European Union Debates Reconstituting Nazi Medical Policy With Mandatory Medical Procedures and Abolishing Nuremberg Code - The Last Refuge (theconservativetreehouse.com)
EU-Nazi


EUの責任者:ワクチン接種の義務化を考える時期に来ている


欧州委員会の委員長は、「非常に感染力の強い」オミクロン・COVIDの変異体が欧州全域に広がっていることを受けて、EUはワクチン接種の義務化を検討すべきだと述べた。ウルスラ・フォン・デア・ライエン氏は、欧州の人口1億5千万人のうち3分の1がワクチンを接種しておらず、この問題を議論することは「適切」であると述べた。EU must consider mandatory Covid jabs, says Von der Leyen | Coronavirus | The Guardian

※翻訳すると、義務化に向けての抵抗や反撃を考える時期に来ているということですな...


欧州連合(EU)がワクチン接種の義務化を求め、ニュルンベルグ・コードの廃止を議論(人道に対する罪で逮捕される前に)

マーク・トウェインの有名な言葉にあるように、「歴史は必ずしも繰り返さないかもしれないが、韻を踏んでいる」のである。欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は、歴史上の暗黒時代を代表する要素を取り上げ、その繰り返しを公然と主張している。

この人たちは自分の声が聞こえないのだろうか?これは狂気の沙汰だ。

EU-Mandatory-Vaccination-2

フォン・デア・ライエン夫人の夫であるハイコ・フォン・デア・ライエン氏は、細胞治療や遺伝子治療などの医療研究を専門とする米国のバイオテック企業「オルジェネシス」の取締役です。

ハイコ・フォン・デア・ライエン氏は科学実験を組織し、妻のウルスラ氏はEU内の全国民に強制的にワクチンを接種することや、禁止されているニュルンベルク法典を撤廃することを提唱しています。

これは、SF映画の中の歪んだ病的なプロットではあるが、非常に現実的です。


オーストリアでは、2022年2月からCOVIDワクチンの接種を義務化することが発表されています。ギリシャでは、ワクチンを接種していない国民に毎月100ユーロ(85ポンド)の罰金を科すことを決定しました。ドイツでは、今後数ヶ月の間にワクチン接種を義務化する計画を支持する首脳陣が、木曜日にワクチンを接種していない国民を全国的に監禁(ロックダウン)することを発表しました。ドイツの次期首相であるオラフ・ショルツ氏は、2022年3月から始まるワクチン接種の義務化を支持すると述べました。

これらのヨーロッパの指導者たちは正気ではなく、人道に対する罪で起訴されなければなりません。

ロシアがウクライナに侵攻するには、今が絶好の機会であり、アメリカ国民は選挙で選ばれた議員に「我々には関係ない」と言うべきである。もし、ファシスト政府の命令がヨーロッパの人々に受け入れられる時代に戻るのであれば、彼らが戦うか倒れるかに任せればいいのです - 私たちは自分たちの斧の柄やタール、羽毛を運ぶ必要があります。

国内では、ナオミ・ウルフが何が起こるかを見ています。
ナチスの医療政策が進行中 - まだ始まったばかり


オミクロンが突然、この最新の全体主義の波を引き起こしたことは非常に注目に値します。このタイミングや配信が偶然だったとは思えません。