Former WHO employee Astrid Stuckelberger: ‘A pandemic of lies’ (freewestmedia.com)
スクリーンショット (178)
※オリジナルの顔写真はサイト先にあります。写真掲載は許可が必要とあるので
12月5日

元WHO職員アストリッド・シュトゥッケルベルガー:「嘘のパンデミック」

「私は警戒主義者ではありません。ただ、嘘、汚職、プロパガンダ、そしてワクチンの害について科学的に説明したいのです。なぜなら私は公衆衛生と科学の専門家だからです」
アストリッド・シュトゥッケルベルガーは、研究者として30年の経験を持っています。2009年から13年まではWHOに所属し、パンデミックを専門としていました。これまでに180冊の出版物と12冊の書籍を発行している。


ノルウェーの報道機関とのインタビューで、シュトゥッケルベルガーは、このジャブがワクチンではなく、「バイオテクノロジーを駆使した合成実験」であることが最も心配だと述べています。

GMOなどの遺伝子組み換えが含まれているため、人々はワクチンの内容について知らされるべきだったのです。

「ワクチンの危険な点は、感染症を誘発することです。私は、スパイクタンパクが問題なのではなく、
ワクチンにはグラフェンが含まれていることが問題だと考えています。それは致命的であり、今私たちは統計を取っています。私たちは知っています。

ビル・ゲイツがWHOを引き継いだ

シュトゥッケルベルガーはまた、「WHOは以前と同じ組織ではない」と強調しました。2016年に変更があったと、彼女は説明しました。

「それは特別 」でした。GAVI(ビル・ゲイツが率いるワクチン予防接種のためのグローバルアライアンス)などの組織は、2006年に資金を提供してWHOにやってきました。それ以来、WHOは新しいタイプの国際組織として発展してきました。GAVIはますます影響力を増し、国連の外交官以上の全権委任状を手に入れたのです。GAVIは自分たちのやりたいことを正確に行うことができ、警察は何もできません。」

WHOは2014年に監査を受け、その後は国を子会社とする会社のようになっていきました。

「2013年にWHOで国際関係の仕事をしていたとき、GAVIがどんどん入ってくるのを見ました。GAVIは、「ワクチン接種のためのグローバルアクションプラン2012-2020」を発表しました。つまり、GAVIがすべてを手中に収めた8年間です。ビル・ゲイツが予防接種を担当していたのです、彼が引き継いだのです。

WHOは各国に対して大きな力を持っていると彼女は言います。「以前は、どの国も自由でした。しかし、今、世界中で取材をしていると、それぞれの国が『WHOの会社』の一部になっていることがわかります。WHOはもはや、国連のような民主的なメンバー組織ではありません。各国の政府が「企業」の基盤を形成しているのです。『企業』はお金やビジネスを求め、人々を支配したいと考えているので、今起こっていることと論理的に一致しています。それは奴隷制度のようなものです。私たちが支払う税金は、『企業』に従属する政府に支払われます。GAVIのような多国籍組織の下に。」

GAVI、世界銀行、WHOの契約書
GAVI、世界銀行、WHOは、予防接種のための国際ファシリティ・ファイナンスという契約を結びました。私たちの国、私たちの国民は、WHO、世界銀行、GAVIにお金を払って、予防接種プログラムを実施しています。つまり、全国民にワクチンを接種するということです。GAVIの計画を見ると、2012年から2020年まで、この目標を掲げていました。しかし、それではうまくいかず、パンデミックを起こさなければなりませんでした。」

彼女は、パンデミックは確実に計画されたものだと言います。「このことは、すべての文書を見ればわかります。誰もが分析できるし、目の前に公開されているのですから。

また、スタンフォード大学のジョン・イオアニディス教授の研究では、2020年の死亡率は他の年に比べて高くないと指摘しています。「それは嘘であり、パンデミックではありません。WHOは死亡率が高くないことを認めているのに、『パンデミック』が終わったと宣言していません」と付け加えました。


