag-Gräueltaten am Weg zum 3. Weltkrieg: Rakete trifft Bahnhof mit russischen Flüchtlingen (report24.news)
第3次世界大戦への道を歩む日々の偽旗残虐行為:ロシア難民を乗せた駅をミサイルが襲う
スクリーンショット (977)

今や、すでにNATOをウクライナ戦争に引き込むための事件が日常的に演出されているようです。恐ろしい戦争犯罪の連続は、このような説明を可能にする。マスコミがこれ以上調べようとしないのは、ジョージ・ソロスが自分のメディアプロジェクト「プロジェクト・シンジケート」に、ウルカインへの10億ドルの投資を守るように-国民がどんな代償を払っても-指示しているからであろう。

4月8日、トーチカUミサイルがクラマトルスク駅に着弾した。弾頭はクラスター爆弾であった。少なくとも30人が死亡、そして少なくとも100人が負傷している。当初、ウクライナはロシアのイスカンダルミサイルと発表したが、これは誤報で、すぐに現地の写真で反論された。都合のいいことに、すでにブチャを包囲していた報道陣全員が数分でクラマトルスクに到着し、何が起こったのか写真を世界中に送ってくれました。大本営にとっては、調査するまでもなくここでも明らかなことです。恐ろしいロシア人がこの戦争犯罪を犯したのです。

トーチカUミサイルは、ウクライナでほぼ独占的に使用されており、ベラルーシでも使用されているタイプです。ロシア側は、2020年にはこのタイプを段階的に廃止し、一切使用しないとしている。トーチカUはイスカンダルミサイルに置き換わっていたはずです。それを信じるか信じないかは人それぞれです。しかし、2つ目の既知の証拠によって、もう少し明確になった。ミサイルはプロコフスク近郊の小さな村、ドブロピリャから発射さ れました。この地域は100%ウクライナの支配下に置かれています。

3月14日にもトーチカUミサイルがドネツクを砲撃し、17人が死亡、36人の市民が負傷した。ウクライナ軍によって発射されたものです。ウクライナ側からのミサイル攻撃は、まったく別の標的があった可能性があると観測筋は推測している。しかし、この種のミサイルは1980年代に遡る「古い」もので、現在では過ちを犯しやすいとされている。

image-208

犠牲となったのは、鉄道でロシアに避難する予定のほぼロシア人が中心であった。このような事情から、ウクライナの意図は可能性の範囲内にあると言えます。特にアゾフ連隊の隊員は、攻撃してくるロシア軍から人間の盾になって隠れることを選ぶため、逃亡者に発砲したり、逃亡を禁止・阻止したりすることが知られている。

いずれにせよ、この件に関しても、世界世論は独立したオープンな調査を主張せざるを得ないだろう。あらゆる戦争犯罪、あらゆる民間人犠牲者が明確な証拠なしにロシア側に起因する以上、偽旗作戦や工作の可能性を想定せざるを得ない。これは、NATOを戦争に巻き込もうと必死で、核戦争につながる第3次世界大戦を引き起こす可能性があることを容認している「ディープ・ステート」の手にかかると、こうなる。世界のリーダーを自称するジョージ・ソロスにとって、その多くは、おそらくはすべてにおいて危機に瀕しているのです。

ジョージ・ソロスのウクライナへの介入:5000億ドルの投資がリスクにさらされる