Evidence for a connection between coronavirus disease-19 and exposure to radiofrequency radiation from wireless communications including 5G (nih.gov)
コロナウイルス感染症19と5Gを含む無線通信による高周波への曝露との関連性を示すエビデンス 
コロナウイルスは放射能汚染を意味する:科学者と研究者がCOVID-19と5G/電磁波中毒の関係を示す証拠を新たに明らかにした
Coronavirus Means Radiation Poisoning: Scientists and Researchers Newly Reveal Evidence of Connection Between COVID-19 and 5G/Electromagnetic Radiation Poisoning | The EveryDay Concerned Citizen

2021年9月29日にPub Medに掲載されたビバリー・ルービック博士とロバート・ブラウン氏の新しい研究論文によると、COVID-19に起因する症状が無線LANや放射線の被ばくによる生体影響と非常によく似ているという証拠が、多くの国際的な研究や歴史的な報告から明らかになりました。

China-5g


これにより、多くの科学者が提唱してきた、「COVID」の病気の症状は、
ウイルスではなく、高周波パルス放射線の人体への影響から生じたものであるという仮説が、さらに強固なものとなりました。

この研究の著者は、そのような結論を導き出したわけではありませんが、Covid患者が多く発生している地域で5Gと高電磁波汚染が展開されていることは、SARS-COV-2とされるSARSによる呼吸困難、低酸素症、酸化ストレス、血液凝固などの疾患との明確な相関関係と悪化を示唆していると結論づけています。(彼らの論文は以下でさらに検討される)

地球工学的トランスヒューマニズム:合成生物学のために化学物質、電磁気、ナノテクノロジーによって環境がどのように武器化されたか|エラナ・フリーランド
Geoengineered-Transhumanism-color-edition
2021年10月に発売された新刊
地球工学的トランスヒューマニズムは、世界中の人々を対象に何十年にもわたって開発・実験されてきた秘密の軍事技術や、AI・超人間主義のアジェンダを構築する現在の商業技術について、文書による情報を網羅した力作です。また、科学技術分野の作家・研究者であるエラナ・フリーランドは、スモッグに悩まされている高汚染都市・武漢での5G展開とSARS-COV-2ウイルスの発生との関連性を紹介しています。彼女は、SARS-COV-2ウイルスの機能向上の歴史を検証するとともに、SARS-COV-2ウイルスが分離されていないことを探り、無線放射線やその他の環境汚染が病気を引き起こしたり悪化させたりしているという仮説を検証しています。

「COVID-19はウイルス性肺炎ではなく酸素飢餓であり、ニューヨークのブルックリンにあるマイモニデス医療センターの緊急治療室ERでキャメロン・カイル=シデル医学博士が高山病のような症状と認識した放射線苦痛と同じである。」

DR. ロバート・ヤング博士が明らかにした放射能汚染の特徴
昨年発表された5GとCOVID「パンデミック」の関連性を検証した論文の中で、ルービック博士と論文を発表したことのあるロバート・ヤング博士は、COVIDの基本プロファイルと顕著な類似性を持つ4Gと5Gの被毒による多くの生体影響を検証し、COVIDに関連するインフルエンザ様疾患、低酸素症、血液凝固性疾患のすべては、基本的に電磁波と5Gの被毒に起因すると結論付けています。他の記事では、SARS-COV-2ウイルスと思われるものが一度も分離・同定されていないことを指摘している。
The Connection Between 5G and the Corona Virus (drrobertyoung.com) | Dr. Robert Young | April 16, 2020

世界のどこかで誰かに隔離されたウイルスが存在するという証拠はありません。(drrobertyoung.com)|ロバート・ヤング博士|2021年10月27日
THERE IS NO EVIDENCE of the EXISTENCE for ANY VIRUS ISOLATED by ANYONE ANYWHERE in the WORLD! (drrobertyoung.com)

「コロナウイルス」をラテン語の語源から解読すると、本質的には 「放射能汚染」を意味すると指摘する。この驚くべき読み方は、ラテン語から来ている。ウイルスは毒を意味し、コロナはフィールド、光の輪、または放射線の放出を意味する。この言葉と概念の発明者は、真の原因を平然と隠していたのではないだろうか?



