COVIDパスポートに反対するデモ隊がグアドループ議会を占拠し、国会議員が逃げ出した


グアドループって全く知らなかったけどカリブ海辺りのフランス領のようです

フランスもオーストリアのように強硬策の法律が着々と進んでいるみたいですな...


フランス 緊急:ワクチン未接種者の「配置」を認可する法案を提出

オーストラリア、カナダ、ニュージーランドに続いて、オマクロン首相・変異体は非ワクチン接種者をナシタリアン収容所に閉じ込めることを計画しています。労働組合、黄色いベスト、そしてエリュシオン・フィオッテのオウカゼに異議を唱えたり議論したりする勇気のあるすべての人々を脅して排除した後、ここにパンデミック詐欺の必殺技、ナシテール・グラーグが登場します。

🔻Sφlviane H🔻 on Twitter: "@AldoSterone111 @OgliSam Ah c'est pour ça que  certains pays construisent d'énormes camps de concentr....euh camps pour  les non-vaccinés. Pas seulement en Chine, en Australie aussi. Des goulags  sanitaires.

ワクチンを受けていない人々の「配置」、つまり家ではない場所への強制的な設置は、健康上の緊急事態の管理のための持続可能な体制を確立する法案3714に規定された措置の一部である。

12月21日に国会に提出されたこの驚くべき法案は、健康を口実に、この国を本当の独裁国家に変えるものです。もはや民主主義とは呼べないような体制に陥るような政令を政府が出すことを許可するものです。健康パスの文章は、共和国の論理との大きな断絶を構成する条項を隠すためのおとりであるべきだ。

ワクチンを接種していない人を遠く離れた宿泊施設に設置する?
この法案は、議会での議論を制限する促進手続きに基づいて政府が議会に提出したもので、健康上の緊急事態の管理のための持続可能な体制を確立するためのものです。

この法案が民主主義の伝統を破壊するものであることを理解するためには、以下の文書を読むことが不可欠です。

健康上の緊急事態の管理のための持続可能な体制を確立する法案第3714号
Bill No. 3714 establishing a sustainable regime for the management of health emergencies (assemblee-nationale.fr)

長い時間をかけて準備された法案

この法案は長い間準備されてきたものであり、我々が知っているような素晴らしい危機管理を行うために、政府が1年半にわたって要求してきた緊急権限をテキストに明記しようとするものです。

5つの条文で構成されているこのテキストの本質は、「健康危機」ともうひとつの「健康緊急事態」の体制を作り、政府に例外的な権限を与えることにあります。

このような例外的な権限において、何よりも理解しなければならないのは、政府が議会のコントロールなしに自由を著しく侵害することを許可する問題であるということです。

私たちはここで、この文章の「パノラマ」的な表現を提案し、その危うさを理解してもらいたいと思います。

持続可能な緊急事態のレジーム...

この文章の真意について多くのことが語られている最初のポイントは、健康上の緊急事態に関して「持続可能な体制」を作ることが問題であるということです。暗示するのは、これからもっと多くの疫病が発生するので、それに対処するための法制度が必要だということです。

政府が例外的な権限を自らに付与するために疫病を長引かせたいと考えていると非難した人々は、定期的に陰謀論であると非難されました。

92ページもあるこのテキストとその興味深い影響調査は、彼らがむしろ立派なフライであったことを示している。

健康危機状態というバーレスクな発明

最初の驚くべき革新:政府は、「健康危機状態」の創設を提案している。

この状態は次のように宣言される。

「健康危機状態は、深刻な健康上の脅威や状況が発生した場合に、その結果を防止したり制限したりする目的で、首都圏および憲法第72条の3に記載されている共同体の領域の全部または一部で宣言することができる。また、第L.3131-5条に規定されている健康危機状態の終了時に、健康災害に終止符を打ち、またはその健康上の影響を軽減するために宣言することができる。」

「健康危機の状態は、保健担当大臣の報告に基づいて取られた理由のある決定によって宣言される。」

言い換えれば、政府は健康危機があると考えると、自らに例外的な権限を付与するための政令を発行することになる。

しかし、「深刻な」健康危機とは何だろうか?本文にはそう書かれていないし、定義しないように注意されている。

これは、政府に与えられた白紙委任状と呼ばれるもので、インフルエンザを口実に自由を停止することができるということです。

健康危機発生時の例外的な権限

「健康危機」が発生した場合、例外的な権限が政府に委ねられます。

1.首相は価格を設定することができる

2.首相は財産と人を徴発することができる

3.保健大臣は、「2005年国際保健規則第1条の意味において、影響を受けた人や汚染された人を隔離して維持すること、または影響を受けた人や汚染された人の可能性がある人を隔離すること」を決定することができる

4.保健大臣は、「患者への健康製品の提供を可能にするあらゆる措置」をとることができる

5.保健大臣は、「保健システムの組織および機能に関するその他の措置」をとることができる


ここでは、首相と厚生大臣に与えられた例外的な権限の範囲を測る。

特に注目すべきは、汚染されている可能性のある人を「配置」する能力を持つことである...。このような無秩序な自由の侵害には、ただただ呆れるばかりです。

健康危機の状態...