シュトゥッケルベルガーは、自分は内部告発者ではなく、公衆衛生、医学、科学の専門家であると考えていると言います。しかし、ゲイツの手先は彼女に宣戦布告しました。

「ジュネーブとローザンヌの大学は、私の授業をすべて中止しました。私は裁判にかけられ、攻撃されています。彼らは私の医師免許を剥奪しようとしており、私には能力がない、嘘をついていると言おうとしています。これは、このようなことを言うすべての研究者に当てはまることで、現在、ワクチン接種後の死を警告する医師が何人もいます。専門家がこの話をするのは危険です。」

元WHO職員は、嘘を広めるためのメディアの役割について、苦笑した。

「メディアは多国籍『企業』からお金をもらっています。私は彼らを国際的な海賊と呼んでいます。そして、そのメディアが政府をコントロールしています。メディアは独立しなければなりません。国民が自由に情報を得られるようにしなければならないのです。」

多くの研究や医師が、Covid-19の治療法があることを強調しています。

ジュネーブ在住のシュトゥッケルベルガーは、解決策は古代の共同体生活に戻ることだと考えています。

「私たちは、並行した社会システムを組織しなければなりません。『バイキング時代』に戻らなければなりません。スイスでは、多くのことがバイキング時代に由来しています。ノルウェーでは、農業に戻ることができます。」

※社会からの離脱、やはり最後の最後はそれしか生き延びる方法がなさそうですな...

人々は騙されている! すぐにジャブを止めよう!

彼女は、ワクチン接種は直ちに中止すべきだと考えています。「ワクチンの内容を理由にしてです。30年間の研究でわかったことは、1つ、2つ、3つのケーススタディがあり、顕微鏡で観察して概念的な証拠が得られれば、それ以上の研究は必要ないということです。顕微鏡で見ただけで十分な証拠になるのです。世界中の10人以上の専門家が同じものを顕微鏡で見たら、それだけで十分なのです。」

「ワクチンの中には、グラフェン、寄生虫、金属などが含まれています。ワクチン接種を続ける者は告発されるべきです」

シュトゥッケルベルガーによると、報告されている死亡率や副作用は、現実の1~10%に過ぎないと言います。10月末の時点で、ヨーロッパのEudraVigilanceでは29,000人の死者が出ていますが、推定される暗数では290,000人になるかもしれません。

「これは、解剖が行われていないので、簡単にはわかりません。科学やシステムには、多くの嘘や詐欺があります。PCR検査はその一例で、医師は診断に使用することができません。医師はお金をもらって、機能しないPCRに基づいて、COVIDが原因で死亡したと主張します。非常によくあることですが、検死をしないでこのようなことが起こります。彼らは、死因がCOVIDではない場合でも、COVIDが原因だと言います」

医師は、効かないPCRに基づいて、COVIDが原因で死亡したと主張することで報酬を得ています。

「臨床研究をせず、病院から情報を得るだけというのはひどい話です。データが得られないのはパンデミックの歴史の中でも特別に異常なことです。アメリカでは、子供や赤ちゃんを含めて、17,000人の予防接種による死亡者が報告されています。これ以上続けるのは倫理的に問題があります。米国ではこれまでに、過去35年間のすべてのワクチンの合計の3倍の死者が出ています。これは臨床研究も検証もされていない公式の数字です。研究は終わっていませんが、ワクチン接種は続けられています。ひどい話です。本当に犯罪です。」

シュトゥッケルベルガーは、8回分の投与が行われていることを確認しました。「しかし、パンデミックは起きなかった。PCR、プロパガンダ、恐怖のプロパガンダの大流行でした...

大規模な汚職と利益相反があります。科学やメディアも腐敗していて、システム全体が腐敗しているのです。専門家たちは、ワクチン会社の所有権で買収されています。彼らはこの20年間、そのことを考え続けてきました。業界がメディアや医師をコントロールしているのです。ユニークですよね。スイスの大学はファイザーとモデルナを売っています。

「人々は騙されています。それがプロパガンダであることに気づかなかったのです。そして、方針や定義が変わったことも....」