ラキンタ・コラムナの医師が、化学的痕跡の5Gとナノグラフェン、過去のワクチンがCOVID-19の原因であることを説明する

今年初め、ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社のワクチン、インフルエンザワクチン、生理食塩水、雨水を科学的に分析した結果、スペイン、アルゼンチン、国際的な研究者からなる複数のチームによって、未発表の成分であるナノ酸化グラフェン、GO、rGO、水酸化グラフェンが発見されました。ラキンタ・コルムナのリカルド・デルガド博士とホセ・セビラノ博士は、世界中で同時多発的に展開されている5Gを調査した結果、COVID-19はウイルス性疾患ではなく、過去のインフルエンザワクチンによるグラフェンの負荷と5Gによるワイヤレス放射線の攻撃による化学物質と放射線の被毒が原因で症状が発生したとしている。

ワクチンの犯罪現場:ナノグラフェン酸化物がモデルナ、他のワクチン、サノフィ社のインフルエンザワクチン、生理食塩水に大量に含まれていることから、COVID-19(およびその亜種)はウイルスではなく、グラフェンと4G/5G中毒であると考えられる
Crime Scene Vaccine: Nano Graphene Oxide in High Amounts Now Found in Moderna, Other Vaccines, also Sanofi Flu Vaccine, & Saline Solution Point to COVID-19 (& All Professed Variants) Being Graphene & 4G/5G Poisoning, Not a Virus | The EveryDay Concerned Citizen

ボーダフォンの内部告発により、5GとモノのインターネットがCOVIDのプランデミックにつながる

昨年の真夏、
ボーダフォンのある内部告発者が、「パンデミック」は5Gによって引き起こされたと断定的に述べたことを思い出す必要があります。政府や通信会社がモノのインターネットを構築し、新たに意図されたデジタル通貨システムを展開するために準備を進める中、武漢やミラノ、クルーズ船などで5Gが展開されたのに続いてのことです。

これは、中央銀行やグローバリストの私企業や海賊が、ナノバイオセンサーを人体に注入し、驚異的に高速な5Gや6Gを介して体と脳をナノバイオのインターネット、モノのインターネット、体のインターネットに接続することで、全人類をデジタル的に奴隷化しようとするファシスト的な誤った計画であり、この記事を含むいくつかの記事で以前に報告されています。

警報!: 酸化グラフェンがファイザー/アストラゼネカ社のワクチンに含まれていた-バイオセンサーと神経インターフェースに使用されている-ナノバイオ・インフォ・コグノ(NBIC)の
人間と機械の融合によるAIシンギュラリティ反人間のトランスヒューマニストグローバリスト、政府が意図するフルスペクトラム脳とバイオコントロールへの秘密のリンクである可能性があります。
Red Alert! Graphene Oxide Found in Pfizer/AstraZeneca Vaccines–Used in Biosensors and Neural Interfaces–Could Be the Secret Link to Nano-Bio-Info-Cogno (NBIC) Human-Machine Convergence for AI Singularity & Full Spectrum Brain/Bio Control Intended by Anti-Human Transhumanists, Globalists, Governments | The EveryDay Concerned Citizen

ビバリー・ルービック博士とロバート・ブラウンの論文:コロナウイルス感染症19と5Gを含む無線通信による高周波への曝露との関連性を示すエビデンス

現在進行中の5Gの展開については、ルービック/ブラウンの論文に記載されています。WCRとは、Wireless Communication Radiationの略です。

5G とは、現在使用されている第3世代(3G)および第4世代(4G)の長期進化(LTE)マイクロ波帯に加えて、ミリ波(>20GHz)を含む600MHzから100GHz近くまでの広大な無線周波数帯の電磁スペクトルのうち、高い周波数帯と広い帯域を使用するプロトコルです。

