ボーイング737-800型機墜落事故 - 終末速度での垂直落下



中国の飛行機墜落事故2022:財布、身分証明書はあるが、ボーイング737が空から落下した後、生存者は見つからなかった - ABC7ニューヨーク (abc7ny.com)

31mr102
31mr103


中国のMU5735は、わずか1分余りの間に突然機首から地面に落ち、事実上の自由落下となった。この問題について議論している経験豊富なパイロットは、パイロットによる意図的な操作か壊滅的な機械的故障だけがこの原因を説明できると考えている。爆発は見えず、パイロットからの連絡もない。自動操縦による緊急降下では、このような飛行パターンになることはないだろう。主翼は引きちぎられたようには見えない。

最近予防接種を受けたパイロットが心臓発作で死亡した例もある。しかし、中国は突然の心臓発作を引き起こすファイザー社のワクチンを使っていない。注目すべきは、MU5735がXun Jiang川の深い水域とダムの上空を通過したことです。私たちは長い間、水の上を飛ぶと電磁パルスが発生する可能性が高くなることを警告してきました。これはAF447便とMH370便の要因でもあった。中国東部のこの地域は断層だらけで、中国は引き伸ばされている。電磁パルスは、MU5735が飛行機に誤ったソフトウェアコマンドを与える原因となった。必死のパイロットがこの急降下を修正するのに十分な時間がなかったのです。


https://zetatalk.com/ning/31mr2022.htm
 https://www.airliners.net/forum/viewtopic.php?f=3&t=1471347&sid=a6778aeea23380843046c55a4f0185d f 

失速の可能性はかなり低いようです。

http://198.46.190.126/

BOOOM!!! 中国機が遠隔ハイジャックされ墜落した理由がわかりました。
その結果、中国のスパイが乗っていて、スウォルウェル議員(カリフォルニア州選出)と他の多くのアメリカの政治家の情報を持っていることがわかった。証拠がある、下にスクロールしてください。

BOOOOM!!!遠隔ハイジャック機には、エリック・スウォルウェル下院議員をはじめ、多くのアメリカの政治家の内情を知るスパイが搭乗していた。
墜落についての私の推測が大当たりだったことを確認した。荒らしは別の牙の仕業だと言って 隠そうとしてるが 飛行機に乗ってたのが スパイと全く同じ年齢で 政治家と同じように 金融業界で働いていたのに それはあり得んことだ。

私の推測です。中国人のかわいこちゃんは、人々が目を覚ました今、おそらくアメリカ政府の間違った人々を脅かしたのでしょう。これがその続きです。
以下の報告は、最初にタイプされたままでは、明らかに多くの檻をガタガタにしたので、修正しました。私たちが使っているISPの一つは、私がこれを投稿した直後にこのサイトを禁止しました。心配しないでください、まだ十分に「良い」ものです。
米国が中国東方航空のボーイング737をリモートハイジャックし、地上に垂直に飛ばした可能性がある。

更新:問題の飛行機は737MAX8ではありませんでした。1994年からあるモデルです。
彼らは911の飛行機で使われたのと同じ遠隔ハイジャックシステムを使った(かもしれない)。アメリカはボーイングのコードを持っている唯一の国であり、誰かがこれを行った。ハイジャックは、予想外に、非常にクリアなCCTVシステムで捉えられた。飛行機は、音速の壁をはるかに超えていた。私の推測では、マッハ1.7で、ボーイング機は、飛ばすつもりがなければ、急降下でやってしまうだろう。

1983年以降、ボーイング社の飛行機には遠隔ハイジャック機能が搭載され、テロリストによるハイジャックを不可能にしました。しかし、児童虐待をする大統領一家を持つ腐敗した政府が、戦争中にそれを使うことを止めることはできない。中国、それはアメリカがやったように見える。これがあなたの戦争です。そう、これは中国がワシントンに屈服せず、その後ワシントンが中国の外交官の渡航を禁止しブラックリストに載せた数時間後に起こったことです。飛行機はあの速度で持ちこたえるには、何の問題もなく完璧に無傷でなければならなかったのです。これは明らかです。フルスクリーンでご覧ください。アメリカは、こんな鮮明な映像はないと思ったのでしょう。これは、米国が「ボーイング737の問題」だと主張できないようにねじ込むつもりだが、問題があったのはこの機種の737ではなかったにもかかわらず、彼らはおそらく試みるだろう。

http://198.46.190.126/videos/remotecrash.mp4

遠隔操作で乗っ取られたなんて書いてあったっけ?いいえ。しかし、私にはそうだと言う資格がある。私は○○している間中、そのシステムのことを知っていましたが、愚かにもそれが「世界をより良い場所にする」と信じていました。何のためらいもなく、あれはリモートハイジャックだったと公言します。彼らはそのことで飛行機を非難することはできないが、おそらく非難しようとするだろう。ボーイングは中国と一線を画し、中国の耳にデタラメを吹き込むつもりだ。
現実:ハイテク戦争の新しい顔を見つめること。それはまさにそのようなもので、1983年以降に導入されたボーイング機であれば可能です。

※うーん.....あまり興味ないな、どうでもイイ記事でしたな....