Erstmaliger Nachweis des Impf-Spikeproteins bei einem mutmaßlichen Impftoten (report24.news)

ワクチン犠牲者におけるワクチンスパイクタンパク質の初検出
スクリーンショット (526)

人に実施されたCOVID-19に対するワクチン接種と、その接種に近接して発生した死亡との間に因果関係はあるのでしょうか?病理学者のアルネ・ブルクハルト博士とウォルター・ラング博士は、今回初めて、ワクチン接種に近接して死亡した人の血管病変と心筋炎がワクチン接種に起因することを明確に証明することができました。最初の法的評価では、この証拠は広範囲な結果をもたらすとされています。

現象は確認できるが、まださらなる調査によって証明しなければならない、とラング博士は2021年9月20日に開催された第1回病理学会ワクチン接種による死亡/COVID-19ワクチンの宣言されていない成分」で述べています。同イベントでブルクハルト教授は「第二段階は免疫組織学だ」と発表した。病理学者、生物学者、材料化学者のあらゆる武器が今、これらのものに解き放たれ、これがウイルス成分に関連したものであることを実際に証明することができるのです。

病理学会議 - 科学への研究呼びかけ

COVID接種に「一時的に関連して」死亡した8人の解剖結果が発表された。ロイトリンゲンからライブ配信されたこの会議は、観測された現象を研究するよう科学界に呼びかけるものでもある。しかし、その目的は、死因の解明や犯罪の解決だけではありません。また、COVIDワクチン接種により障害が発生した方の救済や適切な治療法の開発にも貢献することが同様に重要です。ブルクハルト博士は、すべての診断が可能になることは歓迎すべきことだと強調した。

科学者たちは、主流派から憎悪と悪意と検閲を受けただけだった。その結果、何人もの「ファクトチェッカー」たちが、その結果を検証していった。Googleで「病理学会」と検索すると、このようなイデオロギーに彩られたヘイトページばかりがヒットします。これだけでも、経験豊富な専門家たちがいかに厄介な事態を引き起こしたかがわかるが、彼らは決して落胆していない。

COVID接種に関連する死亡は「非常に可能性が高い」「可能性が高い」が優勢

12月4日のアップデートCOVID-19ワクチン接種後の死亡と健康被害は病理学的に検出可能か?では、病理学者が調査の進捗を発表しました。その際、死亡者15名のCOVID接種に関連する死亡について、以下のように判断しました。

これらの人々は、病院や集中治療室で亡くなっただけではありません。何人かは自宅で、そして職場や車内、路上でさまざまな死を遂げました。

Covid-19ワクチン接種後に死亡した人において、初めてワクチンスパイクタンパク質を検出した

2022年1月17日の報告書では病理学者は今、次のように報告している

Covid-19に対する「ワクチン接種」によって体内に形成されたスパイクタンパク質が、病理学的に検出された炎症や血管の病変の原因ではないかという疑いが、今回初めて免疫組織学的に確認された。

病理学者のアルネ・ブルクハルト教授とウォルター・ラング教授らのチームは、「ワクチン接種」の4ヵ月後に死亡し、血管病変とワクチンによる心筋炎を併発した人の血管から、ワクチンスパイクタンパク質を確実に検出することに成功しました。組織切片にスパイクタンパク質に特異的な抗体を用いて、通常の免疫組織化学的手法で検出することに成功しました。

この検出方法は、Covid-19の「ワクチン接種」後に顕著な病理所見が認められるすべての臓器・細胞障害に適用可能である。このことから、次のようになります。倫理的、法的、科学的な理由から、Covid-19に対する「ワクチン接種」による損傷に関連するすべての病理組織学的検査は、直ちにこの方法で補足されなければならない。

ロイトリンゲン、17.01.2022
アルネ・ブルクハルト教授・博士
ヴァルター・ラング教授・博士
https://pathologie-konferenz.de/
テレグラム:@PathologieKonferenz

遠大な結果をもたらす感覚

病理学会の主要な支援者であるコロナ委員会財団と緊密に連携しているニュースチャンネル、2020newsは、この決定的なブレークスルーに関して、センセーション:「スパイクのワクチンダメージがついに明確に検出可能に」 の中で次のように書いている

病理学者の所見は、さまざまな側面から注目される。一方、「ワクチン」の体内での作用メカニズムをより深く理解するための最初の出発点となるものです。これは、ワクチン被害者への治療法の選択肢につながる可能性があります。

しかし、証明の可能性が出てきたことで、当局や製造会社は、すべての被害を「存在しない」「想像」「偶然」「いずれにせよ『ワクチン』とは無関係」と表現し続けるのではなく、「ワクチン」の危険性をより詳細に検討することを余儀なくされています。このような背景から、より徹底的な解明が行われるまでは、ワクチン接種を中止するという選択肢も検討する必要があります。

しかし、最終的には、ワクチン接種者、ワクチン接種センター、製造会社の責任についても非常に具体的な問題があるのです。

ワクチンスパイク蛋白による被害に対するワクチン接種の因果関係が医学的に証明できるようになったのであれば、ワクチン接種の情報提供が不十分であったことは、医師の責任を立証する効果を持つ。情報は常に全く不十分で、常に使用されているRKIフォームは、「ワクチン」が試験期間の短さゆえに条件付き承認しか受けていないという事実など、本質的な部分を隠しているのです。