5Gの周波数帯は、国によって割り当てが異なります。人が5Gネットワークにアクセスする際には、建物の近くに設置された新しい基地局やフェーズドアレイアンテナから集中的にパルス状の放射線が放射されます。これらの高周波は大気に強く吸収されるため、特に雨天時には送信機の到達距離は300mに制限されます。そのため、5Gでは基地局とアンテナの間隔を従来よりも大幅に広げる必要があります。

さらに、宇宙にある人工衛星が5Gの帯域を全世界に放射し、ワイヤレスのワールドワイドウェブを実現します。そのため、新しいシステムでは、4Gのインフラを大幅に高密度化するとともに、5Gのアンテナを新たに設置する必要があり、構造物の中でも屋外でも、住民のWCR被曝量が劇的に増加する可能性があります。また、約10万個の人工衛星が軌道上に打ち上げられる予定です。このインフラは、世界の電磁環境をかつてないレベルで大きく変化させ、人間を含む生物圏全体に未知の影響を及ぼす可能性があります。この新しいインフラは、5G携帯電話、ルーター、コンピューター、タブレット、自動運転車、機械間通信、モノのインターネットなど、新しい5Gデバイスにサービスを提供します。....5Gは、近距離で64から256本のアンテナを利用し、セル内の多数のデバイスに実質的に同時にサービスを提供します。

-コロナウイルス感染症19と5Gを含む無線通信による高周波への曝露との関連性を示す証拠 (nih.gov)
Evidence for a connection between coronavirus disease-19 and exposure to radiofrequency radiation from wireless communications including 5G (nih.gov)

COVID-19が5Gの展開と重なることは、最小限に抑えることはできません。

「COVID-19 "は、2019年10月31日に市全体の5Gが 「gone live」、つまり運用可能なシステムになった直後の2019年12月に中国の武漢で始まった。COVID-19の発生は、韓国、北イタリア、ニューヨーク市、シアトル、南カリフォルニアなど、同じく5Gが少なくとも部分的に導入された他の地域でもすぐに続いた。2020年5月、Mordachev[4]は、世界31カ国において、高周波放射線の強度とSARS-CoV-2による死亡率との間に統計的に有意な相関関係があることを報告しました。米国における最初のパンデミックの波の中で、COVID-19に起因する症例と死亡者は、5Gのインフラを持つ州や主要都市では、この技術をまだ持っていない州や都市と比較して統計的に高かった[5]。」

無線通信放射線(WCR)の有害な影響と、ELFキャリア周波数変調を用いた5Gのような高パルス周波数放射線のより大きな有害性については、軍事および公共領域の科学者によって広範囲に研究されていると報告されています。

更新された2020年版BioInitiative Reportなどの画期的なレポート(BioInitiative Report: 生物学的根拠に基づく
-電磁波の公共曝露基準に基づく. Updated 2014-2020. 2012. http://www.bioinitiative.org.)、1972年の米国海軍医学研究のゾラク・グレイザー報告書および書誌(報告された生物学的現象の文献(効果)と マイクロ波とラジオ波に起因する生物現象と臨床症状の報告書)、60年代および70年代のソ連および東欧の研究報告、マーティン・ポール博士やアーサー・ファーストエンバーグ博士のような現代の科学者や研究者からの報告は、マイクロ波やミリ波などの非電離放射線から生じる熱的および非熱的な既知の有害性を記録している。

すべてのWCRで使用されているパルス状のRF放射線や、5Gなどの高周波ミリ波は、特に有害であることがわかっています。

「WCRのようなパルス状の高周波は、同程度の時間平均電力密度の連続波と比較して、質的にも量的にも実質的に異なる生体影響を示す(一般的にはより顕著である)[33-36]。具体的な相互作用のメカニズムはよくわかっていない。すべてのタイプの無線通信では、高周波搬送波信号の変調に極低周波(ELF)が使用されており、典型的には送信する情報の容量を増やすためにパルスが使用されている。このような急速に変化する波形に生物は容易に適応できないと考えられているため、ELF変調を伴う高周波放射線の組み合わせは、一般的に生物活性が高いとされている[37-40]。したがって、WCRの生体影響に関する研究では、パルスやその他の変調による高周波のELF成分の存在を考慮しなければならない。残念ながら、このような変調の報告は、特に古い研究では信頼性に欠けている[41]。

