2022年1月中旬頃に始まる気がします

まず第一に、新しい技術、特に電磁波を利用した技術は、新しい病気と結びつく傾向があることを理解する必要があります。 これは何十年も前から続いていることです。

最近では...1月初旬に予定されている5Gの導入が大きな原因となる可能性があります。


マスメディアを観察してみると.... 2つのことが予定されています。

1.  5G展開...5G技術の新たな波が活発化する。

https://duckduckgo.com/?q=++5g+rollout+january&atb=v255-1&iar=news&ia=news
スクリーンショット (392)

2.  メディアは1月初旬に人々が病気になることを示唆し続けている

https://duckduckgo.com/?q=+january+new+variant&atb=v255-1&iar=news&ia=news
スクリーンショット (393)

3.  彼らは次のパンデミック「X病」、別名「5G放射線病」について何か知っているようです...


https://duckduckgo.com/?q=disease+x&atb=v255-1&iar=news&ia=news
スクリーンショット (391)
disease x at DuckDuckGo
病名Xで検索


なぜ彼らは知っているのでしょうか?

彼らは、5Gが人々を病気にすることを知っているからです...さらに悪いことに

ワクチン接種者の酸化グラフェンが電磁波で活性化することを知っているのです。





次のパンデミック「病名X」についての記事

Disease X and the next pandemic - The Mancunion

疾患Xと次のパンデミック


病名 Xは、次の世界的なパンデミックを引き起こす可能性のある、まだ知られていない病原体の任意の名前です。「X」は、この病気の未知の要素を表しています。この病原体はすでに存在しており、いつ人間の間に飛び火するかわからない。実験室からの漏洩やボルネオ島の森林など、多くの発生源の可能性があります。人生を変えるような次の世界的なパンデミックは、いつ、どこで発生してもおかしくないのです。

世界保健機関(WHO)は、深刻な流行を引き起こす可能性のある既知の病気のリストを作成しています。その中には、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中近東呼吸器症候群(MERS)も含まれています。これらのウイルスは、COVID-19(コロナウイルス)と同じ仲間です。両者とも、すでにそれぞれ流行と大流行を引き起こしています。Covid-19と同様に、どちらも呼吸器の飛沫を介して感染し、密閉された空間で増殖します。

両ウイルスの死亡率は10%以上と推定されているが、COVID-19の推定死亡率は1%である。幸いなことに、これらの病気は、COVIDが証明したように、人間の集団を介して拡散することはあまり効果的ではない。しかし、オミクロンやデルタなどの変異体は、コロナウイルスの突然変異の性質を示している。そのため、効果的な準備の必要性がますます高まっています。

現代の様々な要因により、病気の国際的な広がりの可能性が高まっています。過去50年の間に、世界中の人や物の移動がどのように変化したかを考えてみてください。推定では、世界中で1日に10万回のフライトが行われています。また、現在、世界中で55,000隻もの貨物船が運行していると言われています。その貨物の中には、ネズミや蚊など、昔から人間の病気を媒介するものが含まれている可能性があります。

Covid-19のパンデミックに見られるように、人と人との間の感染に特化したウイルスは制御不能となり、コンゴ民主共和国のエボラ出血熱のような局地的な流行から世界的なパンデミックへと移行します。パンデミックは、黒死病の原因となったエルシニア・ペスティス菌に見られるように、ウイルスに起因するものだけではないことは言うまでもありません。さらに、あまり知られていないが、疾病対策センター(CDC)が「世界的に深刻な健康上の脅威」と判断しているカンジダ・アウリス菌のような微生物もある。

SARS-Cov-2(Covid-19)がヒトの病気を引き起こす微生物として有効であることが証明された理由の1つは、感染性と死亡率のバランスにある。クリミア・コンゴ出血熱(致死率10〜40%)などと比べると、致死率は比較的低い。一方、Covid-19は、感染者の約1%が死亡するようです。1人の感染者が平均して2~3人の人に感染することで、ウイルスは劇的に増殖していく。この2年間、世界各国の政府はこの事実を理解していませんでした。

COVID-19のパンデミックに対する各国政府の準備不足を考えると、次のパンデミックに備えて世界をより良くするための措置が取られることを期待したいところです。これまでのところ、多くの欧米諸国の政府が、将来のパンデミックの緩和と抑制のために、より多くの資金を投入していることから、この点についての評価はまちまちのようです。しかし、低・中所得国の多くは、政府の負債が多く、これらの必要な対策に資金を投入する能力がありません。パンデミックは、いつでもどこでも発生する可能性があることを考えると、この欠点はさらに深刻な問題です。相互につながっている世界は、病気を引き起こす微生物にとっては、蔓延させようとする食欲をそそるペトリ皿なのです。

特に懸念されるのは、動物由来の人獣共通感染症である。これらの病気は、動物を宿主として発症し、種の壁を越えて人間に感染します。現在の推定では、人間の新しい病気の75%は、まさにこの方法で発生していると言われています。人間が動物と密接に関わり合う傾向が強まっていることに加え、現代の農法が相まって、以前から存在していた脅威が悪化しています。豚から人への感染、霊長類から人への感染は、それぞれ豚インフルエンザとHIVのパンデミックを引き起こしました。しかし、これまでの人類の歴史と異なるのは、クロスオーバーのリスクが非常に大きくなっていることです。

開発途上国では、人口の増加や、人と動物が共存する密集した都市部が増加しています。このような要因は、私たちの日常生活とはかけ離れていると考えがちです。しかし、今回のパンデミックで痛感したように、私たちはこれまで人類が経験したことのないようなグローバル化した世界に存在しています。

人間を苦しめる病気はいつの時代にもありました。しかし今では、シドニーで発生した病気が1日も経たずにあなたの家の玄関先に届くかもしれません。