クリフ・ハイ

ワクチン接種を受けた人たちは、医療システムを圧迫しています。ワクチンを受けた親戚は、2種類のガンが現れ、他の人たちと競争しながら腫瘍学のシステムを通過しています。医者は「猛烈な癌の突然の流行」だと言っている。新規の患者はスペース制限のために追い返されている。




これですかね....

ワクチン接種は3つの段階を経て10年後までに癌で死ぬ : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

完全にワクチン接種を受けた人は1月末までにエイズを発症すると主張 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)




サンタカタリーナ州(ブラジル):30歳未満のアマチュアサッカー選手がプレー中に心臓発作を起こしました。彼は数日前にワクチンを接種したばかりでした。





ピーター・マッカロー博士:公式COVIDは「物語が崩壊した」 (wnd.com)

ピーター・マッカロー博士:公式COVIDは「物語が崩壊した」


ピーター・マッカロ博士は、著名な心臓病専門医であり、政府のCOVID-19政策との対決がジョー・ローガンのポッドキャストで4,000万回以上も再生され、高い評価を受けている医学者です。木曜日の夜、WNDのビデオインタビューで、既成のメディアやソーシャルメディアの検閲によって厳重に守られてきた公式のパンデミックのシナリオは、「完全に崩壊している」と語りました。

このシナリオには、「無症状の広がりに関する虚偽の記述、明らかに機能しなかったロックダウンとマスクへの依存、早期治療の抑制、失敗したワクチンの大々的な宣伝」が含まれていたと彼は言います。

マッカロー氏は、COVID-19の感染者数が記録的に増加していることについて、「ワクチンでは感染や伝播を防ぐことができない」ことを当局が認めているからです。

カリフォルニア州では、感染力は強いが症状の軽いオミクロン型が主流となっており、COVID-19の陽性反応が出て症状が出た医療従事者は職場に戻るように指示されたとマッカロー氏は述べている。

「それで、私はこれで終わりだと思います。これで終わりだと思います。シナリオは崩壊しました。人々はこれらのワクチンを望んでいないのです」とマッカローは言います。

「ワクチンは市場から撤去されるべきです。明らかに問題を解決していないのですから」

焦点となるのは、「症状が出たハイリスクの患者さんを、イベルメクチンやFDAから緊急使用許可を得た新薬パクスロイドなど、彼をはじめとする世界中の医師が効果を認めている初期治療で治療すること」だと言います。

マッカロー博士は、デンマークの研究や英国の保健機関のデータを引用し、ワクチンはオミクロンに対する効果がゼロであることを示しました。

「それは誤報ではない 」と彼は言った。「私はデータを引用しているだけだ。これらはすべて、調べることができます。ファクトチェッカーが見ることができます。私はデータを引用しているだけなので、誤報の疑いで問題になることはないと思います」

バイデン大統領は、マッカローを念頭に置き、ソーシャルメディア企業やメディアに対して、「番組で流れている誤報や偽情報に対処してください」と呼びかけました。それは止めなければならない」と述べました。

マッカローは、自分の研究が連邦最高裁を含む全米の裁判所で信頼されていることを指摘し、米上院での証言を行っており、今月末には再び上院で証言する予定です。


「誰が真実を伝えているのか、アメリカは知っていると思います」

WNDとの30分にわたるビデオインタビュー(以下に埋め込み)で、マカロは次のようにも語っています。

・COVIDの公式見解に反して、イベルメクチンのようなFDA(米国食品医薬品局)承認の適応外薬をCOVID-19患者の治療に使用した医師が処罰されていること、その中にはメイン州の同僚がいて、免許停止後に心理検査を受けるよう命じられたことも含まれている。

・1月23日にワシントンD.C.で開催されたワクチン義務化に抗議する集会に参加したこと。
・木曜日に最高裁が下したワクチン義務化に関する判決。
・オミクロンが「万能ブースター」としてパンデミックの終わりを告げる可能性があること。
・ワクチン接種が裏目に出て、ワクチン摂取量の多い国でパンデミックが悪化したというデータ。
・mRNAワクチンの致死性について。
・バイデン氏の大量試験プログラムについての見解。
・FDA(米国食品医薬品局)が承認した新しい治療法と、オミクロンを治療するためのシンプルで安価な市販のプロトコルに関する彼の見解。
・多くの医師がCOVID-19の患者を「傍観」して治療しようとしないこと。
・政府の健康担当トップの「能力の危機」。
・医師や患者、そして義務化に直面している従業員のためのリソースやサポートをどこで見つけるか。

「アメリカ人は、最終的には個人の選択が重要であることを理解するようになると思います」とマカロはWNDに語っている。「もしアメリカ人がブースターやワクチンを受けないと決めたら、どれだけ義務化されようと、どれだけ裁判所が判決を下そうと、ワクチンプログラムは崩壊するでしょう。ノーと言うだけのことだと思います。」

ワクチン接種については、「誰も強制することはできない」と述べました。「そして、安全性や有効性が確認されていないのです。だから、みんなが毅然とした態度でワクチンを辞退すれば、それがこの状況から抜け出すための一番の近道だと思います」

動画:ピーター・マッカロー博士 COVID公式の「シナリオは崩れた」
Dr. Peter McCullough: Official COVID 'narrative has crumbled’