World War 3 Rehearsal – The Third World Fire Pending – Part 3 – BattleForWorld
バイデン、ウクライナ問題でロシアに大規模な制裁を加える代替案は「第三次世界大戦」だと発言

BATTLEFORWORLD.COM – 2022年2月26日:米国とその同盟国は、モスクワの決定とウクライナで進行中の軍事作戦に関して、ロシアに多数の狂気の制裁を放ち、政府高官、ビジネスマン、銀行、経済部門全体を機能不全に陥れようとしています。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、この計画を「特別な軍事作戦 」と位置付けている。

米国大統領ジョー・バイデンは、ウクライナを「侵略」したロシアを罰するための制裁の唯一の選択肢は、「第三次世界大戦」を始めることだと考えています。

「あなたには2つの選択肢がある。第三次世界大戦を始める、物理的にロシアと戦争する。あるいは、国際法に反する行為をした国が、それをしたことの代償を払う羽目になるようにすることだ」とバイデンはポッドキャスターのBrian Tyler Cohenとのインタビューの中で語っている。そして、「...彼の "当初からの目標 "は、NATOと欧州連合を 「同じページに立たせる」ことだった。

「プーチンはNATOを分裂させ、自分が通り抜けられる大きな隙間を作ることだと考えていたようです。そして、あなたが気づいたように、それは起こっていない。完全に一致したのです。そして、ロシアはこの短期的、長期的、特に長期的に深刻な代償を払うことになるだろう」とバイデンは述べた。

北大西洋条約機構(NATO)は、アメリカの軍事力の延長線上にある。加入を許されるのは、ロシアに近い国、国境を接する国である。アメリカとイギリスの支配エリートは、まずロシアを心理的に、そして密かに攻撃し、最後の攻撃として、ロシアへの軍事侵攻を行う計画を立てたところです。- 2020年に向けて、ウイルスの放出は、住民をコントロールするための土台作りと、支配エリート、すなわち7人評議会[ここ]による、彼らの新しい経済と社会システムを実現しようとする悲願の計画を始めるためのものだったのです。

世界経済フォーラムの創設者クラウス・シュワブは、支配エリートのために働いている。
大学、企業、政府などから、若いリーダー志望者を集め、新しい経済秩序と社会制度についての考えを支持し、国民に売り込むように教え込むのが、彼の仕事でした。オーストラリア、カナダ、アメリカ、イギリス、EUなどの政府の意思決定機関の半分は、世界経済フォーラムのイデオロギーが世界中で具体化しようとしていることの足跡をたどっているのです。

「政府がワクチン接種者と非接種者を分ける-差別の時代」COVID-19は世界の経済、ルール、規制、社会秩序などを廃絶すること」 コロナ・ウイルスの陰謀は、新しい経済・社会システムのリセット計画を世界中で実行し始めることだったが、研究所で作られたウイルスを倒すために秘密集団が関与し、崩壊し始めたのです。ロシアと中国は、かつて国であったEU諸国のように、植民地・属国となるリセット計画に同意していませんでした。- 支配エリートは、ウクライナやロシア周辺の他の国境国を利用して、NATOに引き入れ、ロシアの緩衝材となる安全保障を取り除き、ロシアを不安定にし、最終的には植民地/属国にしてきました。

中国も同じように計画されている。つまり、アメリカとイギリスは、7人評議会を介して、支配を続けたいのです。世界の人々は、王族や古い銀行家など、血統の異なる白人で構成され、何世紀にもわたって下っ端を使って政府に影響を及ぼしてきた影の評議会が存在することに気づいていないのである。

これが、ロシアのプーチン大統領が直面しているものです。影の評議会は多くの「ソフトパワー」、すなわちメディアを利用します。今、プーチンに対してそれが働いているのがわかります。国民は、メディアや政府、国家指導者にいかに操られているか、このすべてに気づいておらず、生活や娯楽、来るべきメタバースとダウンサイジング生活にしか関心がなく、メタバース改変現実社会が90億人を必要としないこと、したがって人口の大部分は大量虐殺されなければならないことをまだ知らないのです。