10か国29人の専門家が執筆し、2020年に更新されるBioInitiative Report [42]は、WCR曝露による生体影響と健康被害に関する文献を学術的に現代的にまとめたもので、裏付けとなる研究の大要も含まれている。最近のレビューも発表されている[43-46]。ミリ波の生体影響に関する2つの包括的なレビューでは、短期間の曝露でも顕著な生体影響が生じることが報告されている[47,48]。
Evidence for a connection between coronavirus disease-19 and exposure to radiofrequency radiation from wireless communications including 5G (nih.gov)

WCRの生体影響については、約30,000件の研究報告があるにもかかわらず、5Gや通信業界が遵守しているガイドラインは、「1996年に制定されたもので[131]、時代遅れであり、安全基準ではない」としています。業界が主催する研究では、有害な生物学的影響が軽視されたり、消滅したりすることがよくあります。

しかし、現存する多くの研究報告から報告された実際の害を調べてみると、インフルエンザやCOVIDを含む多くの歴史的な病気の症状と高い相関性があることがわかり、その多くの推測される影響をこの論文で詳しく調べている。これらの相関関係には、血液中のルーローや凝固作用、臓器障害、酸化ストレス、心臓への影響、免疫系の混乱、細胞内カルシウムの増加などがあり、非常に分かりやすい表になっている。

著者らは、「COVID-19」現象とWCR、特に5Gの被曝(論文で述べられている4Gの高密度化による4Gの被曝も含む)との間には否定できない関連性があると結論づけ、低酸素症や呼吸困難などのCOVIDの症状の悪化が放射線被曝によっても発生することを証拠となる研究データで示しています。

結論 「COVID-19とWCR曝露の間には、病態に大きな重複がある。今回発表された証拠は、実験データによれば、COVID-19の臨床的進行に関与するメカニズムが、WCR曝露によっても生成される可能性を示している。したがって、無線機器からのWCR曝露による有害な生体影響とCOVID-19との関連性を提案する。

具体的には,WCR,特に4Gの高密度化を伴う5Gは,宿主の免疫力を低下させ,SARS-CoV-2の病原性を高めることでCOVID-19パンデミックを悪化させた可能性があるという前提で,(1)エキノサイトやルーロー形成などの赤血球の形態変化を引き起こし,凝固亢進に寄与している,(2)微小循環を阻害し,赤血球やヘモグロビン濃度を低下させ,低酸素症を悪化させている,(3)免疫抑制,自己免疫,高炎症などの免疫機能障害を増幅させている,(4)細胞の酸化ストレスを増大させ,フリーラジカルを産生させ,血管傷害や炎症を悪化させている,などの可能性を示している。(3)免疫抑制、自己免疫、炎症亢進などの免疫機能障害を増幅させること、(4)細胞の酸化ストレスを増大させ、フリーラジカルの産生を増加させ、血管障害や臓器障害を悪化させること、(5)炎症促進経路の促進に加えて、ウイルスの侵入、複製、放出に不可欠な細胞内Ca2+を増加させること、(6)心臓の不整脈や心疾患を悪化させることなどが挙げられます。

WCRへの曝露は、広範な環境ストレス要因であるにもかかわらず、軽視されがちであり、幅広い有害な生体影響を引き起こす可能性がある。何十年もの間、世界中の独立した研究機関の科学者たちが、WCRによる健康リスクと累積ダメージを強調してきた [42,45]。今回発表された証拠は、確立された多数の研究と一致している。医療従事者や政策立案者は、WCRを潜在的に有害な環境ストレッサーと考えるべきである。WCRへの曝露を低減する方法を、すべての患者と一般住民に提供すべきである。