Österreichs Gesundheitspersonal gegen Impfpflicht: Wir legen unseren Dienst nieder! (report24.news)

強制接種に反対するオーストリアの医療従事者たち:我々は辞職する
スクリーンショット (200)


すでに、オーストリアの医療機関で働く何千人もの従業員がネットワークを組み、ミュックシュタイン保健大臣に宛てた公開書簡を共同で作成し、政府によるワクチン未接種者への嫌がらせを支持しないことを表明しました。COVIDワクチン接種の決定は個人的なものであり、そうでなければならない。著者たちは変更を求めていますが、もしそれが実現しない場合は、仕事を中断して集団でストライキを行う用意があるとのことです。

一貫した抵抗は報われる:カナダのケベック州では、すでに医療従事者への強制接種を
取り下げられています。世界中の労働組合は、強制接種の導入が、保健セクターだけでなく、緊急サービスなどの他の重要な分野の崩壊につながると警告しています。なぜなら、最終的には人々の安全とケアが彼らにかかっているからです。オーストリアの医療従事者たちは、この公開書簡によって、政治家たちに明確な警告を発しているのです。そのため、MFGは、ミュックシュタイン保健大臣に宛てた独自の手紙に添付して送信しました。MFGはミュクシュタインへの手紙で明らかにした:強制ワクチン接種は違憲です!」

これが本当の姿なのです
私たち医療従事者は、あなた方が最近採用した施策を見て、全くの戸惑いを感じています。現在、医療サービスが代表する社会的セクターの従業員として、私たちは人間の虐待に注意を払わなければならないと感じています。

私たち医療従事者は、かなり前から非人間的なことをしてきました。私たちの多くは、すでに精神的にも肉体的にも限界に達しています。私たちは、長い間、人員配置の不備をすべて補い、常に自分の能力以上の仕事をしてきた人たちです。これは、COVIDパンデミック以前からあった状況であり、COVIDパンデミックの結果、より強くなったと言えます。

上層部からの差別やイジメ

その報酬として、社会全体の分断を進めているわけですが、それは健康分野にも及んでいます。情熱を持って何年も仕事をしてきた社員が、二流の社員に成り下がってしまうということにつながる分裂です。最近賞賛されている職業の大部分が、あなたによって公に否定されています。差別やいじめが最高権力者によって容認され、結果的に助長されていることを、私たちは深く恥じています。私たちは、連帯の名の下に行われる他のグループへの差別には絶対に参加しません。

分断から抜け出す方法は、一方の意見を他方の意見よりも優先させることでは決してなく、相互に受け入れることだけが平和的な共存のための解決策となります。社会の多様性は、あなたの目標でもあるはずです。ワクチン接種の賛否は各個人の判断であり、今後もそうあり続けなければなりません。この決定を間接的に、あるいは直接的に強要することは、共感と民主的な行動の感覚を欠いています。

強制的なワクチン接種の場合:ストライキ

私たちは、そのような強制とは協力しません、私たちは、そのような社会には存在してはならないという価値観を代表しており、その価値観をあなたは今、足元から踏みにじっているのです。私たちは、個々のグループに対する差別やいじめが存在しない統一された社会という理解に従い、あなた方が課したワクチン接種の強制や、医療分野やその他の社会において間接的にワクチン接種を強制することを目的としたその他のすべての措置に厳しく反対します。

私たちは、同じ職業に就いている数え切れないほどの同志を見つけ、より明確に言えば、ネットワークを構築しました。これでわかったことがあります。私たちには多くの人がいて、私たちの声を聞かせてくれます。私たちは、職場を支配している非人道的な状況に終止符を打たなければならないと感じているので、要求を伝えるために辞職し、ストライキを行う用意があります。私たちの多くは、あなたの命令に従うことなく、この職業に背を向けるでしょう。何年も前から慢性的なスタッフ不足が知られていた地域で、どうしてそのようなことが引き起こされるのでしょうか?

私たちは、私たち医療従事者に対する差別だけでなく、私たちに託された患者さんや社会全体に対する差別に立ち向かいます。

私たちは、ハラスメントにNOと言い、その撲滅を求めます。