ロシアと中国の上層部は、影の評議会秘密謀議によく気づいている。- リセットの筋書きはまだ早い。- ある情報筋によると、新しい経済の内容はすでに決まっているが、問題はそれをオンライン化することだと語った。この経済は、世界経済フォーラムが推し進めているものです。このフォーラムは、世界中で実施したいことの特徴をたくさん盛り込んだフローチャートを、ここに
掲載しています

カナダで起こっていることは、リセットの陰謀と結びついています。- 西側メディアは、アフリカ大陸での絶え間ない攻撃と戦争(数え切れないほどの数の死者を出している)に注意を払わない。
※地獄が始まってます

海外のツイートやいろんな投稿を見ていると、WW3の土俵にプーチンを引きずり込む事に成功したようだ。欧米の破産状態をうやむやにするために、或いは他のことから目をそらすためにロシアを利用してWW3をやるだろう。
と、そのような意見が多かった。

CIA又はタヴィストックなどで10年以上前に考案された、ジョンタイター物語の時、すでに計画されていたのかもしれない。
ジョン・タイター:第三次世界大戦はウクライナで始まる:アレクサは何と答えた? : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

アレクサは第三次世界大戦は、2023年11月22日PM6時05分からですと回答:ロシアはドイツを攻撃する



コロナ騒動一つとっても今までではありえない状況が世界中で起きた。
まさか世界中の政府が自国の国民を殺そうとするなんて誰が考えたでしょうか?
今は1939年頃の焼き直しですか?明らかに、すでに激動の時代に突入しています。


・EUはロシアの航空会社の空域を閉鎖。

・プーチン、ラブロフ、その他幹部の資産凍結。および銀行のスイフト決済停止。


キエフから遠く離れた先で脈打つ光


世界最大の上場天然ガス会社であり、売上高ではロシア最大の企業であるガスプロムの財務担当役員が、サンクトペテルブルクで自殺により死亡しているのが発見された。

【ロシア・ショック】

1) NATOのパートナーは、ロシアをSWIFTから排除する。

2) ロシアがヨーロッパへの石油・ガスを遮断する。

3)ヨーロッパがメルトダウン。中東の石油・ガスに猛ダッシュ。

4)ロシアとイランがホルムズ海峡を封鎖し、輸送を遮断する。中国も1ヶ月以上前の演習に参加していたため、参加する可能性あり。
ロシアと中国:新世界秩序計画を発表 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

5) アメリカは停電。

6) 中国が台湾を占領。

7) 大規模なハイパーインフレと食糧不足で世界的な大混乱になる。



NWOが世界に伝える、破壊のための次の一手

BitChute
NWOが停電をお知らせ致します




ロシア連邦がラトビア、リトアニア、スロベニア、エストニアとの領空を閉鎖した。これは、連邦航空輸送庁で報告された。

欧州委員会、フランス、ドイツ、イタリア、英国、カナダ、米国は、ロシアの特定の銀行をSWIFTから切り離し、ロシア中央銀行が制裁を弱めるために国際準備を展開するのを防ぐ制限的措置を講じると発表

列車を待つウクライナ人......我々もいつか...



欧米の政治家たちは、もう20年以上もプーチンとロシアを悪者扱いしてきた。2000年から2001年にかけてブッシュがABM条約(冷戦デタントの礎)を一方的に脱退したときに始まり、そのときプーチンは、脱退とポーランドとルーマニアの「ミサイル防衛シールド」によってロシアと西側が対立の方向に進むと警告していた。2014年のマイダンでようやくロシアは対立が不可避であることを確信した。プーチンは8年前から対応を計画しており、西側諸国はロシアがどこまで自分たちの安全を確保する覚悟があるのか、見当もつかないと思います。この時点で核対立を止められるのは、そもそもこの危機を作り出した西側ディープステートを排除することでした。しかし、西側諸国は24時間365日洗脳された状態で生活しており、2020年の米国選挙プロセスも認識できないほど能天気にさらされたので、この物語のハッピーエンドはあまり期待できません。


ルガンスクで大きな爆発:世界最長パイプラインが爆発 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
※日本のニュースではロシアが爆破したと報道

ウクライナ軍はルハンスクのガスパイプラインを攻撃した
FL6S67EXEAoSLgF