健康上の緊急事態とは、健康上の危機における一種の高度なものである。この状態は、「その性質と重大性により、国民の健康を危険にさらす健康上の災害が発生した場合」に宣告される。

この緊急事態は、閣僚会議の決定によって宣言されます... 「決定の動機となった健康状態に関する利用可能な科学的データは公開されなければならない」

この種の決定を下すために、これほどシンプルで「削ぎ落とされた」形は想像できないだろう。

現状では、健康上の緊急事態は法律を前提としていることを思い出してみよう。政府のプロジェクトが民主主義の劣化をもたらしていることは理解できる。


健康危機の際の例外的な権限

健康上の緊急事態が発生した場合、政府は「健康上の緊急事態」の例外的な権限に加え、いくつかの追加的な権限を持ちます。

1.首相は、「人や車両の移動を規制または禁止し、交通手段へのアクセスとその使用条件を規制する」ことができる。

2.首相は、「家族や健康上の必要性に迫られた移動を除き、人が家を出ることを禁止する」ことができる

3.首相は、「基本的に必要な商品やサービスへの人のアクセスを保証するために、公衆に開放された1つ以上のカテゴリーの施設や集会所の一時的な閉鎖を命じ、アクセスや立ち会いの条件を含めて開設を規制する」ことができる

4.首相はまた、「居住用施設への立ち入りやアクセスの条件の規制を除いて、公道や公開された場所での集まりや、あらゆる種類の集会を制限または禁止する」ことができる

5.首相はまた、「企業の自由を制限するその他の措置」をとることができる

6.最後に、首相は「人の移動、交通手段や特定の場所へのアクセス、および特定の活動の実施を、その人が影響を受けていない、または汚染されていないことを証明するスクリーニング検査の結果の提示、ワクチン投与を含む予防的治療のフォローアップ、または治療的治療を条件とする」ことができる


ここでもまた、「健康災害」が発生したときに、政府が簡単な命令で自らに与えることができる例外的な権限の範囲を測定していますが、その定義や発動の客観的な要素は十分に測定されていません。

確実に自由を奪う措置

健康危機と健康上の緊急事態に関する「共通規定」の章は、この文章が採用された場合に予見される民主主義の崩壊について多くを語っている。

すなわち、「国際法および欧州連合法から生じる義務を前提として、本章の規定に基づいて採択された規制法の草案は、本章で規定されたものを除き、立法または規制の規定で定められた強制的な事前協議が免除される」という邪悪な措置がとられているのである。

言い換えれば、健康危機が到来しても、仲介機関はもはや相談を受けない。政府が単独で決定するのです。


さらに、政府が国家レベルで取ることを許可されている自由裁量の措置を、各都市が自ら取ることを許可されている。

公衆衛生への脅威を装った真の独裁の要素が提起されているのである。


反体制派の不穏な「配置」について

1つのパラグラフは非常に注意深く読む価値があります。これは、将来の公衆衛生法L 3131-12条で、人々の「配置」の体制を規定している。

この措置は、「地域保健機関の長官の提案に基づき、部門における国の代表者の理由ある個別の決定によって」宣告される。

本文では、配置は「その対象となる人の選択により、その人の自宅または適切な宿泊施設で行われる」と明記されている。

本文では、身柄を拘束されている人にできる禁止事項について、2つの重要な明確化がなされています。

1.「行政当局が特別に許可した旅行を除き、自宅や宿泊先から離れてはならない。本人の完全な隔離が宣言された場合には、基本的な必需品である物品やサービスへのアクセス、および外部との自由なコミュニケーションを可能にする電話や電子通信手段へのアクセスが保証される。」

「(2) 特定の場所やカテゴリーの場所に出入りしてはならない。」


最後に、この法律は次のように付け加えている。


「措置が関係者を1日12時間以上検疫または隔離が行われる場所に留めることを必要とする場合、事前に部門の国の代表者が押収した自由拘禁判事がこの延長を承認しない限り、14日間の期間を超えて継続することはできない。」

つまり、政府は、汚染されている可能性の高い人々を宿泊施設に、2週間、自由裁量の裁判官が押収されることなく、厳しく「監禁」する権利を自らに横取りしているのである。


例外的な「コンピュータ」権限

最後に、政府の文章には、一体何を意図しているのか疑問に思うような、不思議な表現がある。

例外的な健康状態の場合、あるいは多くの被害者を巻き込む可能性のある出来事、特に集団事故の場合、被害者の特定とそのフォローアップ、特にその医療費の負担に厳密に必要な情報は、被害者を一意に特定するシステムに集められなければならない。

しかし、政府はどのような集団事故を念頭に置いているのだろうか?

いずれにしても、「健康上の緊急事態」にはそれなりの裏があることがわかる。今までCNILが拒否していた、非常に多様なカーディング措置を通すための理想的な手段なのです。

2021年12月24日アルノー・ド・ブリエンヌ
LA CAUSE DU PEUPLE : France. URGENT : Castex dépose un projet de loi autorisant le “placement” des non-vaccinés. (numidia-liberum.blogspot.com)