キラー・ワクチン: 完全にワクチンを接種した人は、
2022年1月末までにエイズを発症する


COVID-19のオミクロン変異体と疑われるドイツ政府のデータでは、完全にワクチンを接種した人の免疫系がすでに平均マイナス87%まで悪化していることを確認した上で、2022年1月末までにほとんどの「完全にワクチンを接種した人」がCOVID-19ワクチンによるエイズを発症することを示唆しています。
スクリーンショット (453)

ドイツ政府のCovid-19の数値は、ロバート・コッホ研究所が作成しています(こちらをご覧ください)RKI - ホームページ

最新のデータはこちらのPDFファイルでダウンロードできます。


14ページ目には、2021年12月30日の週刊COVID-19管理報告書が掲載されています。


image-7

Wochenbericht (rki.de)

翻訳
「6,788件の症例では、症状に関する情報が提供されており、そのほとんどが無症状または軽度の症状であった。症状のある患者に多く見られた一般的な、鼻水(54%)、咳(57%)、喉の痛み(39%)が挙げられました。124名の患者が入院し、4名が死亡しました。543例(5%)に異物混入が報告された。186人が未接種、4,020人が完全接種、そのうち1,137人がブースター接種を受けたことが報告されています。報告されたデータによると、オミクロンに感染したすべての感染症のうち、148件の再感染が見つかりましたが、いずれも見つかりませんでした。再感染した人に以前の病気が報告された。図9は、ドイツでこれまでに報告されたオミクロンの事例の分布を示しています。オミクロン・ケースはすべての連邦州で検出されています。
  • 186例 のワクチン未接種
  • 2,883例の2回ワクチン接種
  • 1,137例のトリプルワクチン接種
  • 4,020例の完全ワクチン接種

ドイツでは、70.53%が完全なワクチン接種を受けており、2.97%が部分的なワクチン接種を受けており、26.5%がワクチン接種を受けていない 
 
https://ourworldindata.org/covid-vaccinations


したがって、非接種者は人口の26.5%のうち186人が発症していることになります。

完全なワクチン接種者は、人口の70.53%のうち4020件。

このように、ワクチンを接種したオミクロンの発症率は、人口の57.0%(8300万人のドイツ人のうち、83,000人は1%)となります、従って非ワクチンのオミクロンの発生率は7.02%です。

したがって、ドイツでは、ワクチン接種者は非接種者に比べて57.0/7.02=8.12倍オミクロンに感染する可能性が高いことになります。これは、ワクチン接種がドイツの人々にもたらしたものです。

コッホ研究所は、12月30日の週報で通常のワクチン効果表を作成しなかった。これは休日のためか(イギリスは12月23日に完全に脱落した)、あるいはテーブルがワクチンにとって悲惨なことになるためである。しかし、ファイザー社のワクチン効果の計算式を使ってドイツ人に代わって計算することで、ここでドイツ人を助けることができます。

ワクチンの有効性=免疫システムの有効性=(1-8.12)/8.12=-7.12/8.12=-87.7%となります。したがって、ワクチンを接種した人は、ワクチンを接種していない人に比べて、オミクロンに対する免疫反応が87.7%低くなります。

つまり、平均的なドイツ人は、特定のクラスのウイルスや特定のがんなどと戦うための免疫システムが12.3%しか残っていないということを意味します。


10月10に発表したUKHSAのワクチンサーベイランスレポートの35週目から42週目までのデータを元にした予測です。予測される数値はオリーブグリーンで表示されています。


image-2
クリックして画像を拡大

その結果、ドイツの免疫系破壊率は87.7%となり、今年の免疫系破壊率を81.0%と予測した我々のモデルを6.7%下回っています(18歳以上の場合は、抗ワクチンを3回ではなく2回接種した場合)

オミクロンのONSデータが示すように、本当に免疫系を殺すのは3回目の投与です。

WHO報告書の表1bは以下の通りです。
 
コロナウイルス感染症調査(COVID-19)、英国:COVID-19陽性者のオミクロン適合結果に関連する特徴 (84.8 kB xlsx)


表 1b

スクリーニングされた人口統計学的特性別にみた、COVID-19陽性者のうちオミクロンの確率で陽性となる確率のモデル化、英国:2021年11月29日~2021年12月12日


image-3

この数字は、COVIDを持っていて3回のワクチンを接種した場合、COVIDを接種していない場合に比べて、オミクロンに感染する確率が4.45倍になることを意味します。しかし、上記はあくまでも概算です。

