Dr. Martín Monteverde announces that Sputnik and Sinopharm vials will be analyzed in Argentina - ORWELL CITY

マルティン・モンテベルデ博士がアルゼンチンで
スプートニクとシノファームの分析可能
になることを発表


数時間前、ディレシオン・コレクタ(ラジオ・エル・ミラドール・デル・ガロ)の新番組にマルティン・モンテベルデ博士が登場しました。この新しいインタビューの中で、モンテベルデ博士は、アルゼンチンで行われているスプートニクとシノファームの小瓶の分析について、少しだけ前置きをしました。彼の報告によると、それらがもたらす効果(磁気、血栓の発生、突然死など)から、酸化グラフェンも含まれていることは確かだと言います。



ホルヘ・オソリオ:博士、詳細は伏せますが、アルゼンチンではバイアル分析がかなり進んでいると思いますが、磁化された腕について何か説明はありますか?例えば、Bluetoothをオンにすると、一連の長い英数字コードが表示されることについての説明はありますか?
先生、どうぞ。


マルティン・モンテベルデ博士 :唯一考えられるのは、ラ・キンタ・コラムナが提示していない説明です。この2、3日の間に、カンプラ博士の発見したナノルーターが発表されました。これは、Bluetoothコードの問題、つまり「デバイス」が挿入されていることを完全に裏付けるものです。


COVIDワクチンのマイクロストラクチャー: 無機質な結晶か、ワイヤレスナノセンサーネットワークか?


※写真は一部だけ載せましたサイト先には多数あり
スクリーンショット (243)
スクリーンショット (244)
スクリーンショット (245)
スクリーンショット (246)
スクリーンショット (247)
スクリーンショット (248)
スクリーンショット (249)
スクリーンショット (252)
スクリーンショット (253)
スクリーンショット (254)
スクリーンショット (255)

腕の磁気の説明は一つしかない。まず、磁気が腕、胸、頭にあることを認めなければなりません。まず、それは認められなければなりませんよね。多くの人がそれを隠そうとしました。しかし、磁気現象を説明できるのは、グラフェンの存在だけです。つまり、スパイクというタンパク質が腕を磁気的にすることはないのです。スパイクというタンパク質は、5Gとは相互作用しません。ワクチンを打った6時間後に子供が死ぬこともありません。唯一の可能な説明はグラフェンです。

私たちは、何ヶ月もかけて・・・。先週、私たちはバイアルを手に入れることができました。数日中にスプートニクとシノファームのバイアルを分析する予定ですが、これらはアルゼンチンで最も広く使用されている2つのワクチンです。なぜなら、他のバイアル(アストラゼネカ、モデルナ、ファイザー、J&Jのバイアル)には、グラフェンが入っていることはもはや疑いの余地がないと考えているからです。シノファームやスプートニクの場合も、磁気を帯びていることは間違いありません。また、突然死や血栓症を引き起こすことも...。

私の父は元医師ですが、スプートニクを2回服用し、3日前まで肺と足の血栓症の治療を受けていました。今は幸いにも快方に向かっています。

とにかく、スプートニクもシノファームも、他のワクチンと全く同じ効果が見られていることを指摘しておきます。では、顕微鏡で見たときに何が見つかるかというと、疑う余地はありません。私たちは同じことを見つけるでしょう。

明らかに、私の推論は、大手製薬会社がグラフェンを溶解したハイドロゲルを購入し、グラフェンのマイクロ粒子やナノ粒子を含んでいるというものです。彼らは皆、同じハイドロゲルのプラットフォームを使用しています。そのハイドロゲルは、上場しているグラフェン工場から購入します。そして、ファイザー社とモデルナ社がそこにmRNAを加えるのだと思われます。そして、他のワクチンには、弱毒化したウイルスを加えるのでしょう?なぜなら、私たちは持っているから... 

※ワクチンの成分はここで売っています:
答え合わせ:何でも売ってるよ : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)

真実は、彼らがあまりにも私たちを欺いていたということです。ファイザー社とモデルナ社の小瓶を分析して、あの有名なmRNAが本当に見つかったのかどうかを確認しなければならない。そして、もし小さな遺伝物質があったとしても、それがスパイクというタンパク質をコードしているかどうかを確認しなければなりません。率直に言って、私はそれを疑っています。なぜなら、私たちは極度に騙されているからです。ものすごく騙されている。すべての企業の小瓶に入っているのはグラフェンです。

新世界秩序を求める人々には計画があり、それを実行に移しているのです。そして、その計画の次の段階は、今ビデオで見たように、明らかに攻撃的です。できるだけ多くのチリ人、アルゼンチン人、ウルグアイ人を目覚めさせなければ、我々は大変な目に遭うことになる。私たちがなんとかこれに歯止めをかけなければ、彼らが計画している次のステップは、本当にひどい映画になってしまうのではないでしょうか?

ホルヘ・オソリオ:その通りです、先生。『1984』と『ブレイブ・ニュー・ワールド』です。あなたが言うように、現実はフィクションを凌駕しているということです。