ゴーファスト2014ロケットは、堅調に天井ドームにヒット

The GoFast 2014 Rocket Hits Firmament (roxytube.com)


GoFast 2014 民間企業(NASAではない)ロケットが地球の天井ドーム「Firmament」に命中

Firmamentドームに当たるロケットhttps://brandnewtube.com/v/dC5uUh

ロケットは、「バーン」と上がって空中で止まるわけではありません。そのためには、何かにぶつからなければなりません。それを論理といいます。

2014年、最速のロケットが登場し、どこまでの高さに到達できるかが試験されました。
ロケットはある力にぶつかり、その衝撃がロケットの衝撃を吸収したかのように突然停止し、爆発は起こりませんでした。

ロケットが地球のドームに衝突
コメント欄
・もし、ロケットがドームにぶつかったら、爆発したり、跳ね返ったり、壊れたりしないのでしょうか?なぜあのように減速して、回転している間は速くなくなるのでしょうか?

・私はこの打ち上げに参加しましたが、一番大変だったのは、ダムロケットをドームから引き抜くのに十分な長さのはしごを用意することでした。あなたが見たものは、デ・スピン・デプロイメント・カウンターウェイトとは何の関係もありませんでした

・うわー。なんてフツーの爆発的衝撃なんだ。firmamentとガスだけでできている大空。

・ロケットはバラバラにもならず、カメラも作動したまま。ドームはスポンジのようなもの?

・スポンジではなく、水です。創世記1:7 : 「それで神は大空を作り、大空の下の水とその上の水とを分けられた。」

太陽、月、星の高さです。ドームの大きさは、幅25,000km×高さ150km?それは近いですか?そして、太陽、月、星はすべて100キロ辺りですか?

・地球平面モデルでは、太陽と月の調査が続けられている。ある研究者は、太陽は地球から6000km(3728 mi)の距離にあり、いわゆる「ドーム」や「大空」の外側にあると考えている。同じ研究者は、ドームは地球から約130kmの高さにあると考えている。今後も調査を続けます。

・6000マイルの高さの太陽が地平線の下に最初に沈む?
あなたは基本的な幾何学を理解していますよね?
仮に太陽が100マイルの位置にあったとしても、その意味を理解していますか?
私は南回帰線から3000キロ南のタスマニアから来たのですが、太陽は常に私の北にあるはずですよね? しかし、太陽はオーストラリアの南西に沈んでいます。

・73マイルといえば、地球の大気圏から約50マイル上空、「宇宙」にいることになる。カメラでは眼下の陸地のこのような詳細を捉えることはできないだろう。また、高度が変化しても、その細部は影響を受けないように見えます。

・地球は青い氷でできたドームで、ユニークな大きさの小惑星の上にあり、動くプラットフォームの上にあり、3本の柱の上に乗っています。

・もう一方のカメラでは地球の平らなラインを見ることができます。

・これは、数年前に私がこの世界の本当の現実に目を覚ましたビデオです。私たちは美しい平らな静止した平面の上に住んでいます。これは事実です。私たちの主であり救世主であるイエス・キリストを讃えましょう🙏 ハレルヤ🙏。


・1:22の部分を見ると、打ち上げ時にオーストラリアから見えていた「地球の裏側」にある月が見えます。いや、飛行機の中ではもっと遠くだ。




※私があちこち見に行くサイトでは、地球が丸いとか自転しているとか思っている人は、もう少数です。「宇宙などない」と言う人も多いです。現実を見て来た退役軍人などから聞かされるようです。

スクリーンショット (607)

1958年の調査記録書のようです。
スクリーンショット (609)