今回、ドイツ政府が発表したオミクロンに関する数値によると、完全にワクチンを接種した人は、ワクチンを接種していない人に比べて、オミクロンにかかる確率が8.12倍になることがわかりました。


この驚くべき数字は、部屋、レストラン、バー、ナイトクラブ、電車、船、飛行機の中で、オミクロンがあれば、「完全にワクチンを接種した人」よりも8倍以上安全であることを示しています。そして、ジャブを打てば打つほど、免疫力の低下が早く進行します。また、ワクチン未接種者はCOVID-19に対するサブグループ免疫を獲得し、ワクチンは完全に接種した人の免疫獲得を阻止するようです。


ドイツの数字は、ワクチンパスポートのファイルを破壊し、単独で遺伝子治療と高度なタンパク質のワクチン接種を直ちに禁止するケースを証明しています。




image-6

ワクチンがオミクロンに対してあまり効果がないのは、ワクチンで作られたスパイクタンパク質に対する抗体が、オミクロンに対してはほとんど役に立たないからです。つまり、スパイクタンパクの絶え間ない生成によって引き起こされる免疫系の根本的な進行性の損傷は、ほとんど何も隠すことができず、何も補うことができないのです。

この数字は、ワクチンを接種した人としていない人のデルタ値よりも、ワクチンを接種した人が受けたダメージをより正確に推定していることになります。

英国では、2回または3回ワクチンを接種している人が69.45%、1回ワクチンを接種している人が6.41%、ワクチンを接種していない人が24.14%となっています(世界のデータ)つまり、ドイツ人よりもわずかに悪い結果となり、ワクチン接種を受けた犠牲者はわずかに増えることになります。


1月末までに、30歳以上の完全なワクチン接種を受けた人は全員、本格的なエイズを発症します。

さらに、現在オミクロンと戦う能力を持っている免疫システムの多くが失われます。


出典 2022年1月2日のThe Exposé


Covid-19ワクチン接種後、アデノパシー(リンパ腺の腫れ)が360倍に増加


今年、米国のある放射線科医が匿名で衝撃的な観察結果を報告しました。健康専門家は、Covid-19ワクチン接種後、原因不明のアデノパシーが360倍に増加したことを目撃しました。


アデノパシーとは、リンパ節の腫れやリンパ節の肥大(リンパ節障害)を表す医学用語です。特定の病気ではありませんが、様々な基礎疾患に対する重要な症状です。しかし、医師は注射されてリンパ節腫脹が生じた場合にそれを識別するための十分な訓練を受けていない可能性があります。


この放射線科医は、ワクチン関連の所見を報告することで職を失うことを恐れ、匿名で発言したと述べています。彼は、自分の診療所では、半年に1件程度、原因不明のアデノパシーを診ていると明かした。しかし、covid-19ワクチンプログラムが始まると、放射線科医は1日に2~3件ほどの症状を目にするようになりました。これは、希少疾病の約360倍に相当します。


リンパ節は、体の免疫システムにおいて非常に重要な役割を果たしています。体内の組織を通過した液体は、まずリンパ節でろ過されます。リンパ系は、感染症と戦うための白血球を供給する役割を担っています。リンパ節や腺が腫れている場合は、多くの場合、体が風邪などのウイルスや細菌と戦っていることを示しています。リンパ節の腫れに伴うその他の症状としては、鼻水、喉の痛み、耳の痛み、発熱、疲労感などがよく見られます。

アデノパシーは、特定の薬や怪我によっても引き起こされます。体のどこかに傷があると水腫が起こり、傷のある場所の近くのリンパ節が腫れます。mRNAワクチンに含まれる高度なタンパク質が、全身の細胞や組織にダメージを与える可能性があるかどうかを検討する価値があります。

リンパ節や腺の腫れは、場合によっては体内のがんの存在を示すことがあります。腺を侵す癌で最も多いのは、リンパ系の癌である
リンパ腫です。また、リンパ節腫脹は、血液や骨髄のがんである白血病の症状であることもあります。ここでも、COVIDジャブがこのようなタイプのがんに備えることができるかどうかを問う価値があります。しかし、現在のところ、短期的なエビデンスでは答えが出ていません。現在、長期的な研究が行われており、現在も継続中です。


出典:デイリー・エクスポーズ

LA CAUSE DU PEUPLE : Vax tueurs. Les personnes entièrement vaccinées développeront un SIDA d'ici la fin janvier 2022 (numidia-liberum.blogspot.com)