Taiwan crisis: Japan and the US prepare the basis for attack (report24.news)

台湾危機:日本とアメリカは攻撃のための基盤を整える

スクリーンショット (390)

日本と米国は、中国が台湾に侵攻した場合の「有事の際の計画」を策定した。その中には、攻撃基地も含まれています。この地域の緊張は高まり続けています。本当に軍事衝突が起こるのか?

日米両国が、約5万人の米軍を今後5年間で92億ドル(約1,000億円)を日本が負担することで合意した数日後、中国が台湾に侵攻すると脅し、あるいは実際に侵攻した場合の有事法制の共同案が発表された。日本の国粋主義政府は、実際には無条件に米国の方針を支持している。



日本の通信社である共同通信は、この計画が米国と日本の軍部の間で交渉されたものであると木曜日に報じました。南西諸島にフォワードベースを設置し、米海兵隊が迅速に部隊を展開することを求めている。共同通信も、「日本の自衛隊と米軍は、台湾紛争が発生した場合に南西部の南西諸島沿いに攻撃基地を設置することを可能にする共同作戦計画の草案を作成したと、日本政府筋が発表した。」 と報じている。

日本の軍隊は主に後方支援を担当し、特に重要な弾薬や供給ラインの確立に努めます。昨年、東京は台湾問題に対する中立的な立場を放棄し、ワシントンに激しく肩入れしていた。これを受けて、北京は何度も警告や脅迫を行った。特に満州は長い間、日本に占領されていたので、中国人は日本人と苦しい歴史を共有しているのです。この国のトラウマは、今でも日米関係に重くのしかかっている。しかし、「そのような配備は中国軍の攻撃目標となり、住民の生命を危険にさらすことになる」とも書かれており、北京は共同通信の報道に強く反発するだろう。この計画を実行するためには、日本での法改正が必要であると関係者は述べています。結局、アメリカからの圧力を受けた日本は、ドイツと同じような「平和的」な未来を約束しなければならなかったという話であり、中国はもちろんそれを主張しているのです。

米側は、有事の際の計画に関する合意をまだ確認していない。これらは、トランプ政権下で本格的に始まった、ワシントンの長年の取り組みの一環であると思われる。その目的は、地域の同盟国が「中国に立ち向かう」ことを支援することであり、その中には米国のミサイル基地の計画も含まれています。しかし、今のところ、中国の強力な対抗手段の第1の標的となることを厭わず、沿岸部のミサイルの受け入れに同意する地域の同盟国はない。人民共和国の軍事指導部が脅威と考えるものには、容赦なく攻撃を仕掛ける巨大な戦争機械のことである。日本と韓国にある米軍施設が、グアムと並んで1番の候補になるだろう。

警告と脅威

ザ・ヒルによると、「ワシントンと東京は、1月に開催される外交・防衛関係者によるハイレベルな安全保障会議である2+2対話において、このような計画の公式版の作成を開始することで合意に達するだろう」とのことです。日米両軍が、中国が台湾に侵攻した場合の介入計画について協議していることは、11月に中国のメディアで初めて報じられた。例えば、サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙は当時、「中国は、台湾への攻撃が発生した場合に日本が軍事介入する可能性に備えるよう警告されている」と書いている。

報告書は次のように引用しています。「ある研究論文によると、最近の島への支援のジェスチャーは、日本と米国がシナリオを議論し、北京が力ずくで島を奪うのを阻止する計画を立てていることを示唆している」 一方、北京と東京は、紛争中の島の漁業権や領土権をめぐって、脅しや非難を続けている。最近では、この問題が軍事的な対立に発展するかのように見えました。

※マジ路線ならやらない、でも新世界秩序メンバー同士である日米中の計画ならやるのかも?
日本敗北後、全員にワクチン強制する→戦費として土地と根こそぎ大企業を奪われる


China: "Wenn ihr uns schlagt, schlagen wir härter zurück" (report24.news)
中国:「やられたらもっとやり返す」
スクリーンショット (398)

北京は、台湾に関するワシントンの意向には従わないことを明確にしている。リトアニアは、「一つの中国」政策に違反したことで、すでにそのことを実感しています。これは、ドイツやEUも聞いている警告の言葉です。北京と仲たがいしたくないからです。

2021年の政治ドラマとして注目されたのが、中国とリトアニアの紛争です。バルト海の小国が国内に「台湾代表部」を開設すると宣言した後、北京はこれを「一つの中国」政策の違反と非難した。特に、通常は許容している「台北」ではなく「台湾」という言葉を使ったことが問題となった。その際、北京はこの動きが受け入れられないことを明確にし、大使と多くの外交官を追放し、関係をビジネスエージェントのレベルにまで低下させるなど、一度ならず二度までも関係を悪化させた。

しかし、これで終わりではありません。中国は、リトアニアに対して経済的な報復を開始しました。報道によると、同国は中国の税関登録から一時的に削除されたとのことです。また、北京は多国籍企業に対し、リトアニアへの輸出を許可しないと伝えた。この動きは、中国のサプライチェーンからバルト海の小さな国を完全に排除しようとするものだと言われています。これは、ヴィリニュスと同じような行動を取ろうとする他の国々を抑止するための明確な意思表示である。一方、リトアニアは米国から6億ドルの輸入信用融資を受けており、そもそも誰に促されてこのような措置を取ったのかがわかる。

ワシントンがきっかけのエスカレーション?

