Klaus Schwab’s WEF Reveals Plans To ‘Re-Engineer’ Humans To ‘Remove Free-Will’ And Turn Humanity Into Bill Gates’ Puppets – enVolve (en-volve.com)
クラウス・シュワブ、世界経済フォーラムで人類を「再統合」して「自由意志を排除」し、ビル・ゲイツの「操り人形」にする計画を発表

schwab-678x381.jpg.optimal

クラウス・シュワブのアドバイザーによると、人間は今や「ハッキングできる動物」であり、人間にはもはや「自由な選択」がなく、ビル・ゲイツによって「リ・エンジニアリング」されると警告している。

WEFの公式寄稿者であるユヴァル・ノア・ハラリ博士のスピーチが収録され、クラウス・シュワブが言う 「変わるのはあなたたちだ 」とはどういう意味なのかが明らかになった。

シュワブ氏が言っているのは、人類と、エリートが計画した突然の変化のことだとハラリ博士は言う。「多くの暴君や政権が(過去に何百万人もの人々を)ハッキングしようとしたが、誰も生物学を十分に理解していなかった」と、動画の冒頭でハラリは言っています。

「数百万人をハッキングできるほどの計算能力とデータを持つ者はいなかった ゲシュタポもKGBもできなかった。しかし、まもなく、少なくとも一部の企業や政府は、すべての国民を組織的にハッキングできるようになるだろう」と言い、その後に冷ややかな脅しをかけている。

「私たち人間は、もはや神秘的な魂ではないという考えに慣れるべきでしょう。我々は今やハッキング可能な動物なのです」



しかし、ハラリ博士によれば、このような人間の生活とテクノロジーの融合は、自分たちの未来を良くするという意味では、平均的な男女に利益をもたらすものではなく、むしろ、自分たちのために「デジタル独裁を築く」だけでなく、「人生の未来そのものを再構築する力を得る」少数の「エリート」集団に利益をもたらす。なぜなら、一度何かをハッキングした人は、通常、それを工学的に操作する方法も見つけ出しているからです。」と言います。

エリートが人類の再設計に成功したら、私たちのDNA、脳、身体、生命データは「私に属するのか、どこかの会社に属するのか、政府に属するのか、もしかしたら人類の集合体に属するのか」という問題を解決しなければならなくなります。

もちろん、ビル・ゲイツも関わっています。

ハラリ氏によれば、この移行の「原動力」の1つは、IBMやゲイツ氏のマイクロソフトのプラットフォームのようなクラウド技術になると言います。

「人間は今やハッキング可能な動物であると、ハラリ博士はビデオの別の場面で語っている。「人間には魂や精神があり、自由意志があり、私の中で何が起こっているかは誰も知らない、だから選挙でもスーパーマーケットでも、私が何を選んでも、これは私の自由意志だ、という考え方は、もう終わったのです。」

「自由意志、それはもう終わったことだ 」と強調します。


Billgates.jpeg.optimal
ビル・ゲイツとマイクロソフトは、人類の「リエンジニアリング」と「進化」に関わることになる、とハラリ博士は言う

「今日、私たちは人間を大規模にハックする技術を持っている 」とハラリは言い、さらに 「すべてがデジタル化されている」と付け加えた。すべてが監視されているのです。

「この危機の時代には、科学に従わなければならない」と、ハラリ博士は主張する。「COVIDの危機は、平時には人々が決して賛成しないような良い改革を行う機会でもあるのですから。しかし、危機的状況下では、我々にチャンスはない、だからやろう、となるのです。」

クラウス・シュワブ、ハラリ博士、そしてWEF全体へのニュースフラッシュです。私たちは、あなたたちに気づいている。私たち「非エリート」がこのまま寝かせておくと思ったら大間違いだ。
転載終わり

参考:
世界の政府がグレートリセットさせるために共謀していることを証明する情報公開文書 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
デジタル監視計画:ワクチン接種に応じて「自由」を付与 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
目的と背景:COVIDとグローバルコモンズの盗難 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
米国特許11107588 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
mRNAワクチンを介して脳をコントロール : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
ペンタゴンは脳を制御するための目に見えない粒子を開発 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)