やがてパンデミックやワクチンの話は影を潜め、残るのはすべての取引がデジタルIDを介して行われるキャッシュレス社会だけになるでしょう。あなたはそれに参加しますか?


今後、買い物をする際にデジタルIDを必要とすることに、黒い鏡をかざしてみましょう。



あなたは生活保護を受けていますか?お店やカフェで#MyGovIDとセンターリンクにリンクしたQRコードをスキャンすることを要求されたら、国はその生活保護費で何を買うかをコントロールできるようになります。



でも、レジでQRコードをスキャンして、あなたがどこにいて、何を買っているのかを政府に知らせなければなりません。😒と、そうですデジタルIDが給付金を受け取るために必要になります。

公共交通機関を利用していますか?ワクチン接種を受けたことを証明するQRコードをスキャンすると、予定していた目的地が#MyGovIDに送られます。私たちの記録によると、あなたは抗議活動のために逮捕され、市内中心部への立ち入りが禁止されています。あなたはこの電車に乗ることを承認されていません。



市民の皆さん、QRコードをスキャンして車を発進させ、#mygovIDの承認を得てください。目的地を設定してください。あなたは地域Yに到達するのに十分な炭素クレジットを持っていませんが、$金額を支払ってあなたの炭素をオフセットしますか?

あなたはY地域のカフェにいて、QRコードをスキャンして購入します。私たちの記録によると、あなたは地域Xの住民であり、あなたの取引は地域Yでは有効ではありません。
以下の理由が考えられます。
-地域Xは病気対策のために閉鎖されています。
-地域Xが炭素割当量を超えた。



これは空想的な話ですか?すでにA,B,Cのエリアに分かれた「国家」があり、民族宗教の状況に応じて特定の地域に入るための許可証が必要になります。その国家が「イスラエル」です。もうすぐ私たちはパレスチナ人のように扱われ、野外の牢獄に住むことになります。

※日本の場合はデジタルマイナンバーカードでしょうかね?
しかし、人材が足りないのと拒否感と抵抗で実現しなさそう....
ワクチンはパスポートです : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
デジタル監視計画:ワクチン接種に応じて「自由」を付与 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
目的と背景:COVIDとグローバルコモンズの盗難 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
英国政府:2022年より社会信用制度開始 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
世界経済フォーラム:紙のパスポートからワクチンパスポートに変更 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
ワクチンIDパスポートの世界情勢 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
2016年世界経済フォーラムの記事 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)