今回のフライトでは、内陸部は特徴がなく、南緯80度、東経90度付近に高さ13,000フィートのドームがあることがわかりました。新しい山脈を発見 

スクリーンショット (608)
8e2939b9-s


南極は存在しない : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
世界保健機関、国際海事機関、世界気象機関、国際民間航空機関、および世界の航空地図はすべて平らな地球の旗を掲げており、フリーメイソンの陰謀を感じさせます。地球の形をめぐる議論は、南極上空を飛行すれば簡単に解決します。イルミナティは月に行ったことがあると信じ込ませています。しかし、人類は南極上空を飛行したことがありません。なぜか?存在しないからです。違法だからです。1958年に架空の南極点の飛行はすべて禁止されました。これは「国民国家条約」として知られているものです。国連が合意できる唯一の地政学的テーマです。

※つまり、南極上空を自由に飛行されてしまうと、わずか13,000フィートのirmamentドームに気付かれてしまうからです。そのための南極条約がないとNASAの商売宇宙詐欺が不可能になってしまいます。日本も共犯ですな
何をバカなことを!「地球は丸くて宇宙は広大である」と思う方はどうぞNASAのショーを引き続きお楽しみください。

有人で打ち上げるとドームにブチ当たって死んでしまいますからね
NASA:フリーメーソンイリュージョン : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
だから宇宙ステーションは水中ステーションなワケですね
NASA:フリーメーソンイリュージョン(2) : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

ブリタニカ百科事典は地球のドームを認めていた : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
地球平面上の太陽・月・星座時計アプリ チャンネル」のビデオでは、1958年のブリタニカ百科事典の項目で、地球の上にドームがあることを認めています。 もちろん、この記述はNASAや南極条約ができた後に削除されました。事実上、南極大陸の内部は将来の探検から封印されました。たまに海岸線を見学する以外は、南極大陸は立ち入り禁止区域です。この南極条約は「国民国家条約」とも呼ばれ、近代史上最も長い歴史を持つ条約でもあります。


スクリーンショット (306)

AEサークルモデルはカウンターインテリジェンス
1.春分の日の太陽の直線的な道筋。
2.赤道の北側と南側で日照時間が等しい
3.北側の飛行時間と南側の飛行時間が同じ
4.南半球の大陸は完全に比例しない
5.南部をノンストップで飛行するのは不可能な時間
6.南アメリカの17時間の夏至
7.65,000マイルの氷壁/ドームエッジの証拠はない。
8.少なくとも15台の南極ウェブカメラが24時間の日中を示している。
9.南極条約は探査を妨げない
10.旅行会社、研究者、探検家が証明する
11.日の出・日の入りの位置・時間の間違い
12.赤道直下では北極星が見えない
13.北極星を利用した航海は不可能
14.北と南で異なる星の回転が逆になっている
15.南は向きは違っても同じ星が見える
16.天体予報は個人の空を割り引く
17.太陽と月の速度がほぼ一定であること
18.地球上のあらゆる場所で、ありえない日食が起こる
19.太陽は一周しないので、北極では水平になる
20.逆行する太陽を見たことがないのは、熱帯地方の南にいるから


フラットアース:大空から出られない




スクリーンショット (332)
秘密の土地とは  ↓ ですか?

氷壁の向こうの世界地図
829ea9_bd45c3bd13cf4e83a

私たちの地球とは白い氷壁に囲まれた中央の部分だけです。地球を取り囲む氷の壁は常に国連軍が警備しているそうです。

外側にはフォラモサ・ウルティマ、
レムリア、アテン、オーディン、ジェミニアといった名前の島(国?)も....バカでかいですな

中央から右下にはISISやOSIRISやNEMOやアヌビスの島々
といった名前の島があります。

その右下の白い部分は
凍てつく荒れ地と書かれています。
そして左下の色分け部分は焦げ付いた廃墟と書かれています。
左側上の部分にはアスガルドの壁
右上の海の名前は深淵の海
829ea9_d5c88e2f78e548f681b



※他に何かを見つけたら次回に書きます
43

北極にある地球空洞世界への入り口も興味深いので情報を集めています
666

とにかくみんなキモチ悪いほど顔が真っ白なんです