スイス、支援された「自殺カプセル」を承認 (yahoo.com)

ソイレントの影:スイスは自殺を幇助する
「自殺カプセル」を承認

suicide-pod



1973年に公開されたチャールトン・ヘストンとリー・テイラー・ヤング主演の映画「ソイレント・グリーン」は、ソル(エドワード・G・ロビンソン)が自らの意思で自殺幇助センターに出向き、そこで音楽や風景を選んで最後の退場をするという内容で、読者の記憶にも残っているだろう。

機械的な手段を自分で作る自殺幇助の市場はあるのだろうか。映画「フィールド・オブ・ドリームス」のように「彼らがそれを作れば、彼らは来るだろう」。
知らず知らずのうちに洗脳されて自殺してしまう人もいるのでは?その通りです。

スイスでは、自殺幇助による新しい死の方法が合法化されました。同国の医療審査委員会は、「サルコ 自殺ポッド」の使用を承認しました。これは、3Dプリンターで作られた窓付きのポータブル棺桶のようなカプセルで、人が人生の最後の瞬間を迎えるために静かな場所に運ぶことができます。

従来の自殺幇助法では、化学物質を用いるのが一般的でした。Exit インターナショナル社のフィリップ・ニッチェ氏は、SwissInfo.chというウェブサイトで、この「デス・ポッド」は異なるアプローチを提供すると語っている。「私たちは、このプロセスから精神科医による審査を排除し、個人が自分で方法をコントロールできるようにしたいと考えています」と彼は語る。「私たちの目的は、人工知能によるスクリーニングシステムを開発し、その人の精神的能力を確立することです。当然のことながら、特に精神科医の側には懐疑的な意見が多い。




このポッドは、内部から起動することができ、死のうとする人に、最期の瞬間をどこで迎えたいか、さまざまな選択肢を与えることができます。「この機械は、死のためにどこにでも牽引することができます。「例えば、のどかな屋外でも、自殺幇助団体の敷地内でもいいのです。

このポッドを利用するには、死にたい人が自分の意思で死を決断しているかどうかを証明するためのオンライン調査に答えなければならない。合格すると、ポッドの場所が知らされ、アクセスコードが渡される。

カプセルに入ると、あらかじめ用意された質問に答え、ボタンを押すと、カプセル内に窒素が注入され、酸素濃度が21%から1%にまで急速に低下する仕組みになっている。カプセルの中に入って横になると、「とても快適です」と付け加えました。

意識が遠のいたり、多幸感を感じたりすることもあると言います。「死は低酸素症と低カプニアによって起こります。
酸素不足と二酸化炭素不足によって死に至ります。パニックになることも、窒息することもありません」

※でもお高いんでしょう?