All They Want is Your DNA – To Be Added to PCR Test | Algora Blog


欲しいのはあなたのDNA-PCR検査に加えるために


image-2
写真: ジャネク・スカルジンスキー AFP

コロナウイルスのリスクが最も高い人は、簡単な遺伝子チェックで特定できると保健省が発表しました。

ポーランド保健省は、患者が重症または致命的なCOVID-19に罹患する可能性を決定する遺伝子が発見されたことを受けて、新しいタイプのコロナウイルスのスクリーニングを導入する予定です。

コロナウイルスによる深刻な影響を受ける、あるいは死亡する危険性が最も高い人は、遺伝子検査を用いて特定することができると、ポーランドの保健当局が今週明らかにした。この発見につながった研究は、同国の保健省と医療研究機関の支援を受けて行われたもので、約1,500人のCOVID-19患者が対象となっている。ビャリストク医科大学の研究者らは、ウイルスが個人に及ぼす影響の度合いに大きく影響する遺伝子を第3染色体に発見した。

アダム・ニージエルスキ保健大臣は木曜日の記者会見で、「1年半以上の作業の結果、(Covidによる)重症化の素因となる遺伝子を特定することができた」と述べました。

今回の研究成果は、ウイルスに感染したとき、あるいは感染する前に、ウイルスによるリスクが高まっている患者を特定するために応用される予定です。保健省は、PCR検査と並行して行うことができる「比較的簡単」で「迅速」な遺伝子検査を、数か月以内に開発して発表する予定です。

また、遺伝的な前提条件が明らかな人々を助けるために、世界中で実施される可能性もあると、ポーランド当局は述べています。

ビャリストク大学のジョアンナ・ザジコフスカ教授は、「これは、未来の医療である個別化医療への一歩であり、自分のゲノムを知ることで、健康に関してどのような害があるかを知ることができるようになる」とポーランド・ラジオに語った。

マルシン・モニウシュコ氏とミロスワス・ニエフスキ氏が中心となって行った遺伝的個体感受性の研究によると、染色体上に少なくとも1つのバージョンの遺伝子が存在する場合、患者はCovid-19の最悪の影響を受けるか、死亡する可能性が2倍以上高くなるという。この遺伝子は、急性疾患を引き起こす4番目に重要な因子であり、併存疾患よりもさらに重要なリスク因子であると言われています。この遺伝子は、年齢、肥満、性別(男性は女性よりもCovidに苦しむと考えられている)に次いで重要であるとされています。

この遺伝子は、ヨーロッパでは約10人に1人の割合で存在していますが、インドではその割合は約3倍で、人口の約27%が遺伝的に重度のCovidになりやすいとされています。ポーランドでは、ウイルスによる死亡率がEU平均を上回っており、人口の約14%がこの遺伝子を持っています。

同大学の広報担当者は、「パンデミックの発生当初から、同じような年齢の人でも、無症状で感染する人もいれば、命をかけて戦う人もいる理由を解明しようとしてきました」と述べています。今回の研究のおかげで、この現象の理解に近づいています。

ポーランドの研究は、特定の遺伝的要因とCovid-19に対する患者の反応との間に相関関係があることを示唆した初めての研究ではありません。2020年にイタリア人とスペイン人を対象に行われたゲノムワイド解析では、コロナウイルスによる呼吸不全に関連する血液型と第3染色体の遺伝子群が調査されました。特定のDNAマーカーを持つ人に重症化しやすい傾向が見られたほか、A型陽性の血液型の人はCOVIDによる呼吸不全のリスクが高いことが示されました。

また、ドイツで行われた研究では、同じ染色体上の遺伝子群と重篤な感染症のリスクとの間に相関関係が検出されました。一部の人がネアンデルタール人の祖先から受け継いだ、RNAウイルスを撃退するための変異が発見されました。