確認済み:アンドレアス・ノアック博士がオーストリアのケルンシアで死去 (report24.news)

ワクチン成分の「ナノカミソリ」を暴露したトップ医師が殺される : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)
確認済み:アンドレアス・ノアック博士はオーストリアのカリンシア州で死去
noack_todesanzeige
死刑執行人アンドレアス・ノアック博士

今のところ確認されていないアンドレアス・ノアック博士の死の話題は、おそらく何万人もの人々を悩ませているでしょう。ノアックは、ワクチンに含まれる水酸化グラフェンの疑いに関するビデオで有名になったが、同時に、警察の特別捜査の意図しない犠牲者としても、また、難解な分野で評論家が唱えるさまざまな理論でも知られるようになりました。いずれにしても、ノアックには多くの視聴者がいました。私たちはドイツとオーストリアで調査を行い、ようやく探していたものを見つけました。

当初は、SNSで動画が配信され、その内容にすぐに疑問を感じました。 そこには、ノアックが11月26日に不特定多数の外部からの影響を受けて死亡したことが書かれていました。我々はノアック博士の死に関する疑問と意見の相違について11月30日に報告しました。

まず、ドイツのフュルト近郊にあるランゲンゼンで調査を行いました。ここが、57歳の化学博士の最後の消息地だった。当局との連絡の一方で、読者からも多くのヒントが寄せられた。一方では、主張されている酸化グラフェンや水酸化グラフェンに関する非常に貴重なヒント、特に2021年11月2日のパブロ・カンプラ博士というスペインの科学者の研究に関するものです。私たちはこれらの文書を詳細に研究し、報告します。

最終的には、オーストリアのカリンシア州ラバミュントにノアックの居住地と登録地が見つかりました。何度かのやりとりの後、最終的に地元当局が確認しました。ノアック博士は2021年11月26日に亡くなりました。死因はまだ不明だが、これまでの調査結果から殺人事件ではないと判断している。読者の中には、ノアック氏が "SEC部隊 "に殺害されたと激しく主張する人もいた。ここでは、もう少し慎重さと理性を促す。加えて、多くの理由から、南オーストリアの領土でドイツの警察官が人を無差別に殺害することはむしろ否定される。ノアックに関連して文書化された唯一の警察活動は2020年末に行われたが、それは彼ではなく、同じ住宅地にいたとされる麻薬犯罪者の容疑者に関するものだった。

葬儀はプライベートな場で行われるべきものなので、葬儀社のホームページには情報は記されていない。しかし、そこには、深い黒を基調とした難解な背景と古代エジプトの象徴を示唆する奇妙なパーテットが寄託されている。

死因:予期せぬ突然の訃報- これは必ずしも暴力的な死を示すものではない。ここでもすでに数多くの説がSNSで流れています-私たちのお願いです:教会は村に残してください。死者には心の安らぎを、遺族にはその人なりの対処法を。それを私たち外部の人間が判断するべきではありません。

いずれにしても、アンドレアス・ノアック博士は亡くなり、安らかに眠ることができるということで、この憶測は終わりにしましょう。

※これをやったドイツですからね、奥さんが言うように外傷が残らないような兵器?で死んだ可能性は?
メルケルの残忍な殴打部隊に殴り殺される市民 : メモ・独り言のblog (livedoor.blog)