以前の記事:マールブルグウイルスはワクチンの副作用と似た症状
「マールブルグウイルス」パニックを画策しているのか? : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
疾患「X」と次のパンデミック : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

そして.....それは米国政府からお知らせが出ていました


マールブルグウイルスおよびマールブルグ病対策のための公共の準備および緊急事態対応に関する法律に基づく宣言のお知らせ

Screen-Shot-2021-11-24-at-2.13.08-PM

PDF


発行日:
12/09/2020

機関:
保健福祉省

概要:
長官は、マールブルクウイルスまたはマールブルク病に対する対策に関連する活動に対して限定的な免責を提供するために、公衆衛生サービス法のセクション319F-3に従ってこの宣言を発行しています。

補足情報:
公的準備・緊急準備法(PREP法)は、保健福祉長官(長官)に対し、医療対策の製造、流通、管理、または使用(対象となる対策)の製造、流通、管理、または使用に起因する損失の請求に対して、特定の個人および団体(被覆者)に対する責任免除を提供する宣言を発行することを認める。 PREP法で定義されている「故意の不正行為」に関する請求を除く。この宣言は、状況に応じて修正の対象となります。

PREP法は、2005年12月30日に公法109-148、ディビジョンC、セクション2として制定されました。公衆衛生サービス(PHS)法を改正し、責任免除に取り組む第319F-3および補償プログラムを作成するセクション319F-4を追加しました。これらのセクションは、それぞれ42米国.C 247d-6dと42米国.C 247d-6eで構成されています。

パンデミックおよび全ハザード準備再承認法(PAHPRA)、公法113-5は、2013年3月13日に制定されました。とりわけ、PAHPRAは、緊急時に承認された製品や緊急使用のために開催された製品を緊急使用するための新しい当局を提供するために、連邦食品、医薬品、化粧品(FD&C)法にセクション564Aと564Bを追加しました。PAHPRAは、公衆衛生サービス法第319F-3条(PREP法規定)の「対象対応措置」および「適格なパンデミックおよび流行製品」の定義を改訂し、これらの新しいFD&C法当局の下で入手可能な製品をPREP法宣言の下でカバーできるようにしました。PAHPRAはまた、パンデミックまたは流行に対して使用される薬物、生物学的製品、またはデバイスの使用または効果を強化することを目的とした製品または技術を含むように、PREP法宣言の下でカバーすることができる資格のあるパンデミックおよび流行製品の定義を拡張しました。コロナウイルス援助、救済、経済安全保障(CARES)法、公法116-136、2020年3月27日に制定され、PHS法第319F-3(i)(1)(D)を改正し、準備法に対する対象となる対策の新しいカテゴリー、すなわち、国立労働安全衛生研究所(NIOSH)が承認した呼吸器保護装置(COSH 82)長官がPHS法第319条に基づいて宣言された公衆衛生上の緊急事態の使用の優先事項であると判断した、または後続の規制。

マールブルク病は、エボラウイルスと同じ家族のフィロウイルスのグループであるマールブルウイルスによって引き起こされるヒトの重篤でしばしば致命的な病気である。マールブルク病は出血熱を引き起こす非常に毒性の高い疾患であり、死亡率は約88%である。人間はマーバーグウイルスに感染する可能性がありますが、マーバーグウイルスが動物宿主からヒトにどのように伝染するかをほとんど知られていません。以前の症例では、感染したコウモリの便やエアロゾルとの無防備な接触が感染の最も可能性の高い経路とみなされた。ウイルスが宿主動物からヒトへ最初に交差した後、人と人の接触を通して感染が起こる可能性がある。これは、感染者からの体液の液滴への直接接触、または感染性血液または組織で汚染された機器および他の物体との接触といういくつかの方法で起こり得る。ウイルスは、近い環境で、直接接触することにより、人間の間で広がる可能性があります。感染の一般的な経路は、経経透過によるものである。
以下省略


マールブルク病別名COVID-21

2022年の次のプランデミック

どう考えても、2022年はサードミレニアム(三千年期)の中で最も重要な年の一つとなるだろう。 もし、新世界秩序のグローバリストの陰謀が成功すれば、2020年も2021年も、2021年12月に中国で展開されるCOVID-21プランデミックに比べれば見劣りするだろう。

高度なCOVID-19生物兵器が2019年に武漢でかなり意図的に打ち上げられたように、COVID-21生物兵器は2021年に西安中国で意図的に放出されました。参照:西安市中国でのこのいわゆる「ウイルス」の流行は、武漢の「コロナウイルス」の精神と同じです!

現在のところ、中国でCOVID-21を引き起こしている主な病原体は、マールブルグ・ウイルス/疾病のような感染力の高いウイルス性出血熱(VHF)のいずれかであることがすべての点で指摘されている。

なお、死亡率の高いVHFには、エボラ出血熱、ラッサ熱、黄熱などがありますので、注意が必要です。 以下の通りです。
Screen-Shot-2021-12-30-at-10.42.44-AM
2022 PANDEMIC OF THE VAXXED: Here’s how they’ll try to cover it up. | SOTN: Alternative News, Analysis & Commentary (stateofthenation.co)


※本当にそうなら、WHOはマールブルグウイルスに治療法はないと言っていますが、開発中のワクチンがあるそうですから又緊急使用で奴らの金儲けと我々への締め付けが繰り返されますな...そして単離も特定も証明できない同じことの繰り返し....北京オリンピックで新たな病気が一気に各国へ広がったストーリーはありがちな単純ストーリーか...

※何か動画がないかと探したら、5Gが焼き討ちにあっていると思われる動画があった

武漢では5Gを導入して 人々はウイルスで死んでいると言っていた.