イベント2-2022年5月20日 - アジアでの暗殺


2022年5月20日、イベント2が発生。それは、革命的なレインドロッププロジェクト(https://raindropdao.org)を率いるウィンストン・ウー博士の暗殺に関わるものである。このプロジェクトは、量子コンピュータを使用して、ヨーロッパの負の権力構造を破壊し、解体するもので、CERNとして知られる大型ハドロン衝突型加速器の運用も含まれています。

私たちガーディアンは、この情報を共有し、広め、それを防ぐことができるように求めています。

私たちが話してきたネガティブな結果を変えるには、もうほとんど時間がありません。

視聴者の皆さんには、このビデオを見終わった後、可能な限りシェアしていただくようお願いします。共有することで、連鎖的な効果が生まれ、これらの出来事を変える上で非常に強力な影響を与えることができます。それは「波紋」と呼ばれ、この小さな波紋が大きくなり、ネガティブなタイムラインの結果をもたらすために働いているネガティブな力を崩壊させることができるのです。

まず、2022年4月18日の偽旗を防がなければなりません。これは私たちの仕事の終わりではなく、始まりに過ぎません。この事件を防げば、2030年に向けて、他の重大な事件が次々と起こり、合計70件以上になります。その一つひとつを防いでいかなければ、負の連鎖を止めることは出来ません。

データによると、4月18日を防いだ場合、次に防がなければならない事象は5月20日です。この日、メディアで報道されることのない、人目に触れない作戦が行われます。東南アジアで、中国の元軍人科学者が暗殺さ れます。

この出来事が起きれば、確実にマイナスの結果が発生します。

その科学者の名は、ウィンストン・ウー(呉)博士。我々「 ルッキング・グラス 」 のガーディアンは既にウー博士に命が狙われていると警告を試みました。データによると、何度警告しても結果は変わりませんでした。たとえ彼が自分の身を守るための手段を講じたとしても、それだけでは不十分なのです。

その理由のひとつは、ネガティブな勢力も私たちと同じデータを持っていて、私たちの警告を予測し、それを回避することができるからです。

その結果、彼の死を防ぐには、情報を共有する視聴者の行動しかないと判断しました。広く共有されることで、タイムラインのデータ上でも、その出来事を防ぐことができることが明らかになりました。ネガティブな勢力が、その計画を公にし、明らかにすることで、計画を変更していきます。これは、多くの出来事を防ぐためのケースです。計画や日程が明らかになり、十分な周知がなされれば、その事象を阻止することができます。しかし、もし十分な数の人々がその日にちを知らされていなければ、阻止することは出来ません。

これが起きたのは、2001年9月11日でした。この日については、それ以前の数カ月、数年の間に、いくつかの事前警告がなされていました。しかし、その情報は十分に広まっていなかったのです。元CIAの諜報員で潜入者のジェフ・スウェディンバーグという人物が、この日の警告を何度も試みたのですが、彼の警告は無視されました。結局、この出来事は途切れることなく実現することになりました。

現時点ではほとんど知られていない呉博士の仕事とプロジェクトは、ネガティブな結果を阻止し、代わりにポジティブな結果をもたらすために非常に重要なものです。だからこそ、ネガティブな勢力は特に彼を懸念し、標的にしているのです。

呉博士のプロジェクトは「レインドロップ」と呼ばれています。量子コンピュータを使った彼の仕事を通じて、彼は今後数年の間にヨーロッパの権力構造に大きなダメージを与えることができるのです。

彼のプロジェクトは現在進行中で、5月に完成し、そこから彼の仕事は世界中に広がり始めます。彼は、現在の世界秩序を破壊するために莫大な資金を使い始めました。世界中にいる彼のプロジェクトに関わる人々もまた、彼のビジョンを実現するために力を貸してくれています。そして、多くの人々が、現在の権力構造を崩壊させるために彼に協力します。

彼は抹殺の対象になっており、このままでは2022年5月20日に殺されてしまいます。これにより、彼のプロジェクトは中止され、彼の作品や資金は没収され、関係者は逮捕されることになります。彼のプロジェクトは破壊され、負の時間軸は固まり、その時点から変更することができなくなるのです。

また、彼の研究は、大型ハドロン衝突型加速器(CERN)の運営を妨害するのに不可欠なものです。もし命が助かったなら、彼は自分の仕事を続け、そうすることで、負の権力機構によって計画された複数の恐ろしい出来事を防ぐことができるのです。

4月18日の攻撃を防ぎ、核戦争を回避できたとしても、2022年後半に経済崩壊が起こり、アメリカはカオスに陥ります。アメリカ人は、食料、基本的なサービス、水さえも絶望的になるでしょう。呉博士の仕事は、多くの人に経済的な救済をもたらします。このとき、呉博士の信者は、他の通貨や、ユーロなどの通貨でまだ価値を保っている暗号通貨で、数千万から数億を与えられるでしょう。彼の仕事は、多くのアメリカ人の命を救い、彼らはその資金を使ってまだ物を買い、混乱から逃れることができるのです。

負の勢力もこのすべてを見ることができるので、彼らは2022年5月20日に、ウー博士を暗殺することを計画しています。もしそうなれば、彼の仕事は破壊され、これから起こる壊滅的な出来事に対して、彼は全く良い影響を与えません。これによって、2030年の負の特異点が起こることが確実となり、それを阻止することは不可能となります。

すべてのデータは、2030年、シンギュラリティの負の結果を防ぐために、呉博士の命を救い、彼の仕事を継続しなければならないことを示しています。たとえ経済崩壊が起きても、核戦争が起きても、呉博士が生きていれば、負の結果を防ぐチャンスが残っているのです。

2029年末から2030年にかけて、呉博士と彼のプロジェクトは、ポジティブな結果を得るために活動しなければならないことが、我々のデータから判明しています。量子コンピュータを使ったCERNに対する彼の研究は、負の結果を阻止するための最も重要な側面の一つであることが確定しています。

私たちのデータは、彼の命を救う唯一の方法は、一人一人がこの情報を広め、呉博士と彼のレインドロップ・プロジェクトを支援することであることを明確に示しています。

次回のビデオでは、次に防がなければならない事象について説明します。しかし、今のところ、イベント1とイベント2を阻止することが最も重要な優先事項です。3月22日に行われたCERNの再活性化と再パワーアップにより、ネガティブな権力組織は、私たちの「ルッキング・グラス」のデータでさえ明らかにできなかった方法で、タイムラインをさらに大きく混乱させる計画を持っていると私たちは信じています。このことは、私たちにとって大きな問題です。

もし、私たちの情報がもっと早く、もっと広範囲に伝わらなければ、負の権力機構はCERNと協力して、私たちや誰かが負の特異点を阻止するのを完全に止めようとしていると思われます。だからこそ、呉博士の研究は非常に重要なのです。呉博士は、他の誰にもできない方法で、彼らの活動を具体的に狙い、破壊することができるからです。


イベント1:2022年4月18日 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
2030年のシンギュラリティ - 2つのタイムライン(衝撃の結末) : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)