ワシントンでは、中国の反発を表現するのに、「経済的強制」という曖昧な言葉が使われている。これは誤解を招きやすい皮肉な言葉です。特に、中国の各国に対する報復措置にのみ適用されているようで、アメリカの複数の国に対する残忍で包括的な制裁体制には適用されていません。また、他のEU諸国に対しても、「民主主義」や「価値観の共有」というレトリックを用いて、リトアニアへの「連帯」を示すことが求められている。しかし、ワシントンの不満の最大の原因は、このようなことが本格的に行われているようには見えないことです。EUにとって、中華人民共和国との経済関係は非常に重要であり、真の貿易戦争を起こしたくはありません。

しかも、それだけではありません。特に、ロックダウンが大規模な経済・金融の混乱を招いている今の時代、このような貿易戦争はまさに自殺行為です。この点では、リトアニアの単独行動に対して、なぜブリュッセルから非難の声が上がらなかったのかが疑問である。この動きを、EU本部の強力な大西洋勢力とコネクションが暗黙のうちに歓迎していたのではないだろうか。結局、東欧の小国に与える経済的・財政的な影響は、大きな問題なく緩和できる。例えば連邦共和国がそうしていたら、その悪影響は甚大なものになっていただろう。しかし、これは実現しません。

ドイツは自分のことは自分でやる


先週、習近平はドイツのオラフ・ショルツ新政府代表と初めて電話会談を行い、中国との経済関係を深め、包括的投資協定(CAI)を再確認したいと表明しました。これは、アメリカにとって最初の悪いニュースであった。特に、メルケル首相の長い関与の時代を経て、新首相が北京に対してより強硬な態度をとることが広く期待され、要求されていたため、このニュースはDC界で嫌われていた。そして、バルト諸国のドイツ商工会議所がリトアニア政府に書簡を送り、中国問題が解決されなければ、リトアニアでのプレゼンスを再考し、投資や雇用を削減せざるを得なくなるかもしれないと述べました

美辞麗句はさておき、現実にはヴィリニュスは自ら墓穴を掘ってしまい、EUはそのために自らを犠牲にする覚悟はないのです。団結や連帯の話は、政治的には正しいかもしれませんが、実際の現実を変えることはできません。リトアニアは、米国の要請を受けて、EU全体のスタンスに反した一方的な外交政策の決定を行ったということです。中国のレッドラインを故意に破り、報復を招いた決断。このような自業自得の外交上の失敗が、北京の予想をはるかに上回る厳しい反応を招いたのです。

事例紹介

なぜ?中国はリトアニアを見せしめにしようとしている。バルト海沿岸諸国と中国との関係は、政治的、戦略的、経済的に重要ではない。北京は、この国について特に目標や願望を持っておらず、平時には決して注目されることはない。北京では、他の国への抑止力を高めるために取り締まっています。北京の立場からすれば、「一つの中国」は譲れないものであり、主権は常に最優先されるべきものです。北京が最も恐れているのは、台湾が「挑発外交」を展開しているときに、リトアニアの行動が、他の国にも同じような行動を取らせる前例となることです。そうすれば、中国の立場は弱まり、台湾は自分たちのやり方で政治的空間を広げることができます。

さらに悪いことに、リトアニアの態度は意図的に挑発的で敵対的なものであり、バルト諸国における反共主義の遺産に後押しされ、米国によって推進されてきた。例えば、今年初めに中国との17+1ブロックからの脱退を決定しました。その結果、中国はヴィリニュスを見せしめにして、外交上の義務に違反した場合の結果を他国に示すために、言葉巧みに非難するだけではなく、これまでにないほどの努力をしてきました。

旧ソ連圏の東欧諸国で反中的な国はリトアニアだけではないが、北京の反応を見て、多くの国が最高レベルでの台湾支援を再考するはずです。この文脈で重要なのは、中国との経済・貿易関係を支持しながらも、草の根レベルでの政治的感情の高まりに悩まされているチェコ共和国とポーランドであり、台湾もこの国に働きかけようとしています。中国は、リトアニアを欧州内で孤立させることで、このような事態の拡大を抑えたいと考えている。

キャロット&スティック

中国が新たに獲得した域外制裁の能力は、その巨大な経済力と相まって、多くの政府が対応するための選択肢が限られていることを意味します。EUが完全にアメリカの味方にならないことは、中国の戦略的利益につながります。しかし、2021年には、「殴られたら激しくやり返す」という明確なメッセージが常にありました。言い換えれば、中国はキャロットとスティックスの両方を使って、このブロックを従わせるでしょう。リトアニアを懲らしめる一方で、北京はフランスやドイツを口説き続けている。オルバン政権下のハンガリーは、EU諸国の中で最も中国に好意的な国であり、北京は最近、ギリシャとの関係を復活させました。これらの多様な関係により、大陸での反中感情が集団レベルでどこまで続くかが制限されています。

EUはリトアニアに対して正式な抗議を行い、解決策を要求することは可能だが、北京はヴィリニュスを相手にしたのは計算されたリスクであり、それほど大きな影響を与えることはないと確信しているようだ。これは、他のEU諸国が、ヴィリニュスの償いのために自国の利益を危険にさらすことはないという前提に立っています。ヴィリニュスは、基本的に、ワシントンの要請に応じて中国との対決を求め、EU全体の外交政策の立場を一方的に損なっています。中国は台湾での立場をめぐる紛争に備えているのか?そう、それは間違いないはずです。今年はそれがはっきりとわかりました。欧州連合(EU)は、最大の貿易相手国がすでに不安定な経済状況にあるときに、その最大の貿易相手国に暴力を振るう意思と覚悟があるのでしょうか? そんな筈はありません。

※また米国が失敗したようですな....